サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.11
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-2098-2

紙の本

獣王 (幽BOOKS)

著者 黒 史郎 (著)

動物園「アルカ」で飼育員をしている私が、ある日出会ったひとりの女性客。彼女は毎日のように来園しては、動物の形態模写をしている。私は彼女に強い興味を抱き、間もなく奇妙な同棲...

もっと見る

獣王 (幽BOOKS)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物園「アルカ」で飼育員をしている私が、ある日出会ったひとりの女性客。彼女は毎日のように来園しては、動物の形態模写をしている。私は彼女に強い興味を抱き、間もなく奇妙な同棲生活が始まった…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

黒 史郎

略歴
〈黒史郎〉1974年神奈川県生まれ。「夜は一緒に散歩しよ」で第1回『幽』怪談文学賞・長編部門大賞、「ラゴゼ・ヒイヨ」で第1回史上最小のクトゥルー神話賞・最優秀賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

狂信的な愛情“狂愛”が導く、悪夢の果てにある真実とは?

2007/12/17 23:21

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:秋野音人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『夜は一緒に散歩しよ』で第一回『幽』怪談文学賞長編部門大賞を受賞し、鮮烈なデビューを飾った黒史郎。本書は彼の長編第二作である。表紙を飾っているのは『H・P・ラブクラフトの ダニッチホラー その他の物語』で立体造形を担当した美術作家の山下昇平。気鋭の作家による力作は、中表紙にも見ることができる。

 物語は主人公の勤める動物園「アルカ」に不思議な女性が現われるところから始まる。彼女は動物園の様々な動物を形態模写しては、その動物に完璧に擬態していた。彼女に興味を覚えた主人公は、彼女を自分のアパートに迎え入れる。しかし、動物に擬態している彼女は人語を解さず、まるで動物と対話しているような感覚を主人公に与える。そうしているうちに主人公は、まだ彼女の名前も知らないことに気がつくが、動物になっている彼女の人間であったときの名前で呼んでも応じてくれないだろうなと思い、キョウコという名前をつける。こうして、主人公とキョウコの奇妙な同棲生活が始まった。

 ここまでがおおよそ起承転結における“起”、物語の序盤である。この段階では、大方の読者の興味はキョウコに引きつけられていることだろう。動物を完璧に形態模写することのできるキョウコとは何者なのか、そしてどうして彼女はそんなことをやっているのか。そんな疑問が読者の脳裏に巣食い、ページを繰る手を加速させるだろう。ところが読み進めてゆくうちに、読者はいつの間にか物語がその色を変えていることに気がつく。「私はこの動物園が狂っていると思っているが、どうやら周りは私が狂っていると思っているらしい」──これは作中で主人公がもらす独白のひとつだが、ここで主人公が自身の狂気に気がついていないという衝撃の真実が提示されるのだ。様々な動物の擬態を繰り返すキョウコは、主人公の家においては動物そのもので、彼女のために自宅の環境を野生に近づけようとする主人公は、狂信的な愛情“狂愛”を注いでいるようにしか見えない。つまり、この段階で、物語を牽引する謎を帯びた存在がキョウコから主人公に移り変わるのだ。一体、彼はどうしてキョウコを同棲/共棲できているのか、なにが主人公にそうさせるのか。こうして新たな謎がさらに物語を加速させ、充分な“狂愛”を注ぎ込まれた物語は、ありとあらゆる動植物を集めた幻の動物園──エイセラニ・ハウザンドへと疾走する。

 怪談専門誌『幽』第八号において、著者の黒史郎は「とにかく奇妙な話を書きたかった」と言い放ち、さらに「“悪夢”と“狂い”こそ、この作品全体のテーマなんです」と語っていた。その試みは成功していると言えるだろう。交錯する現実と虚構、悪夢と狂い、盲目的で狂信的な愛情、こういったキーワードに心惹かれる方に勧めたい。是非、物語の最後に待ち受ける、狂った動物園「エイセラニ・ハウザンドへ」のほんとうの姿を、ご覧いただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/09 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/21 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/01 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/21 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。