サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 出版芸術社
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88293-335-9

紙の本

湘南ランナーズ・ハイ

著者 倉阪 鬼一郎 (著)

完走を目指す主婦・綱島幸子、そんな母と併走する海人、沿道から応援する夫・大造と娘のなぎさ。4人は一丸となって「湘南国際マラソン」に挑む。一家が大会を通じて知り合った参加者...

もっと見る

湘南ランナーズ・ハイ

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

完走を目指す主婦・綱島幸子、そんな母と併走する海人、沿道から応援する夫・大造と娘のなぎさ。4人は一丸となって「湘南国際マラソン」に挑む。一家が大会を通じて知り合った参加者・染川夏乃。彼女の父・義介もまた、「湘南ランナーズ・ハイ」のメンバーとしてレースに参加していた—。家族の絆、ランナー同士の友情、自己との戦い…そして突然訪れる驚愕と感動。“怪奇小説家=倉阪鬼一郎”のイメージを鮮やかに覆す、衝撃のマラソン・ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

完走を目指す主婦・綱島幸子、母と併走する海人、沿道から応援する夫・大造と娘のなぎさ。4人は一丸となって「湘南国際マラソン」に挑むが…。家族の思いが交錯する、涙と笑い、そして驚きのマラソン・ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

倉阪 鬼一郎

略歴
〈倉阪鬼一郎〉1960年三重県生まれ。早稲田大学大学院日本文学専攻中退。ホラー、幻想小説などを発表。俳句や翻訳も手がける。著書に「地底の鰐、天上の蛇」「百鬼譚の夜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人にはそれぞれ、走り続ける理由がある

2007/12/27 06:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロクマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初マラソン完走を目指す2人の女性市民ランナーと、彼女たちを支える家族のほのぼのとした話かと思っていたが、良い意味で裏切られた。
 帯に「マラソン・ミステリー」と書いてあったのだが、どこがミステリーなんだ?と思いながら読んでいた。でも物語が3分の2を過ぎた頃から、仕掛けられていた驚きの事実が現れ始める。とは言っても、別に殺人事件が起きたり、陰謀が仕組まれているわけではない。
 ネタバレになるので詳しくは書けないが、静かな感動が待っている。
 人が走り続けるには、みなそれぞれに深い理由や思いがある、というのがこの物語のテーマだ。
 なぜ人はフルマラソンに挑戦するのか?42.195キロというのは、人が走り通すには途方もない距離だ。実は私も今年の12月に、初めてフルマラソンに挑戦し、完走することができた。しかしこれを走ることにどんな意味があるのか?と聞かれても、今の自分には自己満足というくらいしか理由が思いつかない。
 でも走り始める理由は、ランナーの数だけある。健康のため。ダイエットのため。より高い記録を目指すため。
 この物語で初マラソンに挑戦する2人の女性にも、胸に秘めた熱い理由があった。そのためには、膝が故障しても、スタミナが途切れかけても、走り通さなければならなかった。
 長距離走を走り続ける意味とは何か。時間内に完走することだけがすべてではない。ゴールに到達できなくてもいい。完走やタイムは結果でしかないし、それがその人の走りの価値を低めることは決してない。どれだけ強い思いを持って走り続けることができるのか。それこそが、前に進む力を生み出す。そんなことを感じさせてくれる物語だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/30 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/11 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/19 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/08 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。