サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

機関銃の社会史(平凡社ライブラリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社ライブラリー
  • サイズ:16cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-582-76635-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

機関銃の社会史 (平凡社ライブラリー)

著者 ジョン・エリス (著),越智 道雄 (訳)

19世紀半ば、機関銃の登場により、過剰殺戮と呼べる概念が戦争に導入された。第一次世界大戦では、死者の80%が機関銃の犠牲者となった。近代の軍事技術の革新によって、人間の社...

もっと見る

機関銃の社会史 (平凡社ライブラリー)

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀半ば、機関銃の登場により、過剰殺戮と呼べる概念が戦争に導入された。第一次世界大戦では、死者の80%が機関銃の犠牲者となった。近代の軍事技術の革新によって、人間の社会はどのように変わっていったかを論じる。〔1993年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

貴族支配の崩壊と機関銃

2008/02/14 14:24

16人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

信じられないことだが、第一次大戦まで欧州では機関銃なんかより由緒正しい貴族様たちが騎乗された騎兵隊による突貫突撃こそが戦場の帰趨を制すると思われていた。貴族とはそこらの下民とは違う「万物の霊長類」であり、下民が操る機械に過ぎない機関銃なんかよりも数百年の麗しい血統を持つ、白人の貴族様がかもし出す敢闘精神の方が遙かに霊験あらたかである「はず」であり「べき」だったのだ。なぜなら、もし貴族といっても同じ人間であり、機関銃という新兵器の前では下民も貴族もかよわき同じ人間に過ぎないということになると、なぜそもそも貴族が士官として初めから威張りかえりサーベルを吊り下げて下民を命令する立場にあるのか、その正統性自体が揺らいでしまうからなのだった。だからドイツ軍が配備したマキスム重機関銃の前に英国やフランスの貴族様たちがバタバタなぎ倒されて、その凄まじい威力が前線から後方へと次々と寄せられても、それは機関銃の威力を示す貴重な報告ではなく、単に戦場を指揮した指揮官の精神のたるみ、敢闘精神の欠如として処理されていったのである。なんだか太平洋戦争当時の日本軍に似てるよね。

同じようなことは別の戦場でもあった。トルコのガリポリ上陸作戦がそれで、白人が万物の霊長でありトルコ人のような異教徒にして有色人種のようなサルに近い下等動物は、白人様が威風堂々の行進をしてくれば、恐れおののき恐怖に青ざめて算を乱して逃げ出すに決まっていると思い込んでいたのだ。だから海軍大臣ウィンストン・チャーチルは高をくくっていた。勝利を確信していた。ところがトルコ建国の父ケマルアタチュルク率いるトルコ軍はドイツのクルップから仕入れた大砲以下の兵器を備えて一歩も引かず、無謀なる上陸を敢行してきたバカなイギリス人やオーストラリア人を逆に十重二十重に包囲して圧倒殲滅してしまったのだった。

そうなのだ。人間と言うものは、その存立基盤の根本を否定されるような新事実を突きつけられると、自己の存在否定を意味する事実を素直には受け入れられず、その事実そのものを無視するようにプログラムされている存在なのである。企業で不祥事が起きた場合、その不祥事が大きければ大きいほど、担当の部課長はもちろん取締役までが、これを必死になって隠そうとするのも同じ理屈である。

人間というもののおろかさを学ぶ上で、本書は貴重なテキストである。

なお、その人体に与える影響がひどすぎるとして欧州では使用が禁止されたダムダム弾以下の兵器は、アフリカでは土人の反乱鎮圧用に容赦なく使用され、遺憾なくその効果を発揮したなどと書かれているところをみると、相変わらずなのだが、欧州人というものが持っている度し難い人種差別意識を思い出し、吐き気がするのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/28 08:06

投稿元:ブクログ

内容は、
・機関銃は金儲けのために作られて、発明家が頑張って売りさばいた。
・植民地で虐殺を行うのに使われた。
・軍人は頭が固いのでこの新しい武器を最初冷遇した。
・第一次大戦が起こりその死傷者の八割以上が機関銃による物だった。
という事。
頑張って書けば原稿用紙十枚程度に収まる。
水増ししすぎ。
この根拠になるような当時の人間の書いた文章の引用を何度も何度も行っている。

2013/01/06 16:42

投稿元:ブクログ

十九世紀半ばに開発された機関銃、この革新的兵器がいかに戦争の様態を、ひいては思考様式そのものをも変えてしまったかを示した一冊。

とにかく機関銃を前にした軍隊の頑迷固陋さが印象的です。歩兵や騎兵突撃と機関銃がぶつかりあえばどうなるかは明白。ですが当時の軍上層部がそれを全く理解出来ず、それどころか機関銃そのものを軽蔑し相手にもしなかったというのは信じがたいほどです。読んでいて思わず天を仰ぎたくなりました。

先人がいかに過ち、そして多大な犠牲を払ってようやく機関銃の価値を見出していく過程は示唆に富みます。この点だけでも読む価値はありましょう。価値観そのものをひっくり返しかねない技術を「あんなの大したことない」と鼻で笑うのは我々全てにありがちなことですから。

機関銃の歴史や植民地と機関銃の関わりについても多くを割いており、読み応えあり。機関銃という革新的な発明、ひいては技術そのものが社会に与えた影響がいかに甚大であるか実感できます。

科学技術が思考様式を、文化すらを変えるプロセスを追体験出来る一冊。お勧めです。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む