サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エクサバイト
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 32件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.1
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873822-4
  • 国内送料無料

紙の本

エクサバイト

著者 服部 真澄 (著)

次世代メディア“ユニット”によって、一躍、時代の寵児となった映像プロデューサー・ナカジ。彼に持ちかけられた新ビジネスは、歴史を一変させてしまうような壮大なプロジェクトだっ...

もっと見る

エクサバイト

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

次世代メディア“ユニット”によって、一躍、時代の寵児となった映像プロデューサー・ナカジ。彼に持ちかけられた新ビジネスは、歴史を一変させてしまうような壮大なプロジェクトだった。だがそこには、恐るべき罠が待ち受けていた…。服部真澄の真骨頂、最先端情報小説の傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

次世代メディア「ユニット」によって、一躍、時代の寵児となった映像プロデューサー。彼に持ちかけられた新ビジネスは、歴史を一変させてしまうような壮大なプロジェクトだった。だがそこには、恐るべき罠が待ち受けていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

服部 真澄

略歴
〈服部真澄〉1961年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒。「龍の契り」でデビュー。「鷲の驕り」で吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に「最勝王」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー32件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

われわれの記憶は都合がいいもの

2008/10/04 15:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いけちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この小説は、非常に長く、退屈間のある小説である。しかし、すごくガツンとくる小説でもある。人の見たものを記憶できる装置である「ヴィジブルユニット」を中心に、映像技術と人の人生が浮く雑にからみあってくる。採集的には、ヴィジブルユニットの記録が、衝撃的な央児の母の事実を証明する。見たものを記憶できるのは、記録としては非常にいいものであるが、その分悪用されるおそれがあるが、何事にも事実であることが非常な手段である。われわれの日常が、いかに都合よく忘れがあるかということをすごく感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久しぶりに

2010/04/25 16:59

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうじ・1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白い作品を読ませてもらった。

人間(人生)の記憶を記録する。近未来SF。
実際はもう近くまで来ているのかもしれない。
最近でメジャーなものではマトリックスがこのような世界観を連想させられた。

果たして世の権力者や実権を握るような人々はその記憶を後世に残したがるのだろうか?
果たして人間はその記憶を全て記録されて生きていけるのだろうか?

今回はエクサバイト商檜がメインでストーリー展開されているが、このような場合
どこにそれを預けるかが重要になってくるのだろう。

表紙カバーも内容も素敵で考えさせられる一作でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/04/20 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/04 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/06 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/26 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/09 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/16 16:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/17 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/09 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/18 04:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る