サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 竹書房
  • レーベル: ラズベリーブックス
  • サイズ:15cm/483p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8124-3347-8
文庫

紙の本

恋の罠は夜にまぎれて (ラズベリーブックス)

著者 エリザベス・ソーントン (著),細田 利江子 (訳)

当代一の伊達男にして侯爵の跡取り、アッシュはかつての上官から呼び出され、相談を受ける。新聞小説の中で、以前、上官の自宅で起こった事故が、殺人事件だとほのめかしてあるという...

もっと見る

恋の罠は夜にまぎれて (ラズベリーブックス)

税込 954 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

当代一の伊達男にして侯爵の跡取り、アッシュはかつての上官から呼び出され、相談を受ける。新聞小説の中で、以前、上官の自宅で起こった事故が、殺人事件だとほのめかしてあるというのだ。作家の正体を突きとめて欲しいと依頼されたアッシュは、ほどなくして作家の集いに出席し、謎の小説が話題になった時に顔色を変えた女性作家に気づく。その女性、イヴ・ディアリングは、さえないドレスに身を包んだ淑女だが、その日を境にアッシュの夢にイヴが現れるようになる。彼女はいったい…?物語に隠された過去の真相、そしてアッシュの恋の行方は…?“恋の罠”シリーズ第3弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

過去と謎

2008/01/13 23:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めるる - この投稿者のレビュー一覧を見る

「恋の罠に落ちた伯爵」「不名誉なキスは恋の罠」に続く『恋の罠』シリーズの第3弾。

アッシュはかつての上官から、新聞小説の中で以前、上官の自宅で起きた事故を殺人事件だとほのめかす作家が誰なのか、その正体を突き止めて欲しいと頼まれます。仕方なくアッシュは、作家の集いに出席します。そこで謎の小説が話題になったとき、顔色を変えた女性作家のイヴに気がつきます。

前2作にも登場し、いい味をだしていたアッシュの物語。世間では、女たらしの遊び人といわれているが、しゃれ者として社交界の人気者のアッシュ。
そんな彼の物語がどんなものになるのか楽しみにしていましたが、予想外の展開に。

それはヒロイン、イヴの特殊能力。他人の思考を感じ取る不思議な力「クレイヴァリーの能力」をもっているという設定で、前2作とはガラッと変わり、超常現象ものになっています。でも、違和感なく話がすすんでいくので、楽しく読む事ができました。

自由気ままに生きていると思っていたアッシュの過去や内に秘めた悲しみ、イヴと出逢って自分の生き方に疑問をもつようになる彼の気持ちも丁寧に描かれています。

自分のもつ能力のために他人と距離をおくイヴとのロマンスがどうなるのかも気になりましたが、謎解きも最後の方まで誰が犯人なのか分からずドキドキでした。
ロマンスよりかはその謎解きの方に重点がおかれていたかな?とは思いましたが、最後までページをめくる手を止めることができませんでした。

本作だけでも十分楽しめますが、やはりシリーズ物なので第1作から読む事をおすすめしますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。