サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

フィルムコート 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~7/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-774883-3

紙の本

マザコン

著者 角田 光代 (著)

母と娘、母と息子、父と娘、夫と妻、恋人同士、それぞれの関係の微妙な変化—淡くもあり、濃密でもある人とのかかわりを描き、おかしみのなかに切なさがにじむ作品集。【「BOOK」...

もっと見る

マザコン

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

母と娘、母と息子、父と娘、夫と妻、恋人同士、それぞれの関係の微妙な変化—淡くもあり、濃密でもある人とのかかわりを描き、おかしみのなかに切なさがにじむ作品集。【「BOOK」データベースの商品解説】

母と子の関係は唯一のもの。だれもがマザコンなのかもしれない。母と娘、母と息子、父と娘、夫と妻、恋人同士、それぞれの関係の微妙な変化…。淡くもあり濃密でもある人とのかかわりを切なく描く作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

空を蹴る 7−32
雨をわたる 33−58
鳥を運ぶ 59−84

著者紹介

角田 光代

略歴
〈角田光代〉1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。「対岸の彼女」で直木賞、「ロック母」で川端康成文学賞、「八日目の蟬」で中央公論文芸賞など受賞多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

老いたる母親を持った人には、身につまされるお話ばかり。でも、暗い話だからといって、面白くないわけじゃありません。これが文学です

2008/02/18 19:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとも不思議なカバーです。正直、初めて見る。乱暴と言うのとも違うけれど、形には嵌っていない。でも不快ではない。むしろ、センスを感じるんですが、でも表現に困ります。ま、この抽象画というよりは字の寄せ集めといったほうが正しいかもしれない藤色の線の集合に脱帽しておきましょう。そんな装幀は有山達也。

タイトルから、単純なマザコン男を扱った連作だ、と思いますが、あとがきで角田が「ジョン・アップダイク他14人の書き手が母親の死にまつわる文を書いている『母の魂』に触発されて書いた」とあるように、年老いて死を間近にした母親との関係を描いたもので、登場人物も若くはありません。簡単に各話の内容と初出を書いておきます。


・空を蹴る (「すばる」2004年1月号):主人公は「おれ」、無職、金がない40前後の男。母親が認知症で入院したのをいいことに、実家に忍び込み、金目のものを黙って持ち出したりしての遊び金作り。カラオケで騒いでは、勢いで友人に絡んだ。そんな「おれ」に飲み屋で声をかけてきたのがエノモトヒロコ、同い年の中年・・・

・雨をわたる (「すばる」2004年10月号):60過ぎた母が、突然の海外移住を決心し、あっという間にフィリピンに。何事にも文句を言いつづけてきた母が、外国で暮らしていけるのか、心配してフィリピンに様子を見に行った私が見たのは・・・

・鳥を運ぶ (「すばる」2005年1月号):入院した母に頼まれて、母が飼っていた六羽のインコを引き取りにいった私と健一、離婚を思いながら口に出せない私の思いは・・・

・パセリと温泉 (「すばる」2005年9月号):胃癌で入院した母・文子は、入院を契機に痴呆状態に。教頭を勤め退職後、何もしない父親は、全くの無関心。病院から呼び出しがかかった娘の倉西真希子が昔、レストランで母から教えられたのは・・・

・マザコン (「すばる」2006年1月号):38歳の妻・佐由理から「正真正銘のマザコン」と言われる僕は32歳。息子の食事の心配ばかりしていた母は、父の死後、あっさり再婚して・・・

・ふたり暮らし (「すばる」2006年7月号):原口さんは、38歳の私・クーちゃんにとって全世界の男の象徴。母の反対で結婚できなかった相手・・・

・クライ、ベイビイ、クライ (「すばる」2006年10月号):37歳の原田滋は食品会社勤務、2年前、大宮にマンション購入。「シナリオ大賞募集」の候補に残ったと聞かされ、賞金をあてにして会社を辞めたものの・・・

・初恋ツアー (「すばる」2007年1月号):夫を昨年病気で亡くし、元気の無い母を慰めようと企画した北海道旅行。初めての北海道で舞い上がり気味の母が札幌で言い出したのは・・・

・あとがき 

どの話も苦い。40前後の人間には身につまされるお話ばかり。「クライ、ベイビイ、クライ」もタイトルから『ダディ、フライ、ダディ』を連想したんですが全く違います。勇気もなんにもなくなっていくような、惨めで寂しいお話。年齢がよく分らなかったのですが、案外若くして痴呆状態になったのかなあ、と思ったのが「パセリと温泉」の母、主人公の年齢からも60代半ばだと思います。

団塊の世代だけではなく、現代の日本人であれば厭でも直面しなければならないことが書かれています。マザコン、ではなく、老いた母がテーマの短篇集です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

母と息子と、娘たち

2008/07/09 23:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説っぷりがよかった。
短篇っぷりがよかった。
このよさをなんと言っていいのかわからないけど、
とにかく「ぷり」がいいんです。
小説を、短篇を、確かに読んだなという感じがするんです。

「母」について書かれた短篇。
母は、
とても子供に近いようで、
でもとても遠くて、
とても子供に似ていて、
でも理解できないところもあって、
すごくよく知っているようで、
まだまだぜんぜん知らないところがある。
たとえどんなに信じられないことがあっても、
分らないことがあっても、
分らないままであったとしても、
母と子であることは、
永久にかわりようがない。

普段はわかったふりをしていても、
本当はまだまだ分らない、
母と、息子と、娘たちの間の、
もやもやっとした部分に、
しっかり光があたっている本だと思います。



このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/02/11 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/28 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/06 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/25 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/25 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/09 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/29 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/08 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/04 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/06 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/24 18:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。