サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2008/02/06
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/604p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-403315-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

黄金旅風 (小学館文庫)

著者 飯嶋 和一 (著)

江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、のちに史上最大の朱印船貿易家と呼...

もっと見る

黄金旅風 (小学館文庫)

税込 827 7pt

黄金旅風

税込 825 7pt

黄金旅風

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 7.0MB
Android EPUB 7.0MB
Win EPUB 7.0MB
Mac EPUB 7.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に、二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、のちに史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門(二代目末次平蔵)とその親友、内町火消組頭・平尾才介である。卓越した外交政治感覚と骨太の正義感で内外の脅威から長崎を守護し、人々に希望を与え続けた傑物たちの生涯を、三年の歳月をかけて、壮大なスケールで描いた熱き奔流のような一千枚!「飯嶋和一にハズレなし」と賞される歴史小説の巨人が描いた、一級の娯楽巨編。【「BOOK」データベースの商品解説】

江戸寛永年間、栄華を誇った海外貿易都市・長崎に二人の大馬鹿者が生まれた。「金屋町の放蕩息子」「平戸町の悪童」と並び称されたこの二人こそ、後に史上最大の朱印船貿易家と呼ばれた末次平左衛門と、その親友、内町火消組惣頭・平尾才介だった。代官であった平左衛門の父・末次平蔵の死をきっかけに、新たな内外の脅威が長崎を襲い始める。そのとき、卓越した政治感覚と強靱な正義感を持つかつての「大馬鹿者」二人が立ち上がった。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

時代を助けた逸材、傑物に会いに行こう

2011/01/21 07:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルルシマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

先日読んだ「始祖鳥記」が、ある一時代の日本国内の流通業(特に船舶)を背景にしたものに対して、この「黄金旅風」は、のちに鎖国へと進む前の日本の国際貿易と流通業の歴史がベースとなっています。
そして舞台は、当時の国際貿易の最大拠点・長崎。

そこで生まれ育った2人の男。
火消し組頭・平尾才介は、弟・荘次郎とともに日本人、唐人その他国籍問わず慕われたカリスマ火消し頭であり、義を通すための武勇伝も数ある男。
末次平左衛門は、すでに長崎で有力の貿易商・平蔵の嫡男。
二代目を継ぐまでは「放蕩息子」「不肖者」と呼ばれた、いわゆるやんちゃものでした。
その平左衛門が、父亡き後、代官職を継いで、長崎という町と住民の利益を最優先に考える良きリーダーへと成長していきます。

時は、3代将軍・家光の時代。
しかしまだ前将軍・秀忠が大御所として閣老たちに力を持っていた頃で、
大御所派と将軍派とが対立している時期でもありました。
その大御所派の権威を後ろ盾にした竹中豊後守が、長崎奉行に就任。
幕府に許可なく海外への渡航許可証を出したり、私税を課したり、強硬な切支丹弾圧と処刑など、大胆な悪行を行い始めたのです。



徳川幕府も3代目となると戦乱も無くなり、大名たちは私財を蓄える手段として、出世以外に目をつけたものとして、流通による利益でした。
当時は陸送は大規模な運搬が当てにならず、船舶による海上輸送が大きな利益を産む手段だったのでしょう。
港に出入りする物への課税、通行税、そして他国との貿易が利益を追求するもののターゲットでした。
庶民の身で財をなして大きな船を操る貿易商の船に、みな私財を投じて利ザヤを得るという流通業の発展が長崎を大きくしていったのでしょう。
そこで、日本の将来も民衆の平和と安泰も大きな視野に入れた、平左衛門たちの生きざまに心踊らされるのです。

飯嶋作品にいつも期待する、時代を助けた逸材、傑物たち。
ここでも大勢登場します。
才介と平左衛門はもちろん、
才介の弟・荘次郎、末次船の船大将・濱田彌兵衛、
竹中家中で唯一の慧眼・不破彦左衛門、
春日の局の二男で家光の側近・稲葉正勝、
鋳物師・平田真三郎・・等々

こういう男たちに出会うために、飯島作品を読むのだといっても過言ではありません。

そしてこの物語の3年ほどのちに勃発する島原の乱。

「黄金旅風」に続く「出星前夜」にもあの人がちらりと登場。
ああ、順番に読めばよかった、と少し後悔。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クセになる味・・

2008/03/16 12:43

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:巡遊伶人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうとう、飯嶋和一の世界に足を踏み入れた。
この作家の名前を知ったのは、どこかの書評欄で8年ほど前に「始祖鳥記」という作品が紹介されていたのが始まりだったか・・。書店で立ち読みをして、そのくどくどしい文体に思わず買うのをやめて帰ったような記憶がある。それ以来飯嶋作品は、たとえば「雷電本紀」など古本屋さんでみかけても、パスしてきた。

正直言って飯嶋作品は、きわめて読みづらい。
歴史小説の宿命として相当量の資料文献を基に書かれているのは分かるのだが、その資料文献が整理されることなく小説の中におきっぱなしになっている感がする。歴史小説の大家に共通する文章の流麗さにあえて逆らうかのように、ごつごつとしているのである。
 ただ、この作家はきっと、このごつごつ感で読ませる作家なのだろう。譬えはよくないが、灰汁のすっかり取れていないラーメンを食べたような・・。散々くさしてからいうのもなんだが、読み始めると、ふしぎに引きずりこまれてしまうのだ。関が原から30年ほどの長崎。日本が長いながい鎖国に向かうターニングポイント。稀代の海商の人生とそれを取り巻く人間模様・・。濱田彌兵衛という英傑、平尾才助という義侠、天才鋳物師平田真三郎。・・面白い。
雑然としているけどまた行きたくなるラーメン屋、といえば失礼だろうか。
読み終えた翌日、古本屋さんから、「始祖鳥記」「雷電本紀」を買ってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/20 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/02 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/31 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/08 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/10 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/27 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/20 09:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/26 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/18 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/12 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/30 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/30 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。