サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 愛読者 ファンレター

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛読者 ファンレター(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/329p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-745108-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

愛読者 ファンレター (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

本にサインして送って下さい。写真送りますから、会って下さい—熱狂的読者の要求はエスカレートし、やがて悲劇が…(「覆面作家」)、作家の了解も得ず講演会を企画する図書館司書(...

もっと見る

愛読者 ファンレター (文春文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

愛読者 ファンレター

669 (税込)

愛読者 ファンレター

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本にサインして送って下さい。写真送りますから、会って下さい—熱狂的読者の要求はエスカレートし、やがて悲劇が…(「覆面作家」)、作家の了解も得ず講演会を企画する図書館司書(「講演会の秘密」)、下手な小説を送りつけ添削せよと迫る作家志望者(「ファンレター」)他、覆面作家・西村香を巡る怪事件の数々。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「ファンレター」(講談社 1996年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

覆面作家 7−46
講演会の秘密 47−80
ファンレター 81−112

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (12件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/28 07:11

投稿元:ブクログ

+++
本にサインして送って下さい。写真送りますから、会って下さい―熱狂的読者の要求はエスカレートし、やがて悲劇が…(「覆面作家」)、作家の了解も得ず講演会を企画する図書館司書(「講演会の秘密」)、下手な小説を送りつけ添削せよと迫る作家志望者(「ファンレター」)他、覆面作家・西村香を巡る怪事件の数々。
+++
上記のほか、「傾いた密室」 「二重誘拐」 「その男、凶暴につき」 「消失」 「授賞式の夜」 「時の記憶」
+++

連作短編だが、ひと連なりの長編としても読める。覆面作家・西村香、と聞いて、まずあの方に似ているな、と思わされるのだが、あの方のネタ晴らし的な物語ではない。手紙やFAXのやり取りが大部分を占めており、しかも毎回西村香のしてやったり的どんでん返しが待ち受けている。なにやらざわざわと不穏でありながら、可笑しみたっぷりな一冊である。

2008/12/01 14:05

投稿元:ブクログ

覆面作家・西村香をめぐる連作短編集。
手紙形式でさらりと読め、なかなか面白かった。大抵の作品は仕掛けが途中で読めるのだが、「傾いた密室」のオチは驚いた。

2008/01/20 19:13

投稿元:ブクログ

覆面作家・西村香を主人公とした短篇集(連作集)。
全編、手紙やFAXの形式で書かれているのですが、部分的にやや強引に手紙形式に持ち込んでいる感がしなくもありません。

ファンからの様々な要求が主人公に届きます。
そして、主人公が覆面作家で正体を知られていないために、様々なトラブルが発生します。
現実味はありませんが、ちょっとあり得そう・・・。
主人公が、とっても俗物的なのも、笑えます。

2007/11/26 22:46

投稿元:ブクログ

好きな作家がいたとしても、ファンレターを書くまでのめりこんだことはないなあ・・



芸術家というのは、コアなファンが多い。

そのジャンルは美術であり、文学であり、音楽であるかもしれない。

そしてファンの願望はやがて大きくなり、現実と理想の区別がつかなくなったり、本人に会いたいとか考えてしまうのだろう。



この小説は、覆面作家である西村香(中年男性と思われる)と、そのファンが引き起こす短編集。

そして面白いのは、ファンレターとその返事のやり取りの文面が掲載されることによるリアリティ。

特にファン心理が、あるタイミングで勘違いとなり、それが憎悪になったり・・恐ろしい。

2009/02/01 11:59

投稿元:ブクログ

ひさしぶりにミステリを読んだな。
覆面小説家と
図書館員や作家志望やら、
ちょっと異常で異様なファンたちが織りなす、
短編小説集。

ちょいとブラックです。。

折原作品お初だったけど、なんていうか、むずむずした。
好きじゃないんだけど、気になる・・・かんじ。

2008/06/01 16:00

投稿元:ブクログ

○ 覆面作家・西村香のファンが引き起こすミステリ事件の短編集。
○ ちょっと(というかかなり)“イっちゃってる”ファンが怖い!
○ エンターテイメント性万歳かと。

手元には置いておかないので、星−1。
かつ、描かれている女性像が男性の身勝手な欲望(?)のように見えるので、も一つ星−1。

2010/03/19 00:02

投稿元:ブクログ

『覆面作家』
覆面作家・西村香にファンレターを送った女。彼女と西村の文通。裏切られた女の復讐。

『講演会の秘密』
西村香に講演を依頼した公民館職員。講演会に現れた西村の正体。

『ファンレター』
同じマンションに住む西村香と間違えられて届けられたファンレター。ファンレターの相手との文通の結末。

『傾いた密室』
「斜め屋敷」と呼ばれる屋敷での殺人事件。に西村香に調査を依頼した女と西村の代理で調査に赴く編集者。

『二重誘拐』
怪我をした西村を監禁した自称ファンの女。彼に原稿料を払うために彼女が犯した誘拐事件。

『その男、凶暴につき』
西村香に宣伝をしてもらおうとした宿屋。近所で起きた銀行強盗。覆面作家の偽物。

『消失』
西村香が書いた原稿を無くした編集者。西村を釣るために用意された美人編集者。

『授賞式の夜』
授賞式の夜に襲撃された西村香。襲撃者の正体は・・・・。

『時の記憶』
記憶を失った男。西村香との関係は?

市川図書館
 2010年3月18日読了

2015/09/13 23:31

投稿元:ブクログ

「~者」シリーズ。覆面作家・西村香を巡って、周辺の人々が事件を起こす連作短編集。他の「~者」とは違って、気軽に読める。(長編は「騙されないぞ」という気持ちで読むから。)覆面作家が結構人間臭いし、周りの人々はエキセントリックだし、ブラックユーモアとして楽しんだ。

2012/11/07 10:34

投稿元:ブクログ

手紙形式。こういうの、読みやすくて好き。短編の様になってるんだけど、たまに偽物が出てくるから本物の西村香はどんな人かわかんなくなった。女好きというくらい。たまにでるお茶目な所が良かった。
手紙という形式だから、淡々とした中にファンの人の狂気が見えてそれがまた面白い。なんか、変な人ばっかり出てくる本だった。
北村薫も好きだから、楽しめた。

2010/06/16 22:10

投稿元:ブクログ

 覆面作家、西村香をめぐる短編集。前編、手紙でできてます。

 *覆面作家
 *講演会の秘密
 *ファンレター
 *傾いた部屋
 *二重誘拐
 *その男、凶暴につき
 *消失
 *授賞式の夜
 *時の記憶
 *エピローグ

 覆面作家の西村香の一作目が「天駆ける木馬」で二作目が「朝の梟」…あれっておもったら、どうやら北村薫へのオマージュだったみたい。
 ま、実際には作品名と覆面作家ってところだけなんだけど。

 ともあれ、覆面ゆえに、というより、有名人になってしまったゆえに、無理矢理押し付けられる様々な感情を、手紙形式をいう枠のなかで、したたかに描いてます。
 うん、この作品を一言でいうなら「したたか」

 それは、ファンレターを送ってよこす人々にもいえるし、結局何者かわからない覆面作家にも言える。
 まるで、狸の化かしあいです。
 
 が、それをこういう風に鮮やかに描けるのは、折原一だからってところでしょうか。

 …うーん、折原一、コンプリートしようかなぁと思う今日この頃ww

2010/08/22 09:17

投稿元:ブクログ

 たいへん楽しく読んだ。

 叙述トリックで有名な作者だけあって、手紙やファックスでのやりとりだけで構成される短編小説、という趣向はそれだけでもおもしろい。まして、「覆面作家」を中心に置いての連作短編というのは、かなり条件がきついと思うのだけど、なかなかいい感じで、さすがテクニシャンである。後半戦になると、やや大同小異の設定が増えてくる感じがするが、実はそれ自体も「ねらい」であったりするあたりがうまいのである。

 中心となる覆面作家の名前は、西村香。完全に北村薫である。実は折原一と北村薫は、仲がよいということで、完全な楽屋落ち。だけど、それがとっても楽しい。おもしろい。思わず笑い出してしまうところもあった。

 実は一番受けたのは覆面作家ネタではないところ。「倒錯のワンパターン」、これは笑った。

2014/12/03 15:43

投稿元:ブクログ

なんだか、笑っちゃいます。

仲がよかったんですねー、北村さんと折原さん。
随所に北村作品のタイトルをもじったものとかが登場して、嬉しくなっちゃいます。

ていうか、「覆面作家」って、編集者とかにも素性を明らかにしてないものなの?
西村さん、常に覆面してるし(笑)

しばらく北村さんの本を読んでないけど、これを読むとムズムズと読みたくなります。

2011/03/14 21:42

投稿元:ブクログ

キーワードは、覆面作家、西村香、手紙形式。少し内容が軽い気もしますが^^、シリアス本の合間に読んだので、素直に笑えました☆

2012/09/03 14:26

投稿元:ブクログ

何か読んでいて紹介されていた作家。初見。

特別好みでない訳ではないが、
特別好みでもない。

短編の連作なので読み易い。

2012/01/07 20:01

投稿元:ブクログ

【再読】連作短編集/覆面作家・西村香とそれを取り巻くファン、編集者他/手紙、FAX形式が多め/自分本位な登場人物が多いような/プチブラック/北村薫さんと作者折原一さんは大学の先輩後輩の間柄なんだとか/作中にはS田S司、A辻Y人、K納T子が登場(笑)/