サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 手紙屋 蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

手紙屋 蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 98件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

手紙屋 蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙

著者 喜多川 泰 (著)

何のために勉強するんだろう? 何のために大学に行くんだろう? 進路に悩む女子高生、和花が「手紙屋」から学んだ、勉強の本当の意味とその面白さとは。夢を語ることを忘れた若者が...

もっと見る

手紙屋 蛍雪篇 私の受験勉強を変えた十通の手紙

1,620(税込)

「手紙屋」蛍雪篇

1,296 (税込)

「手紙屋」蛍雪篇

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

何のために勉強するんだろう? 何のために大学に行くんだろう? 進路に悩む女子高生、和花が「手紙屋」から学んだ、勉強の本当の意味とその面白さとは。夢を語ることを忘れた若者が、再び夢を抱くようになるまでの物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

喜多川 泰

略歴
〈喜多川泰〉1970年東京都生まれ。東京学芸大学卒業後、横浜で学習塾聡明舎を創立。高校生を中心に英語を教える一方、自己啓発の研究を続ける。著書に「賢者の書」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー98件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

受験勉強のやる気スイッチ本!

2014/04/29 03:21

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

蛍雪編と聞いて、学習月刊雑誌「蛍雪時代」を思い出しました。
なんとも懐かしい響き、です。

主人公は高校二年生女子の和花、サブタイトルは私の受験勉強を変えた十通の手紙。
手紙のやりとりを通じて夢の実現を手助けするという謎の人物と文通を始めることになった和花、
そもそもこの文通を薦めたのは、車いす生活をしている兄でした。
兄もまたこの文通によって人生を大きく変えた一人だったのです…。

受験勉強に対して、焦りや不安だらけだった和花が
文通が進むにつれて、明らかに変化していきます。
それは受験勉強に対する心構えが変わったから。
そう、まさにこの本は受験勉強のやる気スイッチ本と言えそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

勉強したくなってくる本です

2015/11/06 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんぴつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

10通の手紙の中で、主人公の女の子が、
勉強に対する、考え方や、意欲が、変わって行くのと同時に、
読んでいる方も、変われる本だと思います。
話の内容は大学受験ですが、高校受験にも、
共通している部分があると思うので、受験を控えている
人には、とてもいい本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵な考え方だと思いました。

2015/03/29 15:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ勉強するのか、という疑問は、誰もが考えたことのあるものだと思います。そして、その問いに対して、いかにもな答えもまた、たくさんあると思います。この本も、その答えの内の一つを提示したものだと思いますが、より真摯に考え、わかりやすく伝えようと丁寧に推敲しているような、とても誠実な印象を受けました。いい発想の転換になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/04 00:36

投稿元:ブクログ

読み終わって、満足感が大きい割には、あーっと言う間、1時間もせずに読み終えてしまいました。誰とも知らない手紙屋さんとの往復書簡を経て、勉強について、自分の夢について考える女子高生の物語。自分自身を振り返って、勉強について、勉強に対する姿勢や考え方について考えさせられました。ゆとりを持った多忙を自認していましたが、まだまだ超甘いなぁ。

2009/05/04 11:27

投稿元:ブクログ

もう一つ「手紙屋」を最初に読みこちらも読んでみた。
大学進学するか就職するかで迷う女子高生と、手紙屋とのやりとり。

うーん、考えさせられる。。。

2011/05/13 16:39

投稿元:ブクログ

今回もためになったー。そして前回より前のお話。とてもステキ。実はこうなってたのかーってのがわかってより面白かった♪また就職活動編が読みたくなってしまった。手紙屋さん、わたしも実際にあったら利用したいなぁ~でも何をお返しすればいいのかな。11.05読了。

2008/04/27 17:32

投稿元:ブクログ

『勉強とは・・』
副題に惹かれ手に取る。

納得の一冊。
テクニック本を数冊読むよりも、この一冊を読んだ方が、どれだけ得られるものが多いことか☆

■勉強とは自分を/自分の人生をピカピカにするために、必須!
■一方、あくまでも道具であるということ!(目的ではない!)

『やらなきゃ、いけないこと』
      ↓
『やりたくて、しょうがないこと』

『熱中すること』

手紙屋さん、本当にありがとう。

2009/10/12 21:09

投稿元:ブクログ

受験勉強を通じて、何故勉強するのか。何故受験するのか。何がやりたいのか。
自分の子供が出来たら、読ませたい本です。

2010/07/15 19:33

投稿元:ブクログ

“それでも、やはり私は「勉強」という道具が、自分を磨く道具としては一番優れていると思うんです。
その理由を知るためには「勉強する」という言葉の意味を一度じっくりと考える必要があります。「勉強する」とは、どういうことなのか。これを別の言葉で説明してみると、こうなります。

『今までこの地球上に存在した人々が経験し、発見しては次の世代へと伝えてきたすばらしい知識や知恵を、今度は自分が受け継ぎ、自分のものにすること』”

こっちも良かった。
「勉強する」ということに今までとは違う別の考えを抱くことができる。

“このように、あらゆる場面で人に対する興味を持っていくというのは、私たちが生きていく上で本当に大切なことです。私たちは、人と関わらなければ生きていけない存在なのですから。
つまり、何も勉強に限った話ではなく、一人でも多くの人に興味を持って生きることは、自らの人生をすばらしくすることにつながるのです。
自分が興味のない教科を勉強の対象からはずすのではなく、せっかくの機会ですから、あらゆることに興味を持つ能力を鍛えるつもりで、それに関わる人に興味を持つようにしてみてください。
そうすれば、あなたの目の前にあるすべての教科が、人生を豊かにするきっかけを与えてくれるということに気がつくはずです。
本当ですよ。”

2010/03/21 00:15

投稿元:ブクログ

勉強とは、「自分を磨くため」と「人の役に立つため」に使う道具。これは、働くということにも言える。
将来の自分のため、人のためという目的わすれず、今からでも勉強していきたい。

2008/09/29 20:00

投稿元:ブクログ

就活編の手紙屋よりも、やや此方の方が内容が易しく挿絵付き。
ある意味就活編の手紙屋よりも、もっと深い考察が必要かなと思う。

2015/12/29 13:55

投稿元:ブクログ

何のために勉強するのか。何のために仕事をするのか。
もっと大きく言えば、何のために生きるのか。
聞いてしまえば「あぁそうか。」だけど、順を追って手紙を読み進めることで霧のように霞んでいた目の前が、スッキリと視界良好になりました。自分自身にはもちろん、これから勉強を始める人にも是非進めたい内容でした。

2008/12/12 15:30

投稿元:ブクログ

●主人公は、進路に悩む女子高生。

 ふとしたことから「手紙屋」さんと十通の手紙を交換することになり、

 この手紙を通して、「何のために勉強するのか」を自分なりに納得していく。

 続編に当たる『「手紙屋」〜僕の就職活動を変えた十通の手紙』には、就職に悩む主人公が登場。

 やはり「手紙屋」さんとのやりとりを通して、働くことの意味を考える。

 「手紙屋」さんの“正体”という謎解きの面白さもある。

 中・高生にはもちろん、大人にも読んでほしい。

2008/12/28 03:04

投稿元:ブクログ

「何のために勉強するのか」
「大学へ行くことの重要性とは」

シンプルで奥が深い質問を「手紙屋」に10通限りの文通を通じて真の意味を自分で切り開いていく

受験生初め学ぼうとする全ての人に読んで欲しい本
前2作も機会があれば読んでみたい

2012/06/16 17:05

投稿元:ブクログ

これから受験勉強をやる知り合いには読んでから、勉強してもらいたい。
そう思える本‼

学生時代を過ぎてかなりたったが、読んでみて、夢を語りたくなった。

勉強に意味をみいだせなかったり、はたらくことに意味をみいだせなかったり、いろんな方にすこし勇気をくれる本だと個人的に思います。

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む