サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

荒蝦夷(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/389p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-746242-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

荒蝦夷 (集英社文庫)

著者 熊谷 達也 (著)

宝亀五(西暦七七四)年、陸奥国の北辺には不穏な火種がくすぶっていた。陸奥を支配せんと着々と迫り来る大和朝廷。そして、その支配に帰属する、あるいは抵抗する北の民、蝦夷。動乱...

もっと見る

荒蝦夷 (集英社文庫)

720(税込)

荒蝦夷

594 (税込)

荒蝦夷

ポイント :5pt / 紙の本より126おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宝亀五(西暦七七四)年、陸奥国の北辺には不穏な火種がくすぶっていた。陸奥を支配せんと着々と迫り来る大和朝廷。そして、その支配に帰属する、あるいは抵抗する北の民、蝦夷。動乱の地に押し寄せる大和の軍勢の前にひとりの荒蝦夷が立ちはだかった。その名は呰麻呂。彼が仕掛ける虚々実々の駆け引きの果て、激突の朝が迫る—。古代東北に繰り広げられる服わざるものたちの叙事詩。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

呰麻呂、阿弖流為、母礼等、田村麻呂等にかかる霧を晴らす傑作

2008/02/03 22:19

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 荒蝦夷の蝦夷(えみし)とは、古代から中世に掛けて朝廷に従わない陸奥の住民に対しての蔑称である。彼らは奈良時代から平安時代にかけて朝廷に帰服することに抵抗してきた。今まで高橋克彦の描いた陸奥の国にどっぷりと浸かっていたが、熊谷達也という作家が描いた新たな蝦夷の陸奥が誕生した。
 本書では、平安時代初頭の反乱の大将である伊冶公呰麻呂と阿弖流為を中心に描いている。主人公は呰麻呂である。熊谷は、呰麻呂と阿弖流為とを親子という設定にしている。物語の始まりは丁度、呰麻呂が乱を起こして決起するところである。これが後の阿弖流為と坂上田村麻呂との戦いに発展していく。もっとも、戦いといってもそれほどの戦にはならなかったと聞く。この部分の国史である『日本後紀』が散逸しているので、戦いの様子は不明であるそうな。
 高橋克彦はすでに『風の陣』、『火怨』などで奈良、平安時代から続く陸奥の独立戦争の様子を小説にしている。さらに、沢田ふじ子も『陸奥甲冑記』で阿弖流為を描いている。
これらを年表から見ると、伊冶公呰麻呂が反乱を起こし、国府の多賀城まで攻め込んだのが780年で、阿弖流為が征夷大将軍、坂上田村麻呂に下ったのが802年である。
 この間、22年であるが、呰麻呂が乱後はどうしたのか、阿弖流為との関係はどうであったのかなど、謎は多い。本書はその間を小説にして著したものである。
 朝廷軍に対抗する蝦夷の酋長たちの駆け引き、朝廷に対する蝦夷も必ずしも一枚岩ではなかったという舞台設定である。それゆえに阿弖流為は田村麻呂に投降したという論理構成である。
 さらに、阿弖流為のパートナーである盤具公母礼等が女性であったという仮定も面白い。さらに母礼等は巫女であったというのも、史実が定かではないこの時代に神秘のベールを一枚掛ける役割を果たしていよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/10 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/04 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/08 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/29 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/01 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/04 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/05 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/21 20:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/08 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む