サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.1
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-29998-4

紙の本

自死という生き方 覚悟して逝った哲学者

著者 須原 一秀 (著)

晴朗で健全で、平常心で決行される自死がありうる。65歳の春、ひとつの「哲学的事業」として著者が決行した自死。そのために書かれた遺稿「新葉隠」と、浅羽通明による解説を収録す...

もっと見る

自死という生き方 覚悟して逝った哲学者

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

晴朗で健全で、平常心で決行される自死がありうる。65歳の春、ひとつの「哲学的事業」として著者が決行した自死。そのために書かれた遺稿「新葉隠」と、浅羽通明による解説を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

須原 一秀

略歴
〈須原一秀〉1940〜2006年。大阪生まれ。社会思想研究家。自身の哲学的事業として自死を遂げる。著書に「高学歴男性におくる弱腰矯正読本」「超越錯覚」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

著者に対して、山積する疑問。

2009/11/16 00:57

11人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:反形而上学者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書には興味はあったものの、どうしても読む気になれず、いわゆる「積読」状態で1年以上経ってしまい、その存在すら忘れていた頃になってたまたまダンボールの中から発見したので、読んでみた。
まず、私の読後の感想というのは、非常に複雑なものであった。故人である著者の言っていることが、何か「彼自身の言葉」でないような、奇妙な感覚が第一に生じたのだ。
果たしてこういう須原氏の行為は、須原氏が書いているように、ただ「死に時」がきたようだから、死んでしまおう。ついては死ぬまでの記録や思考でも残そうか。」というような、日常的な文章には、どうしても私には思えなかったのだ。
須原氏については、本書で書かれている以外のことも、独自に調べてみたが、そういう須原氏のプライバシーについては、やはりここに書くべきではないことなので、書くことはやめておく。
65歳という年齢は現代では決して「老い過ぎた」という年齢ではない。むしろ一般的な社会では、仕事も定年を迎えて、第二の人生にでも入ろう、という年齢だ。しかし、須原氏はごく普通に、「老人」であり、「人生をもう十分堪能した」ということを言っている。しかし、そういうことが、全体のトーンとは全く合っていないのをどうしても感じてしまう。
私が思うに、須原氏はやはり「絶望」していたのだと思う。そしてその「絶望感」は、彼の学者としての「探究心」も、「日常生活の楽しみ」もどんどん侵食して奪っていったに違いない。もちろん、そういうことを裏づけるようなことは、本書には一切書いてはいない。これはあくまでも私なりに感じ、調べた上での個人的な感想に過ぎない。
そして更に言えば、鬱病であっても、こうした緻密な記録を残して自殺した例というのは、実際問題としては、特に珍しいことではない。
私は須原氏が鬱病であったとまでは言わないが、やはり「人生に絶望していた」のだと考えている。
本書を読んだ読者は、ゆめゆめ「自殺という生き方」もあるのかとは、思って欲しくない。絶対にそれは違う。違うのだ・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自然死も悪くない

2008/12/06 22:54

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうどう - この投稿者のレビュー一覧を見る

2006年4月、65歳で自身の哲学的事業として自死を遂げた哲学者須原一秀の「遺書」。本書の中心部をなす「新葉隠」の中で、「死の能動的・積極的受容」によって人生の極みのうちに自ら死を選ぶ生き方を提唱する。
例として挙げられているのがソクラテス、三島由紀夫、伊丹十三である。彼らは、人生を十分に堪能した後に、老醜をさらす前に自ら死を選んで逝ったという。
『死ぬ瞬間』(読売新聞社)などの著書で有名な精神科医、聖女とも呼ばれたキューブラー・ロスは、40数年の間に数千人の最期を看取り、ターミナルケア(終末医療)の先駆者として知られる。彼女によれば、癌を告知された患者のほとんどは、否認、怒り、取り引き、抑鬱、受容という5つの段階を経て死を迎えるという。これが、死の受容に関する「五段階説」である。
癌患者に限らず、普通の人々の態度は自然死の受動的受容である。しかし、『人間らしい死に方』(ヌーランド著、河出文庫)によれば、自然死というものはかなりの苦痛を伴い、悲惨なものであるらしい。決して「眠るような老衰死」といった状態ではない。さらには、死に至るまでの長い期間、体が不自由になって他人の介護を受けたり、寝たきりの状態になって床ずれなどの苦しみを味わったりすることもあるだろう。人間の尊厳を保つことが困難な状況に陥るのである。それならば、頭もしっかりして元気なうちに自らの手で人生を終わらせたほうがよっぽどましなのではないだろうか、というのが著者の考え方だ。先ほどの受動的な「五段階説」に対して、「死の能動的ないし積極的な受容の理論」としての五段階説を唱える。それは、(自分自身の)高の認知、(第一・第二・第三人称の)死の体感知、主体性、キッカケ、行動ということになる。
自死を肯定した書としては山本常朝『葉隠』がある。武士道とは、「死にたがり」になることによって、武人にとっては窮屈な官僚的幕藩体制を生き抜こうとした思想である。常に死を覚悟することによって前向きに生きようという姿勢である。須原氏は、死の能動的受容を、武士道になぞらえて「老人道」と名づけている。人生をおおいに楽しんだ後に「意志的な死」を迎えようというのである。老衰と老醜を拒否する自殺の流行を予想し、それを受け入れるような社会の到来を望んでいる。『自死の日本史』(ちくま文芸文庫)の中で、モーリス・パンゲも、「自死」はますます許容される傾向にあると述べているという。

といった内容であるが、決して人に薦めたい書ではない。私は、やはり「受動的な自然死」を望む者である。いかに苦しくとも、その苦しみこそが生きている証だからだ。死んでからでは味わえないものだ、と思う。『臨死体験』(立花隆著、文藝春秋)によれば、死に臨んで人は混濁した意識の中でお花畑を見るという。そこを超えていった先が死の世界だ。幽体離脱も経験するとか。同書を読むと、死ぬ瞬間には快楽を感じる脳内物質を分泌して気持ちよくなっているのではないかと思えてくる。ひょっとすると自然死は苦しくないかも知れないのである。もっとも、その体験を語った人はこの世にいないのであるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/04 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/14 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/15 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/11 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 13:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/26 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/15 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/12 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/16 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/26 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/24 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/03 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/22 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。