サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:19cm/265p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-03-750120-4

紙の本

イグアナくんのおじゃまな毎日 (軽装版偕成社ポッシュ)

著者 佐藤 多佳子 (作),はらだ たけひで (絵)

樹里が誕生日プレゼントにもらったのは、“生きている恐竜”イグアナ。草食で、攻撃性がなくて、おとなしい、鳴かない、におわない、人によくなれる、人気のペットだそうな。でも、世...

もっと見る

イグアナくんのおじゃまな毎日 (軽装版偕成社ポッシュ)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

樹里が誕生日プレゼントにもらったのは、“生きている恐竜”イグアナ。草食で、攻撃性がなくて、おとなしい、鳴かない、におわない、人によくなれる、人気のペットだそうな。でも、世話がたいへん。南の国の生き物だから、二十五度以上四十度以下の温度で飼わねばならず、成長すると、二メートルの大トカゲになるという…。産経児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞、路傍の石文学賞にかがやいた佐藤多佳子の傑作がついに軽装版化。【「BOOK」データベースの商品解説】

【産経児童出版文化賞】【日本児童文学者協会賞(第38回)】【路傍の石文学賞(第21回)】樹里が誕生日プレゼントにもらったのは、生きている恐竜イグアナ。おとなしくて人気のペットだというが、世話が大変。成長すると2メートルの大トカゲになるという。それでも、あこがれの少年が偶然イグアナが好きと知って…。〔1997年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 多佳子

略歴
〈佐藤多佳子〉1962年東京都生まれ。「サマータイム」で月刊MOE童話大賞、「ハンサム・ガール」で産経児童出版文化賞・ニッポン放送賞など受賞多数。ほかの著書に「一瞬の風になれ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イグアナ飼うなんて誰が言った

2008/08/05 13:19

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カフェイン中毒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

すでに絶版だという中公文庫版が、偶然手元にあるのですが、
イラストは、同じはらだたけひで氏です。

じつはこの文庫の表紙を、けっこう気に入ってます。
能天気な顔をしたでっかいイグアナを背負って、途方に暮れている主人公がとても可笑しい。

そう、これはいきなりイグアナを自宅で飼うことになった11歳の女の子の物語。
やけに素直で悪知恵のはたらかない少女でもなく、
なんでもイヤイヤ言うわからんちんでもない、ごくごく普通の生意気な小学生。

そもそもイグアナを飼うのだって、大人の諸事情により半分は押しつけられた形なのです。
改築してできたサンルームを乗っ取られ、夏も冬もイグアナ様のためにフル稼働のエアコン。

日に日に機嫌の悪くなる母親、
しがらみから引き受けたイグアナのせいで、ストレスを溜める父親、
そしてぶつぶつ言いながらも、日々の世話をする主人公。

せっかくめずらしいペットを飼うことになったのに、家族全員が不満だらけ。
イグアナに対する優しさなんて、これっぽっちも湧いてきません。
もちろん、クラスメートにはひた隠しだったのに……。

ある日、ついにイグアナを飼っていることがバレて、クラス中にからかわれてしまいます。

いちばん知られたくなかった気になる男の子、日高くんは、
クールで変人でおちゃめな人柄そのもので言います。
「いーなー」。
おお、彼と話すきっかけ到来じゃないですか!
日高くんとも同居のイグアナとも、じわじわ距離を縮めながら夏休みに突入です。

佐藤多佳子の児童書は、物語は素直でチャーミングなのに、
出てくる子供、そして大人たちは、なかなかにしたたかです。
変に子供っぽくなかったり、適度に生意気だったり。
大人だって、子供の模範であれってタイプばかりでも、絵に描いたような悪いヤツでもなく、
ああ、そうです、‘説教臭くない’のだと思います。

さて、主人公とイグアナ、そして日高くんは?
生活がめちゃくちゃになってしまった家族は?
甘くも辛くもない、けれど後味のとってもいい結末をどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/02 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/10 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/29 16:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/22 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/06 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/24 06:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/30 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/22 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/30 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/20 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/15 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。