サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

つばさよつばさ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/252p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-387744-2

紙の本

つばさよつばさ

著者 浅田 次郎 (著)

一年の三分の一を羈旅の空に過ごしている。「旅」を綴った珠玉のエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】エジプト人が連呼する「ヤマモトヤーマ」とは? 貸切同然のスパ...

もっと見る

つばさよつばさ

税込 1,404 13pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一年の三分の一を羈旅の空に過ごしている。「旅」を綴った珠玉のエッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

エジプト人が連呼する「ヤマモトヤーマ」とは? 貸切同然のスパに素っ裸の金髪美女が! 1年の3分の1を羈旅の空に過ごしている著者が、旅のエピソードを綴る。JALグループ機内誌『SKYWARD』掲載に加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浅田 次郎

略歴
〈浅田次郎〉1951年東京都生まれ。作家。日本ペンクラブ専務理事、日本文藝家協会理事。「地下鉄に乗って」で吉川英治文学新人賞、「鉄道員」で直木賞を受賞。他の著書に「中原の虹」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

旅をしてみよう

2008/05/16 16:40

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

JALグループ機内誌「SKYWARD」に連載された
エッセイを加筆訂正。1年の1/3は旅先にあるそうで、
旅に関するエッセイは次々と話題が広がります。

浅田次郎は執筆量がハンパじゃないのですが
さらにこんなに旅をしているのには驚かされます。
この人は文化がある国が好きなんですね。

中国、フランスを好み、何度も通います。
そこで知り合った人々との小さな交流や
びっくりしたことなど、浅田節にのせられて、スイスイ読了。

反対にアフリカなどはひどい扱いですからね。
しかしチェニジアとモロッコの旅では
日本人の妻を持つチュニジア人ナジャとのことを綴ります。

彼は星と魚のことしか知らないと言いながら、
パリで苦学しました。美しいフランス語を話します。
うどん屋をやるのが夢だという彼は
「ダメと思ったらダメです」と無理を可能に変えてしまう。

最後はまた浅田次郎に泣かされました。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本をふりかえろう

2009/01/07 17:25

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

つばさよつばさ 浅田次郎 小学館

 作者はわたしより7歳年上になります。作品の冒頭にありますが、作者は「旅先作家」にあこがれていました。わたしも中学生の頃、井出孫六さんの随筆を読んで、自分もなれるものなら旅をしながら物書きをする人になりたいと思いました。その随筆は、電車の窓から山々をながめる文章でした。この本を読み終えて作者の苦労がわかり、「旅先作家」にはならないほうがいい。旅をするだけの人でいいと思い直しました。
 作家であるが故のサラリーマンとは異なる思想にはついていけない面もあますが、エッセイのところどころで顔を出す、現代日本の環境についての憂いとか、日本人、とくに若者に対する批判、例として、女性は「かわいい」という単語しか発しない、いっぽう男性は万事人任せで自主性がないという考察には共感します。
 わたしは、同時期にこの本と作者の「蒼穹の昴(そうきゅうのすばる)」を読んでいました。2か月かけてようやく上巻を読み終えて、この感想を書いたときは下巻の70ページあたりの頃でした。わたしは、作中の春児(チュンル)という若者を応援していました。「蒼穹の昴」と比較するとこのエッセイは肩の力が抜けていて軽妙な筆致です。作家とは私生活をあからさまにして文章を発表しなければならない職業だそうで、周囲の家族・知人にも迷惑をかける仕事であり気の毒になりました。
 46ページ、新婚旅行の出発式で「万歳」をしていた記事はなつかしい。確かそういうことが日本であったと思い出しました。項目「あぐら」では、中国の漢民族は椅子とテーブルの生活なので、あぐらをかけないという記事に当たり、わたしにとっては新発見でした。
 日本人は温室の中にいるとか、海外通の日本知らずという決め言葉にも共感しました。「灯台下暗し(とうだいもとくらし)」という言葉もあります。たとえば、わたしの身近には、国内にあるキャンプ場近くのコンビニの位置はわかるけれど、近所のコンビニの位置はわからないという人もあります。総じて、隣近所の人たちの名前やら職業やらがわからない日本になりました。
 127ページ、わたしには北京ダックのおいしさがわかりません。一生わからないかもしれません。182ページ、函館の夜景を見たくなりました。
 日本人には、日本の歴史や風習・習慣をふりかえる時が近づいています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/29 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/05 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/22 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/10 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/13 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/02 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/27 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/05 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/18 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/12 08:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/03 15:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/17 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/09 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。