サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕とポーク
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:21cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8387-1829-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

僕とポーク

著者 ほし よりこ (著)

何故かいつも少しだけご飯を残す癖があった僕。ある日、僕は残したご飯でブタを育てようと、養豚場から子ブタを一頭失敬したが…。泣くもよし、笑うもまたよし。ほしワールドをたっぷ...

もっと見る

僕とポーク

1,028(税込)

僕とポーク

540(税込)

僕とポーク

ポイント :5pt / 紙の本より488おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何故かいつも少しだけご飯を残す癖があった僕。ある日、僕は残したご飯でブタを育てようと、養豚場から子ブタを一頭失敬したが…。泣くもよし、笑うもまたよし。ほしワールドをたっぷりと味わえる漫画を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

たろちゃん 7−70
僕とポーク 73−143
文豪の苦悩… 145−211

著者紹介

ほし よりこ

略歴
〈ほしよりこ〉1974年生まれ。著書に「きょうの猫村さん」がある。ホームページ『猫村.jp』を運営。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

猫村さん続きで読むと、

2015/09/11 10:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか手痛い目に遭う一冊。
「考えさせられました」とは言いたくない。 そんな薄っぺらな感想なら書かない。

フィクションでマンガなのに、笑いたくて読んだら、人前で泣いた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おそるべき才能!

2015/08/31 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コイケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほしよりこのマンガって、どうしてこんなに面白いんだろ。突拍子もないことが描かれているわけでもないし、すごく意外な展開を見せるわけでもないのに、どれを読んでも予測できなかった場所に連れていかれている気分になります。おそるべし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/22 22:33

投稿元:ブクログ

「たろちゃん」「僕とポーク」「文豪の苦悩・・・」「鳥」の4本立て。(「鳥」は2ページもの。)

どれもが良質のショートフィルムを見ている様な味わい。
アハハ、と声をあげて笑うほどではないけれど、クスっと笑えて、少しだけ泣けて、あったかい気持ちになれる。

えんぴつで描かれた様なラフな線が、そうした「ほっこり感」をかもし出すのに一役買っている。

「きょうの猫村さん」の中で、劇中劇として結構なページを割いて描かれた刑事もののドラマが好きだった人なら、この作品もきっと好きになれるはず。

この人は絵も独特だけれど、お話の筋を考えるのが本当にうまい。というか「あーあるある、こんなドラマ!」という気持ちになる。

2008/02/11 16:18

投稿元:ブクログ

ダ・ヴィンチ2008年3月号
「今月のプラチナ本」

2008年2月11日(月)読了。

2008−10。

2008/04/06 15:37

投稿元:ブクログ

割とどうでもいい話なのに、掘り下げどころが独特で面白いです。
登場人物が変に熱くてやけに語ります。

2009/10/28 09:47

投稿元:ブクログ

やはり表題の話が、淡々と年月が過ぎていき、淡々と感情が描かれていて、悲しすぎず、感動的すぎず、それでいて根本となる発想がおかしくてほっとした。

2008/01/17 17:05

投稿元:ブクログ

きょうの猫村さんが大好きなので♪♪表題の「僕とポーク」が最高だった。ちょっと泣けたし。なんかイイ!猫村さんの3巻も楽しみだな〜♪08.01読了。

2008/01/09 10:42

投稿元:ブクログ

四編の短篇集。『たろちゃん』は忘れている人と人との繋がりを思い出させてくれます。友達になるには、ネットも携帯電話も必要ありません。ブログで書かれる個人的な日記さえ必要ないのです。自然にごく自然な付き合いの中で友達になっていくんですよね。ただ連絡をとる手段は、ネットからでもいいんじゃないかとも思います。そこまで描かれているストーリーです。
『僕とポーク』は心温まる作品です。ブーちゃんの一生を抱え込むこと。そのことがどんなに情操を深めることができるか、この作品は問いかけていると思います。
その他の作品はとにかく人間の滑稽な部分がクローズアップされていて、単純に面白いです。

2014/07/02 22:46

投稿元:ブクログ

僕とポークが好きです。なんだかんだいって結局こういう人情話が私は好きなんだなぁって思ってしまう。(笑)
主人公が毎日ブタの元に通う姿をみて、すげぇなあって思ってた哲夫がかわいかったのです。

2007/12/24 15:33

投稿元:ブクログ

クリスマスプレゼントのひとつ。
いい!
かなりいい!
ぼくとポークもさることながら、
たろちゃんで、おやっさんのインターネット談義がかなりすき。

2008/05/23 23:11

投稿元:ブクログ

・・・シリアス?シニカル?なんと表現すればいいのかわからないけど、独特な世界観。
「たろちゃん」「僕とポーク」「文豪の苦悩」「鳥」の4編。
どれも意味深で、凄いといえば凄いんだけど、猫村さんの方が何の意味もなさそうで好き…。

2008/01/28 13:42

投稿元:ブクログ

『僕とポーク』も面白いのだけれど、三話目の、文豪バーでも作家達の会話には抱腹絶倒。バナナの贈答の逸話も面白い!

2008/01/13 01:15

投稿元:ブクログ

意味深そうなでもよくわからないシュールな物語。すごくシンプルなんだけど表情はリアル。
たろちゃんの話が一番気に入りました。

2008/03/24 21:43

投稿元:ブクログ

猫村さんが発売されるのだーなんて思ってて、
まだもちょっと先だなーなんておもっていたら本屋で発見。

くだらなすぎて完敗

2010/07/12 12:31

投稿元:ブクログ

『きょうの猫村さん』のほしよりこ氏の本。タイトルが妙に気になって、読んでみました。
(なぜピッグじゃないんだろう?)という疑問は、読んでみるとわけがわかりました。

描きスタイルは猫村さんと変わりません。
猫村さんよりもセリフが多くて、手書きの字が細かくなり、読みづらい箇所も多々あります。

表題の他、「たろちゃん」「文豪の苦悩」「鳥」の3作が収録されています。
一話目のたろちゃんが女の子だったことにちょっとびっくり。
でもその設定、必要でしょうか?(笑)

「僕とポーク」は、映画『ブタがいた教室』を連想しました。
共感できそうなできなさそうな、一途でシニカルな性格の主人公ですが、なぜか女性にモテモテ。
話全体的には、考えさせられるものもあり、ほろりときます。
養豚場の一家の素朴さがすてき。ヤンキーが好きなのかな?と思ったりしました。
集会シーンがこちらにも登場しました。

「文豪の苦悩」のスナックのママの日記が笑えます。
「4月×日 ○○さんに心中を誘われた(前回は入水)」など。
やっぱりああいう夜の店に集まる人々は、誰もが文豪になるのでしょうか。

相変わらず昭和レトロ風の懐かしい絵柄です。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む