サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

ロジャー・マーガトロイドのしわざ (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

著者 ギルバート・アデア (著),松本 依子 (訳)

1935年、英国ダートムア。吹雪のため、人々はロジャー・フォークス大佐の邸に閉じ込められた。大佐、その妻と娘、ゴシップ記者、アメリカ人の青年、女流作家、牧師とその妻、女優...

もっと見る

ロジャー・マーガトロイドのしわざ (HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1935年、英国ダートムア。吹雪のため、人々はロジャー・フォークス大佐の邸に閉じ込められた。大佐、その妻と娘、ゴシップ記者、アメリカ人の青年、女流作家、牧師とその妻、女優、医師とその妻。やがてゴシップ記者が全員の秘密を握っていることを示唆し、彼への憎しみが募るなか、悲劇が起こる。密室状況で記者が殺害されたのだ。被害者のポケットには不可解なアルファベットが記された紙片が。やがてセイウチ髭のトラブショウ元警部が駆けつけ、大佐が重大な告白を始める。「私の本当の名はロジャー」…ミステリの枠を打ち破る超ミステリ、黄金期の本格ミステリへのオマージュ。【「BOOK」データベースの商品解説】

1935年、英国ダートムア。吹雪のため、人々はロジャー・フォークス大佐の邸に閉じ込められた。やがてゴシップ記者がその場にいた全員の秘密を握っていることを示唆し、彼への憎しみが募るなか、悲劇が起こる…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ギルバート・アデア

略歴
〈ギルバート・アデア〉1944年生まれ。イギリスの作家・批評家。著書に「作者の死」「閉じた本」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

A・クリスティへのオマージュ。

2009/02/11 23:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「閉じた本」のギルバート・アデアが、
早川のポケミスから出るときいてずーっと楽しみにしていました。

 舞台は、吹雪により外部との連絡手段が途絶えたロジャー・フォークス邸。
登場人物を一同に会し行われたパーティ。深夜を経て朝になってみると
密室の状態で、ゴシップ記者の死体が発見されます。
 なんとか、同じ街に住む元警部を邸に呼び、捜査が開始されるのですが、、、。

 この、下界と完全に隔てられた閉鎖状況での、密室殺人、そして、
殺された人物は、嫌われ者で、動機は殆ど全員が持っているという設定。
ミステリ好きには、ピーンと来ると思います。
そう、アガサ・クリスティが好んでよく使ったシュチュエーションなのです。
 これ、ミステリの女王、クリスティへのオマージュを込めたミステリなのです。

 巧妙な登場人物たちの描きわけ、一同集合もの、そして舞台は限定されている、、と。
しかも、クリスティ同様めちゃめちゃリーダブルで読みやすい!。
全く、完コピーと言っても過言ではありません。
 元警部が捜査を進めると思いきや、(実際は、そうなのですが)
なんとラストで探偵役をつとめ鮮やかな推理を披露するのは、、、、
ネタバレで書けませんが、ここにも、クリスティへの愛と言うか、オマージュが感じられます。
トリックも書き尽くされたといわれる、密室ネタとしては、充分。
又、本書、表題のマーガトロイドのネーミングから、その他にも、
普通に読んでいて気付くのは、数個ですが、
読者向けのサービスといいますか、隠されたネタが満載だとか。
ここまで、完コピーされると比較に意味でも、クリスティの作品をなにか読みたくなります。
 ギルバート・アデアは、ですね、前にも、「閉じた本」を書き、これも
地の文が一切ない、ホラーチックなミステリで、凝りに凝った作風でした。
なんか、ワン・メイク・ワン・アイデアみたいな感じの作家で日本で言うと、
ワン・メイク・ワン・アイデアの清水義範!?の短編を長編にした感じでしょうか?
(ちょっと違うか?)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殺されてもしかたのない男

2008/03/25 17:04

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

時は1935年。ミステリの黄金時代。
イギリスの田舎町ダートムアのはずれの屋敷。
吹雪に閉じ込められた人々。
時はクリスマス。
密室殺人。
思いっきり、本格ミステリコードに満ちた設定で
本格ミステリへのオマージュとなっています。

集まった人々は家主の大佐夫妻、
地元の医師夫妻、牧師夫妻、
ロンドンから女優と女流推理小説家。
そして大佐の一人娘と、そのボーイフレンドふたり。

閉ざされた屋根裏部屋で殺されたのは
悪態と侮辱を屋敷に集まった人々に
まき散らしたゴシップ誌の記者レイモンド。
誰もが「殺してやりたい」と心の中でつぶやくような嫌な奴です。

アガサ・クリスティの
「アクロイド殺し」(最近は「アクロイド殺人事件」)と似ている
というウワサを先に耳にしてしまい、やや考えすぎてしまいました。
「アクロイド殺し」を知らなくても全然大丈夫。
もちろん、「アクロイド殺し」へのリスペクト(?)であり
批判作品でもあります。

また、女流推理小説家に
「あたしが密室ものを手がけたことがないのを知っているはずよ。
 あれはジョン・ディクスン・カーに任せているの」
「どうだ参ったか、アガサ・クリスティ!」
と言わせていて、ミステリファンを爆笑へと誘います。
海外古典ミステリを読んでいれば読んでいるほど、楽しめます。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/05/04 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/22 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/07 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/19 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。