サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ばいばい、アース 3 爪先立ちて望みしは

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ばいばい、アース 3 爪先立ちて望みしは(角川文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/427p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-472906-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ばいばい、アース 3 爪先立ちて望みしは (角川文庫)

著者 冲方 丁 (著)

カタコーム戦役で皆を叱咤した城外の民の指導者、ジンバックが死んだ。弔いに訪れたベル一行は、城外の友人たちと再会し、酒と剣と恋に夜は更けてゆく。一方、飢餓同盟に身を投じたア...

もっと見る

ばいばい、アース 3 爪先立ちて望みしは (角川文庫)

679(税込)

ばいばい、アースIII 爪先立ちて望みしは

670(税込)

ばいばい、アースIII 爪先立ちて望みしは

ポイント :6pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カタコーム戦役で皆を叱咤した城外の民の指導者、ジンバックが死んだ。弔いに訪れたベル一行は、城外の友人たちと再会し、酒と剣と恋に夜は更けてゆく。一方、飢餓同盟に身を投じたアドニスは、究極の治療薬にして猛毒「試者の灰」を手に城を襲い、王に挑みかかった。今度は敵としてベルの前に立ったアドニスは笑いながら問いかける。「俺を、斬れるか?」—冲方丁がおくる魂のファンタジー、狂騒の第3巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

連続バトル

2007/12/01 19:31

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語・世界の根幹の姿が見え始め、アドニスが敵としてベルの前に現れる
キャラクター達が揺さぶられ、神を疑い、世界を疑い、それぞれの役割から逸脱しはじめる
飢餓同盟の中ボス達が次々と戦いを挑んでくる展開
あがき・もがき・苦しみながら、やっと某かの足場を得たベルにとってむしろ祝福のような戦いの連続です


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/06 17:14

投稿元:ブクログ

小説の中で登場人物が成長するのは良くあることだが、ベネットとギネスは成長しすぎの気もする。そして、アドニスとベルはどこに向かっているのか。賢者キティと愚者キティ、旅人の呪い。最終巻で全てが解き明かされ決着がつくのだろうか、悲劇に向かっている気がしてならないが、読む勢いがついて止まれないなぁ。

2008/02/03 15:43

投稿元:ブクログ

以前に単行本のときに読んで面白かったのですが、文庫化されて四分冊され、順次刊行となると、ちょっと二巻目が中だるみかなーと放置していた三冊目。事態も大きく動くし、何よりも集団戦の描写が圧巻。「マルドゥック〜」シリーズ同様の気持ち悪い敵に対してどう動くか、その描写の華やかさだけでも読んでいてわくわくする。こういうの読んでいると、映像化が及ばないものがあるっていうことを強く感じる。過剰なまでの言葉の海に溺れる幸せ、とでもいうのかな。

2014/01/06 19:48

投稿元:ブクログ

逆から、読むんやーーー!!!

と、3巻目にして気づきました。
遅すぎ?

いままで、どういうことなんだと思っていた謎が、それだけでだいぶ解けた気がします。

なにかのアンチテーゼとして自分を確立していこうとすれば、ぶつかるのは当然。
そういう意味では、ベルも、アドニスも一緒。
そして、王国も、饑餓同盟も同じ。

それは、タイミングがちょっと違っただけの運命かもしれない。

それでも、その運命にあらがう。あらがうことすら運命づけられているとき、あらがうことで運命を超えられるのか?

次巻、怒濤のラストです。多分、怒濤のはず。

2010/09/09 16:05

投稿元:ブクログ

氏のデビュー後、初長編。

発売当時、余りの高価さに手が出なかったので、文庫化が嬉しい。



ラブラック・ベル。

のっぺらぼうと称される一人の少女が、己が相棒の一降りの剣と共に、自らの由縁を探るヒロイック・ファンタジー。

氏が文庫本後書きに書かれたように、「主題と世界の構築と発見に特化した」初期大作をごらんあれ!

2008/01/13 12:14

投稿元:ブクログ

ドゥルーズの哲学を感じさせます。
浄化の後の主人公の変化、自らを由とすること、脱属領化することで受ける大きなプレッシャー“傷”を負い、さらに脱出する事で、真に主体の生成を演じることが出来る。自律する。
物語の要素の中に近現代哲学の要素が散りばめられている冲方氏の作品に惹かれます。

2008/02/23 23:30

投稿元:ブクログ

全員が全員主役になる闘いの場がきちんと設けられてて、それに悩んで打ち勝って成長していくってすごいと思う。
個人的にガフがかわいそくて好き←

2008/09/24 04:46

投稿元:ブクログ

08/01/19
主要メンバー含め、全員がちゃんと内面的に成長しているのがさすがだと思うなぁ。戦闘が全員主役なのも凄い。あー凄い。思い出して身震いする。

2011/11/25 19:14

投稿元:ブクログ

物語は転から転へ。影をまとって炸裂する懐疑。
それでも歩みを止めること無いそれぞれの登場人物。
そして表れる、いかにもなラストダンジョン。

ベルが、アドニスが、ギネスが、シェリーが、ガフが、それぞれの理由と共に闇の中を進んで行くあたり、物語も大詰めって感じでございます。

2009/09/14 07:24

投稿元:ブクログ

あ、アドニスぅぅぅぅぅーっ!!

なんかドランブイに洗脳されてんじゃねってかんじ。
てか今回もベルの男前さは異常だわ

2007/12/09 00:02

投稿元:ブクログ

2巻で小休止だったのがついに動き出した感じ。
それぞれの想いを胸に、ベルたちが徐々に世界の謎に迫りつつあります。
このスピード感が、最終巻どうなるのか楽しみです。
それにしても、ベルとアドニスがついに衝突。この2人好きなのに、すれ違ったままもう穏やかに重なることはないのかと思うと悲しい。
最終巻で、2人がどこに向かってしまうのかもとっても気になります。

2012/10/28 19:20

投稿元:ブクログ

この広がった風呂敷はたたまれるのか?そんな疑問を抱きつつ。アース3巻。

押井守の「イノセンス」を彷彿とさせられる観念的な言葉の応酬。頭のどこかで許容と拒否がせめぎ合う。理解しようと務めるも浮遊する言葉たち。ちょっとしたトランス気分に陥ったのはさておき。


闘う。傷つく。失う。癒される。成長する。典型的な冒険譚の構造を持ちつつ、独自の理論をぶちかます。これがデビュー作二作目とは。いやはや。若者特有の熱量を出し惜しみすることなく放出。


若造がなんか青臭いこと言ってるよ。と、思う部分が大半ではあるが、読み物として惹きつける引力たるや。いやはや。さてさて。この風呂敷の行方を楽しみに四巻へ。

2012/12/29 22:52

投稿元:ブクログ

ベルの剣にべネットの結界、ギネスの指揮と物語として見せ場のシーンがつまった3巻。
どの登場人物も世界も剣も心や感情の戦いであって、この物語の世界における強さとは、力ではなく形なき意志。
物語が大きく動くほど感情は大きく動き、スポットライトを浴びる登場人物が多いほど、いくつもの感情に振り回される。
これは読むのが大変。
だけどそれがまた面白い!

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る