サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.10
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/397p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75141-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)

著者 O.ヘンリー (著),芹澤 恵 (訳)

ユーモア、犯罪、皮肉な結末。アメリカの原風景とも呼べるかつての南部から、開拓期の荒々しさが残る西部、そして大都会ニューヨークへ—さまざまに物語の舞台を移しながら描かれた多...

もっと見る

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)

778(税込)

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編

648 (税込)

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編

ポイント :6pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

ジュンク堂書店新宿店

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ユーモア、犯罪、皮肉な結末。アメリカの原風景とも呼べるかつての南部から、開拓期の荒々しさが残る西部、そして大都会ニューヨークへ—さまざまに物語の舞台を移しながら描かれた多彩な作品群。20世紀初頭、アメリカ大衆社会が勃興し、急激な変化を遂げていく姿を活写した、短編傑作選。O・ヘンリーの意外かつ豊かな世界が新訳でよみがえる。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

多忙な株式仲買人のロマンス 8−17
献立表の春 18−33
犠牲打 34−46

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

賢者の贈り物がマイベスト

2016/11/14 00:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話はいい。
お互いに相手を思いやるがゆえに
その贈り物が・・・。
でも、その思いやる心を確認できたから、その愛こそが
双方に最高の贈り物になったのかも。
こういう話を皮肉と片づける感性の無い人間にはなりたくない
ものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/07 12:18

投稿元:ブクログ

2010.1
よく知っている話あり、初めてみる話あり。心温かくなる話が多いです。元金庫破りの話は、どこかで何度も目にした話だけど、一番好きな話かな。

2008/10/19 11:03

投稿元:ブクログ

古典新訳文庫読了3冊目。
さくっと読める短編にしようー!と買って読んだらがっつり読んでしまいました。なんてこったい(笑)。
油断できない話の展開、こう進んでいて……え、実はそうだったの!?みたいなどんでん返しもあり。
幸せな話だな、と思って油断すると痛い目を見ます。
逆になんて悲しい話なんだと思うと救われることも。
まるでマジックショーを見ているよう。
日本風にいうのならば、粋な話が多くて満足でした。向こうの言い方ならばウィットに富んでるというんだろうか。

今まで読んできた新訳よりは、今まで出されてきた訳し方に近い。
それでも少し古臭い……と言っては失礼かもしれないけれど、古典らしさを出しながら読みやすく、ちょうどいい感じです。
なにはともあれ満足でした。他の短編も読みたくなる!

2012/02/05 20:57

投稿元:ブクログ

賢者の贈り物をちゃんと読みたいなと思い短篇集を買ったわけですが、いくつか知ってる内容がありびっくりしました。最後の一葉もO・ヘンリーだったんですね。都会派といわれてるみたいだけど、ところどころ牧歌的な物語もあるし、粗暴なものもあって幅広く楽しめます。最後に物語をぐるんっとひっくり返してしまう手法も好きです。短編だけど、ひとつひとつに教訓を探してしまう、その物語の深さに惹きつけられますね。

2008/10/07 21:21

投稿元:ブクログ

短編集ですが、ヘンリーの名前をきちんと知らなくても、聞いたことある!という作品があると思います。
なんていうか、日本語で言うところの下町人情モノというかんじの作風なので、雰囲気的には宮部みゆきに近いかも?
疲れた時に、ちょっと読んでほっとするのにぴったりです。

2015/07/22 13:29

投稿元:ブクログ

なんと言うかラストがすごく光っています。
もっと早くに出会えていたらな、と思いました。

表題作の2つはどちらもお勧めです。
特に後者は確かに結末こそ
アレなものとなっていますが
その奥底には考えさせられるものがあります。

著者は浪費と過度の飲酒により命を
落とすこととなりました。
やはり冤罪となった災難が
そうなる要素を作ってしまったのでしょうか。

2010/10/02 18:55

投稿元:ブクログ

O・ヘンリー「1ドルの価値/賢者の贈り物、他21編」

さすが短編の名手だけあって100年以上前に書かれたものでも古びてない。上手いなぁ〜って思う。でも、イマイチな話も多かったかも。p216の「二十年後」からの四つ。「最後の一葉」「警官と賛美歌」「賢者の贈り物」は読んで損無し。「最後の一葉」はこれがオリジナルなのか!って発見出来るし、「警官と賛美歌」は思わずニヤリw 「賢者の贈り物」小さい頃に誰でも読んだ事あるよね。

「多忙な株式仲買人のロマンス」

「献立表の春」
p22
・暦が白々しくも「春が来た」と嘘をつく時期になった。
・春とはなんと驚くべき魔法使いである事か。石と鉄で出来た、この冷たい大都会にも、季節の便りを届けてしまうのだから。

「犠牲打」
p40
・あれがその昔、俺が夜も眠れないほど想い詰めた娘なんだからね。

「赤い族長の身代金」
p50
・こういう田舎に片足を突っ込んだような街では〜。
・ウェルター級の熊並みに暴れやがった。

「千ドル」
・おしゃれな話。

「伯爵と婚礼の客」

「しみったれな恋人」
p109
・それがショップガールの笑みというやつだ。心によほど固い鎧を着込んでいるか、キャラメルでもなめているか、あるいは気まぐれな愛のキューピッドの悪戯を軽く受け流すぐらいの気持ちの余裕があるか、いずれかの防衛手段を講じておられないようなら、この手の笑みは避けた方が無難だとここに強くご忠告もうしあげておきたい。

「1ドルの価値」

「臆病な幽霊」

「蘇った改心」
p173
・胸を焦がした想いも成就した。

「十月と六月」

「幻のブレンド」

「楽園の短期滞在客」

「サボテン」
p227
・おいおい、トライズデイル、一体どうしたんだ? 全世界の不幸をひとりで背負い込んじまったみたいな顔をして。それじゃ、君が結婚したのかと思うぞ。

「意中の人」

「靴」

「心と手」

「水車のある教会」

「ミス・マーサのパン」

「二十年後」

「最後の一葉」
p325
・あの窓の向こうの木の葉が落ちたら私は死ぬの、っていうドラマのオリジナルなのね。

「警官と賛美歌」
p340
・「枯れ葉が一枚ソーピーの膝の上に落ちて来た。それは冬将軍からの名刺だった」
枯れ葉が落ちて来た事を「冬将軍」からの名刺と表現していた。冬将軍が毎年名刺を配るから冬支度が出来るってもんだって。
・「裏切り者のズボンとおしゃべりな靴」←貧乏だとすぐわかってしまうという意味。
・ソーピーは自分が落ち込んでいた深い穴を振り返った。今の自分を造り上げている自堕落な日々を、下劣な欲望を、枯れ果てた希望を、無駄にしてしまった能力を、さもしい目的振り返り、空恐ろしくなって慌てて目を背けた。

「賢者の贈り物」
p356
・神様お願いです。私の事を「やっぱりきれいだって」あの人に思わせて!


解説
p376
・ペンネームの由来は、生涯に一度だけ受けたインタビューで、新聞の社交欄にあった平凡なヘンリー名を選び、とびきり簡単で呼びやすいOをファーストネームしたと語っている。

2014/03/19 19:13

投稿元:ブクログ

 23編収録の短編集。

 これは日本人男性作家じゃ書けなかった作品だな、とそれぞれの短編を読んでいて思いました。アメリカの様々な姿を舞台にしている、というのもその一因ではありますが、一番の理由は話の内容です。短編という制約があるからかもしれないですが、一切の迷いや、ややこしい表現もなく、ストレートにハッピーでロマンティックなエンディングを用意、男女の愛の成就を描く点です。

 イメージですが日本の恋愛ものは、一直線に愛の成就を描くのではなく、良くも悪くもうじうじした男女が右往左往し、言外にメッセージを込めつつ恋愛を成立させる、というイメージがあります。O・ヘンリーの作品たちはいい意味で非常に分かりやすく恋愛に向かっていきます。それがロマンティックさの理由のように思います。

 そうしたロマンティックさのイメージと裏腹なシニカルな短編も何編か選出しているあたりも、この短編集の良さだと思います。作品集の最後に近づくにつれ「また幸せな結末だろうな」と油断しながら読んでいて見事に転ばされたことが何度かありました(笑)

 しかし、それを最後の『賢者の贈り物』でチャラにするどころか、見事にロマンティックさを取り戻します。これは作品の並び順も結構計算されているのかな、と考えてしまいますね。

 このロマンティックさは、有川浩さんファンの方が読んだら案外はまるんじゃないでしょうか? 一編一編のページ数も少なめでとっつきやすいと思うので、いろんな女性層に読んでもらってときめいてほしいな、と思いました。

2010/08/19 22:54

投稿元:ブクログ

Witはきいてるので面白くないわけではないのだが、1Q84を読んだ後のせいか、古くさい感じがして、途中放棄。

2016/01/03 12:21

投稿元:ブクログ

原作と翻訳、どちらが原因かはわからないが、ややまどろっこしい。

作品の背景にある文化や風俗を含めて楽しみたい人にはオススメ。

短編の切れ味を求める人には、長い割にはキレが甘く(結論が予測できるなど)、物足りない。

個人的に良かったと感じた作品は、水車のある教会、最後の一葉。前者は、やや長いがそれなりに面白い結論だった。後者は、想像(予想、自分の過去の記憶)と違っていて、意外だった。

2013/01/06 20:30

投稿元:ブクログ

「最後の一葉」が読みたくて購入。
ほかに、「献立表の春」「警官と賛美歌」「賢者の贈り物」がいい。
400ページ弱で23編なので、ごく短い小噺のような感じ。
オチだけで勝負してる感じが潔いが、冴えないオチもいくつか。。
「最後の一葉」は、ベタなんだけど、傑作という言葉の用法として辞書に丸々載せたらいいと思うくらい好き。

2012/08/05 09:59

投稿元:ブクログ

2012.8.4読了。

「最後の一葉」「賢者の贈り物」なんて名作も良いけど、それ以外もかなり素敵!ちょっとした幸福感、ちょっとしたおかしみ、ちょっとした救済。

2011/12/30 23:36

投稿元:ブクログ

やっぱり、ゆうめいどこの『賢者の贈り物』・『最後の一葉』
がよかった。

あとは、『甦った改心』がすごく好き!

人生のなかの一場面がすごく特別なものに思える。

2012/07/29 22:46

投稿元:ブクログ

40年振りのO.ヘンリー。天まで届けとばかり背伸びしていた大学時代は異端こそ正統であり、よく言えばハートウォーミング、悪く言えばお涙頂戴のO.ヘンリーなど文学の範疇外だった。どうせ読むならサキ、ビアス。ところが此の度読み返してみるとなかなか面白い。O.ヘンリーと言えば都会が舞台の小粋な人情話が定番だが、米国南/西部、南米を舞台にした話が何編か入っている。遠くに住んでいて偶に故郷に帰って来る伯父さんの法螺話みたいな雰囲気が実に良い。私も甥っ子にとって、そんなちょっと不思議な外国住まいの伯父さんにならなきゃ。

2012/10/20 12:51

投稿元:ブクログ

アメリカ、ニューヨークを舞台とした短編小説群
最後の一葉、賢者の贈り物で有名なO.ヘンリー

読みやすいが、所々落ちが意味不明なところがある。原作での言葉遊びの類いだろうか?それとも時代や地域性の問題だろうか?または宗教的な基礎知識だろうか?

いずれにしろどの作品も市井に生きる人々の心暖まる話が多く、癒される。たまに皮肉めいた作品もあるが

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む