サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

しくじった皇帝たち(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.1
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/215p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-42399-3
文庫

紙の本

しくじった皇帝たち (ちくま文庫)

著者 高島 俊男 (著)

しくじった皇帝たち (ちくま文庫)

734(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本は薄いが内容は濃いぞ。でもやっぱりちょっと薄いかな…

2008/02/19 01:39

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バタシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は高島翁が数年ぶりに出した中国を題材に出した新刊である。筆者は高島翁の大ファンなので期待して発売日に購入したのだが、少々がっかりした点がいくつかある。

まず一点目。題名のとおり本書では中国における治世に失敗した皇帝を題材にした歴史評伝である。中国史上治世に失敗した皇帝には事欠かないが、なんと本書で扱われている皇帝はたったの二人である。二人でも「たち」には違いないが、「たち」というからには四人は紹介されているだろうと期待していた私には少々ショックだった。

二点目。本書に収められている二篇の文章は多少の手直しがされているものの、本書が初出の文章ではない。つまり別々の本に載っていたのを引っこ抜いて、お化粧を直して合体させたのが本書の正体なのである。多少の書き下ろし部分はあるが、すでに私のように出典元の文章を読んでいる人には新鮮さに欠けるし、おまけに一篇一篇の文章が比較的短いので、ちょっとボリューム不足である。著者の講談社から出ている「中国の大盗賊・完全版」を想像して本書を買った人は間違いなくがっかりするだろう。

三点目。文章の形が全後半で大分異なる。前半の煬帝を扱った篇は元々が高校生向けの学習誌に掲載されていたこともあって、かなり平易に書かれている。ところが後半の建文帝を扱った篇は「文學界」という文藝春秋から出ている小難しい雑誌が初出なので、煬帝の篇に比べて大分難しい。前半と後半で文体が違ってはいけないということはないが、大分ちぐはぐな印象を受ける。いかにもムリヤリ1冊にまとめたという感じだ。

では文章がつまらないというと、そんなことはない。いつもの高島翁の如く、縦横無尽に筆を走らせ、バッサバッサと巷間俗説を斬って捨てる。読んでいて爽快である。高島翁の著作は数多いが、やはりこの人は中国の歴史を書いた物が最も優れている。筆致は軽やか、文章も流れるが如く、まるで当世一代の講談師の話を聞いているかのように、読者を惚れ惚れとさせる。

それだけに本書の分量の少なさがいかにも残念である。せめてもう一人書き下ろしで南唐後主や宋の徽宗といった亡国の皇帝を書き足せなかったのかと思う。

正直この1冊ではどうにもボリューム不足である。しかし文章の質はいい。ぜひとも「中国の大盗賊・完全版」と合わせて読んで、高島翁の描く中国史の世界を堪能してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/28 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/17 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/28 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/21 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/31 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/19 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。