サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 303件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03425-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

著者 勝間 和代 (著)

自分のお金は自分でコントロールする−。年金不安、所得格差が進むなか、私たちが身につけなければならない“能力”とは? 家計の将来に備え、自分の安心を買い、生活をよりよくする...

もっと見る

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)

756(税込)

お金は銀行に預けるな~金融リテラシーの基本と実践~

617 (税込)

お金は銀行に預けるな~金融リテラシーの基本と実践~

ポイント :5pt / 紙の本より139おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分のお金は自分でコントロールする−。年金不安、所得格差が進むなか、私たちが身につけなければならない“能力”とは? 家計の将来に備え、自分の安心を買い、生活をよりよくするために必要な考え方とノウハウを伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

勝間 和代

略歴
〈勝間和代〉1968年東京都生まれ。早稲田大学ファイナンスMBA。経済評論家、公認会計士。著書に「決算書の暗号を解け!」「無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー303件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

「金持ち父さん貧乏父さん」の日本版!!!

2008/01/08 10:36

17人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろでむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

オイラが大学2年生から実践していることを、わかりやすく体系的にまとめている本だ。
2,3年前に一世風靡した本「金持ち父さん、貧乏父さん」で書いてある内容とほぼ似ている。
ただ、「金持ち○○、…」の方は、アメリカ人が著者のため、アメリカを舞台にした書き方となっている。一方、今回紹介する本は、紛れも無く2020~2050ぐらいを想定した(乗り切る、苦無く生き抜く)本だと言える。


ポイントは、3つ。

  @投資信託で、無難に増やす
  A分散投資(国内債券、国内株式、海外債券、海外株式)
   ※これらは全て、投資信託インデックスファンドではじめること
  B収入の2~3割くらいを、積極投資に当てる
   ※これは、評者が読み取った数字である




そして、重要なのは、「金融リテラシー」を身に付けることだと強く説いている。リテラシーとは、単なる知識ではなく、結果を伴う知識である。つまり、金融リテラシーがある=投資によってお金を増やすことができるということだ。

そこで、ひとつ疑問に感じる人も多いだろう。
「金融リテラシー」を身に付けるにはどうしたらよいのか?
これは実践でしか培うことができない。


えっ?とまた、強く感じるのは仕方ない。だって、金融リテラシーがないと、上手な投資ができないと先に述べたからだ。これは、ニワトリと卵の議論と同じで、どっちが先ということは問題でなく、“投資をするという決意をする”ことが重要なのだ。従って、3つのポイントで述べた、投資信託に投資するという事柄が列挙されている。これは、プロが運用するので、我々ド素人の幼稚な金融知識を介入しなくてもよいのだ。そして、この投資信託に投資し始めてから、「金融」「投資」というものに敏感になり、日々の生活の中で、徐々に知識を蓄えていくことを、著者はオススメしている。


今からでも遅くない。
お金をコントロールすること、お金でお金を生み出すこと真剣に考えてもよい時代に日本はなってきたのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お金に働いてもらう

2008/08/03 22:44

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白薔薇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「働かなくても、お金が勝手に稼いでくれる」、そんな夢のような話が実際

にあるのです。金融とは何かを基本的なことから解説してくれています。内

容はわかりやすいのですが、話が進むにつれて少し難しくなっていきます。

全部は理解できなくても、ある程度の知識は付くと思います。「株ってなん

だよ」とか思っている人は読んでみてはいかがでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何事も一攫千金は失敗のもとである

2008/04/07 15:34

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さざなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 年金不安、所得格差、金融相場の落ち込みと、我々の家計は真綿で首を締め付けられるように圧迫しだした。
「自分の安心を買い・生活をよりよくする」将来の設計などは砂上の楼閣に等しい。金利は底辺から上昇の動きさえなく、物価は大幅上昇、預貯金は切り崩しの一手。まさに生活苦から脱出できない。それでも大切な自分の
お金は、自分でコントロールできないし銀行に預けっぱなしなのが現実、これでは豊かな将来の夢など実現不可能。「自分で稼いだお金が、お金を稼ぐ設計」を本書は伝授する。

 財形貯蓄、定期預金、国債の金利を見比べた事があるだろうか。リスクの少ない商品はみな低金利だが、それでも金利に幅がある。3年~5年もんでは利ざやの差は大きい。初歩的な“お金が働く第一歩”に進めただろうか。

 本書のオススメは投資信託である。投資信託で利ざやを稼ぐ7つの法則(約束・プラン)を根本に、ハイリスク、ハイリターンの渦の中に生き抜く、株や外資系の生き様ではなく、確実に預貯金を増やしていける商品だけを選択している。投資信託のノウハウをわかりやすく解説しているので、是非学び取りたい。

 お金を生む商品は多種多彩だが、素人判断はかえって傷口を広げるようなものだ。一攫千金を夢見ることなく、こつこつと手間隙賭けて増やすのが、我々の第一歩。最小限の預貯金は必要かもしれないが、預けっぱなしでは何も解決しないのだから。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

証券業界からの「投資信託を買おう!」本です。

2007/12/14 00:23

33人中、30人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:piyochan - この投稿者のレビュー一覧を見る

投資信託は、証券会社がリスクを負うことなく(リスクは買った顧客が負う)、安定して手数料が得られる商品ですから、証券業界が売りに来るのは当然で、最近ではそのカラクリを指摘し「投資信託は、やめましょう」本が多く出ています。

この本はそうした傾向に歯止めを掛けるべく、証券業界から(筆者の経歴参照)「金融リテラシーを高めよう」という触れ込みで、実のところは「投資信託を買いましょう」と読者を促す内容です。全編を通して、「投資信託を買いなさい!」としか、言っていません。

筆者は、「リスク商品に手を出さないと、2005年の株価40%上昇の利益を逃した」と言いますが、「バブル崩壊の株価下落による大損した可能性」については触れません。投資信託を作っているファンドマネージャーが、「その運用成績は、サルのダーツ投げで選んだ銘柄構成に負けた」ことを言いつつ、別の章では、「ファンドマネージャーは、その道のプロ。10年かけて知識と技術を養った外科医と同等だから、素人はかなうはずがない」と、株式市場への素人の参入を止めて、「だから、プロの作ってくれた、あるいは素人では手が届くのが困難な海外・新興市場株式を組み込んだ、投資信託を買いましょう。その分の手数料は、たとえば「会社四季報」を買うのと比べれば、高くない」と言います。

外科医の方、同意されます?外科医の技術は(ファンドマネージャーより優秀な運用成績を上げた)ダーツを投げたサルにもまねができないと思いますが。無茶苦茶な比較ですね。

ある章では、ノーベル経済学賞受賞者の主張である「損と得では、同じ金額でも損の方が大きく感じられる」といった説を紹介しておられますが、ノーベル経済学賞受賞者2人がファンドマネージャーに加わっていた、アメリカの投資信託LTCMの破綻については触れられていません。この2人って、著者が本書で「勉強すべき」と主張する「金融リテラシー」の、世界チャンピオンだったのではないでしょうか。

また、「リスク資産は定期預金と比較して、統計的には4~5%有利に運用できる」という箇所もありますが、統計学は過去の事跡を分析する学問であって、将来のことは何も言わないと思うのですが。単に、「これまでのある期間でそうだった」だけではないでしょうか。

私は、「投資信託は、何であれ、買うもんじゃない」と思います。リスク資産については、自己判断で、株式を個別に買うのがベストと思います。「ミニ株」もありますし。

ただ巻末にある、「住宅ローンはやめましょう=不動産は買うべきではない」という主張は、この手の本では、新鮮でした。「車の所有の是非検討」「生命保険の見直し」もよいポイントだと思います。

箔を付けたいという動機があるのか、巻末には有名人のコメントも引用されていますが、この方、家電メーカーの重役(一時期CEO)に迎えられながら、結局経営建て直しに有効な策を講じていないと思います。人は「何を言ったか」ではなく、「何をやったか」で評価すべきではないか、と。

他にも、基本的なところでツッコミどころ(銀行や政府の投融資をくそみそに言ってる所とか)がいくつかあるのですが、少々長くなりすぎましたので、他の評者に譲ります。

とにかく、投資信託は買ってはいけないと思います。証券会社だけが儲かる商品だと思うからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/14 22:43

投稿元:ブクログ

読了。全体的に金融、投資といったことについて書いてある。どれかひとつを深掘りというよりはどういう商品があるかといったことをつかめる感じ。問題はこれを実践できるかどうか。毎月の積み立ては始めたいなぁ。[2008/1/14]

2008/01/31 19:31

投稿元:ブクログ

これは評価の難しい本だな,と思った.
金融リテラシーがこの一冊で簡潔するはずはないし,この本の中でもそのことは強調されている.
にもかかわらず,リテラシーの乏しい読者にとっては,この本は唯一頼るべき金融の道しるべになってしまいそうである.
こういう世界がある,という入り口程度にとどめておくスタンスの方が好ましかったんじゃないかな.
とはいえ,けっこう面白かったので☆4つ.

2008/03/21 05:08

投稿元:ブクログ

1%の利率で20年間運用して元本が1.22倍にしかならないのに対し、5%の利率では2.65倍にもなるという、当たり前の計算ですが、銀行に預けると前者にしかならないのに対し、世界全体の総資産の上昇率というか、平均利回りのようなものは後者の水準になっているはずなんで、その潮流に乗らなきゃ損ですよ、というお話。

とは言え、普通の人間がその流れにうまく乗り切ることは至難の技になるので、金融専門家が少しでも儲けを大きくしようと一生懸命考えたファンドをリスク分散して購入。投資信託はいくぶん手数料がかかるとは言え、上に書いた平均5%の利回りもあれば、充分お釣りがくるので大丈夫、というのが結論のようです。


日本では「士農工商」の時代から、金勘定は美徳でないという価値観が根強く、自分自身の中にも、そういう面が強くあったように思う。なるほど、「金融リテラシー」の書でした。


(2008/3/18)

2008/01/30 00:37

投稿元:ブクログ

わかりやすく、「金融リテラシー」についてご説明あり。
リテラシー、識字能力。難しい言葉ですね。

まずは投信。
ただこの本を「うのみ」にして買ってしまいそうなので、これまた考えねばね。


−20080114購入

2008/06/22 15:36

投稿元:ブクログ

自己資産の運用について、いろいろと認識を改める必要がある点に気付くことができました。この本で提案されている比率からすると、我が家の資産運用のポートフォリオはかなりアクティブ(リスキー)な状態だと言えそうです。家の奥さんにこの内容をしっかり伝えて、銀行に預けている資産の移動をしっかり行って生きたいです。併せて、投資信託の勉強不足も補っていこうと思います。

2009/02/10 14:01

投稿元:ブクログ

金融資産を作る基本 そしてその実践が書かれています

一般に言われているものの不利な点
その上で 何をするべきなのか
どこをめざすべきなのかが この本を読むことで分かります

2009/10/19 00:52

投稿元:ブクログ

勝間さんの本2冊目です。
この本は自分の将来のことを少し考えさせられる本でしたね。
ただ単に貯金しててもダメなんやなあ。と・・・
これからの時代、自分の資産(大半はお金?)をどうやって運用していくかをしっかり考えていかないとアカンね。
金融についてじっくり勉強して以降と思わせてくれる本やね。

2008/10/09 15:25

投稿元:ブクログ

何かと話題の書なので読んでみました。
今後、適格退職年金の制度が廃止され、
確定拠出型年金401kが増えることになります。

そんな時代の中で、金融リテラシーの基本と実践を学ぶことが重要だと著者は説いています。

また、ワークライフバランスとして、長時間労働が少子化や女性の働く環境に及ぼす影響なども説明し、
どうしたら長時間労働する必要がなくなるかという切り口で、金融投資によって一切の利益を得られないということは収入のすべてを勤労所得に頼らなければならないことを意味すると言っています。収入のすべてを勤労所得に頼ることによって生まれるリスクとは、何かあった際に収入が途絶えるリスクでもあります。
勤労所得は『働けば必ず得られる』という意味で生活を支えるために必要不可欠な所得ですが、金融所得は『リスクに見合ったリターンを得る』ことで勤労所得を補助して時間資源を増やすことに役立つという考え方には思わず納得です。

日本では多くの人が『金融投資をするリスク』と
『金融投資をしないリスク』の冷静な比較をしていないので、長期的スパンで見ると逸失利益が非常に大きくなっているということを力説しています。

「私は、資本主義というものは、厳しいいい方をすれば「賢くない人から賢い人へお金が流れるしくみ」だと思っています。
言い換えれば、資本主義の根幹をなす金融のしくみをよく知らなければ、それまで汗水流して働いて得た賃金が、いろいろな意味で、自分たちの資産からあっという間に流れ出てしまうしくみともいえるでしょう。」
この言葉は非常に刺激的でした。

以下はMinutes。
「タダ飯なんてものはない(There is no such thing as a free lunch.)」

金融でしっかり儲ける方法の基本5原則
第1原則 分散投資、分散投資、分散投資
第2原則 年間リターンの目安として、10%はものすごく高い、5%で上出来
第3原則 タダ飯はない
第4原則 投資にはコストと時間が必要
第5原則 管理できるのはリスクのみ、リターンは管理できない

「金融リテラシーを身につけるための10のステップ」
ステップ1 リスク資産への投資の意思を固める
ステップ2 リスク資産に投資をする予算とゴールを決める
ステップ3 証券会社に口座を開く
ステップ4 インデックス型の投資信託の積み立て投資を始める
ステップ5 数カ月から半年、「ながら勉強」で基礎を固める
ステップ6 ボーナスが入ったら、アクティブ型の投資信託にチャレンジ
ステップ7 リスクマネジメントを学ぶ
ステップ8 リターンが安定したら、投資信託以外の商品にチャレンジ
ステップ9 応用的な勉強に少しずつチャレンジ
ステップ10 金融資産構成のリバランスの習慣をつける

目次
はじめに
第 1 章 金融リテラシーの必要性
第 2 章 金融商品別の視点
第 3 章 実 践
第 4 章 金融を通じた社会責任の遂行
おわりに

2008/01/26 18:02

投稿元:ブクログ

すっかり勝間ファンになってしまいました。別の本買ったらお顔からして隙がない美しさだー。賢いひとの顔つきに似たものを感じるのはわたしだけだろうか。単なるお金の講義だったら「あ、そうなんだ。なるほどね」という満足で本を閉じたら終わってしまうが、勝間さんの本は「さあ、資産運用しよう」「勉強しよう」と行動に移したくなるのがすばらしいと思う。「金融リテラシー」というのは簡単に言うと正しい金融の知識、システムの理解という意味で、元来日本人は金融オンチなりがちと筆者。資産運用に無頓着な日本人に警鐘を鳴らしている。「資本主義とは賢くない人から賢い人にお金が流れる仕組み」など、ドキっとする表現を使いつつ「まだ遅くありません」と手を差し伸べられてる、その匙加減が絶妙です。学ぶ意欲を奮い立たせてくれます。

2009/10/13 20:50

投稿元:ブクログ

勝間本のなかで、唯一読んでもいい本かも。
しかし、著書のなかで言っている「タダ飯はない」ということに照らし合わせれば、投資信託にフォーカスしたこの本の内容は、著者の証券会社主催セミナーでの講演回数を増やすための戦略、と思うのは私だけだろうか?(-_-;)

2008/05/14 12:22

投稿元:ブクログ

お金とのつきあい方について学ぶ本。‘タダ飯はない’という言葉をむねに、自分のお金にもっと働いてもらうことにしました。物価の値上がりが身にしみてきている昨今、年金、保険、預金、不動産以外の方法も模索していく必要があるでしょう。図書館予約数は184(08/05/14現在)です。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む