サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風の王国 金の鈴(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/292p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601099-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

風の王国 金の鈴 (コバルト文庫)

著者 毛利 志生子 (著)

王太子ラセルの家出の原因は、彼の出自に関して流された心ない噂だった。「ぼくがいなくなればいいと思ったんだ」と話すラセルに、リジムは前妻ティカルとの真実を明かし…。噂の責任...

もっと見る

風の王国 金の鈴 (コバルト文庫)

576(税込)

風の王国13 金の鈴

454 (税込)

風の王国13 金の鈴

ポイント :4pt / 紙の本より122おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「風の王国 金の鈴」が含まれるセット商品

風の王国 (コバルト文庫) 22巻セット(コバルト文庫)

風の王国 (コバルト文庫) 22巻セット

商品説明

王太子ラセルの家出の原因は、彼の出自に関して流された心ない噂だった。「ぼくがいなくなればいいと思ったんだ」と話すラセルに、リジムは前妻ティカルとの真実を明かし…。噂の責任追及び揺れる王宮の水面下では、ケレスが提案した「ある計画」のため、出兵の準備が始まっていた。そんな中、翠蘭は予定より早く出産の時を迎えて…!?動き始めた運命の歯車…もう誰にも止められない。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/02/03 12:38

投稿元:ブクログ

前の話からの続き。
ラセルは賢いのか賢くないのか(笑)

翠蘭の出産などおめでたい話なのに何故か全体的に、不安定な要素がごろごろしてて、雰囲気が暗いと言うか・・・言葉の端々に。

水車の話はいいですね、何度説明するよりも実際の姿を見てもらった方が早いし納得できるし。
そうやって文明は進んでいったんだろうな、と。

色々伏線張ったまま、また続くようです。
ロナアウワとか何なのでしょうあの子。

最後のエンサの言葉には衝撃を受けましたけども・・・
うーんコバルトで史実通りに進めるのか、それとも物語として終わらせるのか、著者次第なんですが・・・翠蘭は強い女性だけど、ここでは幸せになって欲しいなぁ・・・とは思います。

2008/01/25 00:27

投稿元:ブクログ

ラセルの家出騒動、翠蘭の出産、リジムの出征・・・。ラセルとリジムも親子らしくなりつつあり、さらにリジムとラセルの親(兄)バカぶりもかわいらしいですね!!でも、ついにこの時が・・・!!リジムー!!ってことで次がかなり気になります。

2008/03/22 20:12

投稿元:ブクログ

ラセルの騒動も一段落し無事に子供も生まれたんですが、戦ですか〜。
史実では有名なことですが、ついにやってきたという感じでしょうか。
リジムがこんなに長いこと一緒にいるのも珍しいですよね(笑)やがてくる未来を思うと悲しくなります。
ロナアルワのことも気になりますね〜。このままじゃ史上最低コバルトヒーローになるぞ、リジム。

2008/10/19 00:14

投稿元:ブクログ

り、りじむーーー!!
今回のお話はいつもよりもハラハラさせられます。そしてまだ次の巻へと続く……。

2008/11/28 01:32

投稿元:ブクログ

リジムが亡くなってしまったことが、
すごく残念でした。
せっかくイェルカが生まれてこれからだったのに…泣

2009/11/08 21:40

投稿元:ブクログ

 ラセルの聡さとそこから起きた子供らしい短慮が切なかったですが、リジムとラセルが親子として向き合えていたのが嬉しかったです。
 出兵はあれど、イェルカの誕生や揚水車の設置などで表向きささやかな幸せムードが漂っていたと思ったら、遂に来てしまいましたね。史実とはいえ、リジム……。

2010/04/16 21:48

投稿元:ブクログ

家出騒動も終了して、また平和な日々。
とはいえ、新しく侍女になった人にいらっとする場面も。
『守る』という意味と『甘やかす』という意味を
同一にしてない? と聞きたくなります。

そして最後の怒涛の終了。
そこに至るまでにある、嫌な予感。
そしてまた次回に続く状態。
もう全てにおいて、ぎゃ~と頭を抱えたくなります。

あとがきに「もう1回続きます」とあるので
このはらはら心臓に悪い『続く』も次で最後!
…ですよね?

2010/11/21 19:13

投稿元:ブクログ

ラセルのイェルカへのバカぶりが少し可愛いような面白いような・・・
最終最後にリジムがやってくれましたよ。ううっ、リジムーー!!
なんだかんだ言って続きが気になって読んでしまう。

2010/11/28 04:16

投稿元:ブクログ

いろいろな伏線やこれからの話がたくさんでてきて
たくさんの情報が出てきて少し読みにくい感じがしました。

王太子ラセルの家出
翠蘭の初の出産
そしてまさかの衝撃ラスト
そんな内容でした。

ロナアルワが個人的にきにくわんwww