サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 次世代のビジネスリーダーに読んでほしいバイブル(仮) ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

偽装国家 2 底なし篇(扶桑社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.12
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-05564-6
新書

紙の本

偽装国家 2 底なし篇 (扶桑社新書)

著者 勝谷 誠彦 (著)

食品偽装だけじゃない。年金、原発、防衛、大相撲、政治家…。みんなウソばっか! なぜ各所で「偽装」が相次ぐのか? 本音と建前の間に生まれる「利権の構造」から、日本を蝕むガン...

もっと見る

偽装国家 2 底なし篇 (扶桑社新書)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

食品偽装だけじゃない。年金、原発、防衛、大相撲、政治家…。みんなウソばっか! なぜ各所で「偽装」が相次ぐのか? 本音と建前の間に生まれる「利権の構造」から、日本を蝕むガン細胞のありかを解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

勝谷 誠彦

略歴
〈勝谷誠彦〉1960年兵庫県生まれ。コラムニスト、写真家。雑誌記者を経て、フリー。コメンテーターとしても活躍。著書に「バカとの闘い」「イラク生残記」「電脳血風録」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

だれも信じることができない時代

2008/06/08 13:44

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者と大きく意見を異にする点がある。それは、公務員というか、特に官僚の扱いに関する点である。著者は、役人(公務員)が高給を得ていたり、住居などの面で厚遇されているというが、それは間違いである。高度経済成長以後、公務員の給与は同じ学歴・年齢で比べると民間よりかなり低い。キャリアは残業も一般企業よりはるかに多い。そのため、生涯賃金の帳尻合わせのために天下り制度が定着し、それがゆきすぎて現在に至っている。でなけでば、天下りが世の非難を浴びはじめた現在、東大卒の優秀な人材が外資系に持っていかれることことはないはずである。マスコミの誤った報道で勘違いされているが、『実は悲惨な公務員』山本直治(光文社新書)を読めば、多くの大卒は公務員にならなくてよかったと思うでしょう。
 
 著者が、天下りを非難するのであれば、つまり現在の官僚制を非難するのであれば、公務員の給与を上げ、退職後の不安を解消し、彼らが接待にも裏金にも負けず、本当の意味で職務(国益)に専念できる職場にしない限り、単なる机上の空論あるいは、理想論でしかない。国防等では理想論を排する著者がどうして官僚の問題にだけは、理想論を持ち込むのだろう。著者の略歴を見るとなんとなく分かるのですが、ここでは述べないでおきます。
 
 さて、本題に進むと、第一作ほどの衝撃はなかった。それは我々が次々と噴出する偽装に慣れっこになってしまったからだろう。食品、建材、治安に防衛などなど、数々偽装談合が見え隠れしているが、それぞれ本質的解決は違うところにあるのに、その実、ルーツは同じである。そして、それが日本社会を覆っている。一体誰を信じたらいいのか。
 
 食品偽装ひとつ取っても、一料理店から中小企業、そして大手まで、最後の一線を越えるような偽装である。日本人の倫理感の底が抜けてしまったとしか思えない。何でも一括りにするのは良くないとは思うが、現在の社会の中枢世代は団塊の世代ではないのか。若き日に直情的に振り回していた正義感はどこへ行ったのか。多くの闘士は転進(?)して、体制内改革を目指すのではなかったのか。また、尻拭いは後の世代にお任せなのか。
 
 著者は「マスコミについては、書いているとこれはもう、『偽装国家・全十巻』くらいになりそうなので、この壮大な絵巻の執筆は私のライフワークとして温存して」(p.110)と書いているが、温存してはいけない。そこが現代社会の要諦なのだから。でもメジャーな番組にも出演するようになった著者は、すでにマスコミに取り込まれていて、書けないのかもしれない。(なんとなくマスコミ批判は、取り上げられている話題が枝葉末節なものだし、甘く感じた。彼もマスコミの末席にいて糊口を凌いでいるからいたしかたないのか)そうでなければ、学者じゃないのだからリアルタイムで発表しない限り、社会を変える力にはならないし、葬り去られて日の目を見ないまま終わるだろう。
 
 第2章「子捨て&姥捨て国家日本」、第3章「暴かれたメディアの欺瞞」には、いくつか慧眼の意見がある。前作ほどの迫力はないが、この本を読んで、知るべきことを知って考え、生活を送ろう。
 
 最後に、私も相撲はスポーツではなく、宗教儀式として存続させる意見に賛成である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/02/02 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/11 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/04 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/01 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/28 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/08 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/04 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。