サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家を借りたくなったら
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: WAVE出版
  • サイズ:19cm/229p 図版16p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87290-338-6
  • 国内送料無料

紙の本

家を借りたくなったら

著者 長谷川 高 (著)

納得できる部屋暮らしは人生をパワーアップするいちばんの近道! 不動産コンサルタントである著者が、理想の家の探し方や、情報収集から敷金返還までの全てのノウハウを公開。賃貸用...

もっと見る

家を借りたくなったら

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

納得できる部屋暮らしは人生をパワーアップするいちばんの近道! 不動産コンサルタントである著者が、理想の家の探し方や、情報収集から敷金返還までの全てのノウハウを公開。賃貸用語集、引っ越し時のチェックリスト付き。〔「ずっと「引っ越したい」あなたへ」(2004年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長谷川 高

略歴
〈長谷川高〉1963年生まれ。東京都出身。立教大学経済学部卒業。デジタル不動産コンサルタントLTD.を設立、建築および不動産コンサルティング業務などを行う。不動産ジャーナリストとしても活動中。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店明石店

三月四月は、新生活を...

ジュンク堂書店明石店さん

三月四月は、新生活を始める!という方も多いのではないでしょうか。
賃貸派の皆様に、この本がおススメです。

意外に少ない賃貸ノウハウ本。購入本は多いのですが……。
不動産屋さんを選ぶ時のコツから、どんな日に訪れた方がいいのか、どんな準備をして行けばいいのか。
また実際の部屋を見る時のチェックポイントなどなど。

なるほど、そんな事が大事なのね!という目から鱗な情報いっぱいです。
ただ一点、発行されたのが2008年とちょっと年月が経っていてしまい、最新の状況とは言い難いかも……という欠点はありますが。
しかし内見する時に気を付けたいことなどは、そうそう変わるものではありませんし、十分参考になるかと!
私もこの本を熟読して、部屋借りました。

明石店 社会担当

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

わかりやすく参考になる

2015/02/25 01:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:blythe - この投稿者のレビュー一覧を見る

発行が2008年なので、情報が多少古いかと思う点もあるが
素人ではわかりにくかったり、気づきにくい点が書かれていて
引っ越しを考える際には参考になると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

参考にはなりましたが・・・

2014/04/12 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さかきぽんたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

家を借りなければならないハメになったので、参考にさせていただきました。住処を借りるまでのひと時を楽しむことができました。特に、引っ越し前後にしなければならないこととかは参考になりました。結局不動産屋さんを通すのが自分の性に合わなかったので、そのへんのところは関係なくなりましたけれども。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

の時、これを読んでいたら・・・。

2010/07/29 23:15

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:marekuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者による前作
家を買いたくなったら
が良書だったので本書も買い求めました。

本書においても著者の語り口は非常に穏やかで
安心して読み進める事が出来ます。

基本的な事はしっかりと網羅されており
かつ丁寧に解説されていますが
「○○しなさい」や「○○すべき」といった
断定的な表現はほとんど見られず、むしろ
「○○と言われているが○○という選択肢もある」
的な書き方をされています。



以下、目次
**********************************************
第1章 「部屋探し」を始める前に
第2章 不動産屋さんを訪ねてみよう
第3章 内見・下見のチェックポイント
第4章 こだわり派の賃貸物件
第5章 契約を交わす
第6章 住みはじめてからの注意点
第7章 退室にまつわる法律知識
※詳細略
**********************************************

以上のように
部屋探し~入居~退室
までの一連の流れが網羅されています。

各章ごとに大切なポイントが網羅されており
普通に家を借りる分には、特定の場合を除いて
本書一冊で事足りるのではないでしょうか?

上記の特定の場合というのは、いわゆる退去時の
トラブル等が該当すると思います。

その点に関しても本書で触れられていますが
よほどトラブルがこじれた時は他書、あるいは
専門家を頼った方が無難だとは思います。

個人的な話で申し訳ありませんが
以前に住んでいた賃貸マンションの退去時に
大家と、いわゆる現状回復に関してトラブルになった
事があります。

専門家ではないので、断定は避けたいのですが
いわゆる現状回復義務というのに経年劣化の分は
含まれないはずなのですが、トラブルになった際に
大家の言い分としては
「人様の物を使って汚したら新品で返すのが道理だ」
と言いフルリフォーム分の代金を請求してきました。
1Rとはいえ、水周りを含めたフルリフォーム分の
代金は結構な額であり面食らったのを記憶しています。

当時、大学を出たてで若かったのですが
なんだかものすごい違和感を感じて、色々と手を尽くして
情報を集め、宅建協会、その他相談機関などにも出向き
とっても怖い人相の不動産屋さん(兼管理会社)と
これまたとっても怖い人相の大家さんを相手に話し合いを
続けめでたく(?)1円も払うことなく退去できました。

あの時の胃の痛くなるような日々はなんだったのか・・・。

結果的には良い経験になったと思うようにしているのですが
あの時に、あるいは家を借りる前に本書を読んでいたら
(だいぶ昔なのでまだ発売してませんが)
事はかなりスムーズだったろうなと思います。

今時の不動産屋さんや大家さんを相手に評者のような
経験をする人も少ないとは思いますが・・・。
転ばぬ先の杖とも言いますので、賃貸住宅に住んでいるけど
詳しいことは全く知らないという人や
これから家を借りようとしている人におすすめしたい
一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とても参考になりました。

2009/04/24 17:25

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dekositi - この投稿者のレビュー一覧を見る

この春に初めて実家を出て家を借りることになりました。
見知らぬ土地に住むにあたり最初にお付き合いするのがその土地の不動産屋さんだと思います。
知人などに不動産屋さんがいない人にとって、不動産屋さんは案外敷居の高いところだと思います(私だけかな…)。
どういう風に相談すればよいのかとか、どういう付き合いをしていけば良いのかがわからないとか、なんかだまされるんじゃないかとか、そんなネガティブな感覚しかないところで本書に出会いました。
本書のお陰で、不動産屋さんとの付き合い方、物件の見方、契約までの流れや注意点などなど、事前にイメージすることができ、そして無事に納得のゆく契約をすることが出来ました。
初めて不動産屋さんと付き合う人にとって良書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/16 00:57

投稿元:ブクログ

家を借りるためのポイントがわかりやすく説明されている。
特に初めて家を借りようとしている人や、これから引っ越そうと思っている人はぜひ。
特に、「内見するときは車で移動せずに、歩いて周辺環境を確認しなさい」というメッセージは当たり前なのだけれど、つい不動産屋さんに促されるままに車に乗ってしまいそうなときにブレーキを掛けてくれる。

2008/12/06 23:34

投稿元:ブクログ

今日家を決めてきました。その予習として読んだ一冊。記念すべきフォトリ1冊目でもあります(笑)内容はまぁ,それほど新しいことはない。なんだかんだで既に5回も自分で部屋探してるからねぇ。元付/客付という言葉自体は初めて知りましたが。借地借家法の話とか,法律的にそういう説明で良いのかと思うところは無きにしも非ずですが,初めて部屋を探す人が目を通す本としては良くできています。そうそう,すぐに使う知識を吸収するという場面ではフォトリが威力を発揮しますね。あんまり運が良いとは言えない僕だけど,部屋探しは最初の1回以外当たりに恵まれてます。今回は,職場に近くてちょっと安い普通のマンションと,職場から遠くて高いけどお洒落なデザイナーズマンションで迷っていたのですが,最後の最後に近いところと大体同じ値段で,高いところと同じ距離の物件が出てきてラッキーでした。この本でも言われてますが,理想の部屋はきっとあると信じ続けることが大切ですね。何か日記風になってきたのでこの辺で(汗

2012/07/16 08:20

投稿元:ブクログ

部屋探しの前の不動産屋探しから、契約手続きや更新時・退室時の注意点まで細かいノウハウまで書かれた本。

理想的なこと、当たり前のことが多いけど、部屋探しの際に、再認識できたのはよかったな。

2011/03/18 23:58

投稿元:ブクログ

これから初めて家を借りようとしている。
家選びにあたって知識は多いに越したことはないと思い購入。

借家を取り巻く環境に始まり、家探し、契約、更新、解約まで各場面での様々なノウハウがコンパクトに分かりやすくまとまっている。必要と思われるポイントを押さえているだけでなく、「そこまでは思い至らなかった!」と思うような記述も多く、現時点では良書と判断できる。
更新、解約についての記述もあるので、部屋に入居してからも本棚に置いておきたい本である。

これから部屋選びを実際に行なった時点で、再度評価を見直したい。

2008/04/21 18:19

投稿元:ブクログ

2008/4
タイトルのとおり、家を借りたくなった人が読めばいい本。不動産の賃貸に関わるノウハウやトリビア的なことが盛り込まれている。ただそれだけといってしまえばそれだけの一冊。

2012/03/25 20:34

投稿元:ブクログ

筆者は今の時代、理想の部屋探しができると言っている。
それは、完全に住宅市場が飽和しているからである・・・と。

少しの労力と手間をかければ、個人で満足できる部屋を探すことができると書いてあった。

複数の不動産屋をまわりましょう。ですとか、
まあなるほどな、と思う内容しきりである。

2011/06/05 22:37

投稿元:ブクログ

【No.81】「人生はサイクルを描く。今、人生がうまく回転していない人、自分の状況がうまくいっていない人も、必要以上に悲観にくれる必要はない。じっと努力して凌いでいれば、必ずいつか上昇していく。だから腐って自暴自棄になる必要はないし、諦める必要もない。だたし、少しずつの日々の努力は必要。毎日1センチでも5ミリでも、前に出る努力や勉強をしていれば良い。近い将来、必ず上向いてくる」

2009/12/04 01:51

投稿元:ブクログ

今は家の売り手市場!だから、あなたの住みたい家はきっと見つかる!

ということを教えてくれる本。
不動産屋の回り方から、だまされない方法、
敷金の取り戻し方まで。

不動産屋さんからすると、読まれたくない本だと思う。

2010/01/10 09:59

投稿元:ブクログ

『家を買いたくなったら』を読んで良かったので、
こちらも購入。

買うほうでは夢と地味な目標を手に入れて、
こちらでは現実的な知恵を手に入れた。

まだ家を借りる予定はないのに、
読んでいてとても楽しかった。
読み物としても◎

2008/12/12 05:33

投稿元:ブクログ


さて、来年度から東京に引っ越す予定の私ですが
不動産を一人で探すのは実は初めてなのです。
高校生の時は親に手伝ってもらったので。

そこで、知識を入れようと思い、マニュアル本を
読んでみました。

不動産屋を選ぶ時のポイント
良く分からない不動産関連の言葉に関する説明
内覧時のチェックポイント
退去時のポイント
などが書いてあり
結構役に立つものでした。

希望としては、チェックリストか何か付けておいてくれると
もっと良かったのではないかなと思います。

この本を読みながらふと思ったのが
賃貸契約を結ぼうとすると、大家さんと不動産会社に
よって審査があるとの事でした。

へー。と思いつつも
どうやって判断してるんだろうと不思議に思い
調べてみると、基本的に年収、人柄などで
決まっているそうです。
いやー、結構適当ですよね。
人柄なんて完全に定性的だし。

住宅賃貸信用協会みたいの作って
一元管理した方が安全だと思うんだけどなと
思ってしまいます。

もっと、言ってしまうと信販会社に手数料を
抜かれるとは思いますが、クレジット会社を
経由して契約させる事で、クレジットカードの
情報を審査の項目として使う事が出来るから
良いのではないのでしょうか?

って、考え付きながら、まぁこんな商品実際に
かなり前から存在してるんだけどね。
って事を思い出しました。
積和不動産では基本的にクレジット会社じゃなかったっけな?

まぁ、信用情報は大切ですよね。って事です。

2009/01/15 00:39

投稿元:ブクログ

引っ越し前にと、六本木のツタヤにて購入。
まずは形からってね(笑)
内容はいたって基本的。ただし、引っ越し初体験の私にとっては格好の入門書でした。
いい家を探したいモチベーションもあがりましたし☆
問題は探す時間とお金だね・・・。

住宅購入・リフォーム ランキング

住宅購入・リフォームのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む