サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-53520-3
新書

紙の本

アコギなのかリッパなのか (Jノベル・コレクション 佐倉聖の事件簿)

著者 畠中 恵 (著)

佐倉聖は21歳の大学生。腹違いの弟を養うため、元大物国会議員・大堂剛の事務所で事務員として働いている。ここに持ち込まれるのは、大堂の弟子にあたる議員からの様々な陳情や難題...

もっと見る

アコギなのかリッパなのか (Jノベル・コレクション 佐倉聖の事件簿)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

佐倉聖は21歳の大学生。腹違いの弟を養うため、元大物国会議員・大堂剛の事務所で事務員として働いている。ここに持ち込まれるのは、大堂の弟子にあたる議員からの様々な陳情や難題。飼い猫の毛の色が変わる謎、後援会幹部殴打事件の始末、宗教団体に入信した秘書が寄進した絵画の奪還…といった厄介ごとに関わった聖は、元不良の負けん気と機転の利く頭脳で、センセイ方顔負けの解決を成しとげるのだった。代議士にため口きいちゃう事務員が難問・奇問・珍事件を見事に解決。『しゃばけ』の著者が贈る現代ミステリーシリーズ第1弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

後援会幹部殴打事件の始末、宗教団体に入信した秘書が寄進した絵画の奪還…。代議士にため口きいちゃう事務員が難問・奇問・珍事件にセンセイ方顔負けの解決を成しとげる! 現代ミステリーシリーズ第1弾。〔2006年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

政治家事務所の一日 5−17
五色の猫 19−66
白い背広 67−106

著者紹介

畠中 恵

略歴
〈畠中恵〉1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学卒。「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し小説家デビュー。ほかの著書に「つくもがみ貸します」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

謎解きでもなく、風刺でもなく

2012/04/08 16:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからは見えにくいですが、元大物政治家・大堂事務所で働く事務員・佐倉聖が降りかかる難問、謎を解く...という内容です。「政治家」に対して一般の多くの人が持っているであろうイメージそのままの「事務所」の世界ですが、世の中の裏表両面の社会を操る「特殊な人種」である政治家であるけれども、実は「頼り」にされている部分や、役に立っている部分もある、っていうことを少しだけ感じさせてくれるストーリーにもなっています(実に「自然に」、実は頼れる人たちかも?って思わせます)。
でてくる「事件」に対する、主人公・聖の「謎解き」については、推理小説におけるそれとは異なります。ヒントを与えられるわけでもなく、読者はほぼそれを解くすべは与えられません。あくまで「読み物」としての謎解きにとどまります。政治家の事務所が舞台で、選挙や陳情、そして「世襲」という、実際の世界では問題点と取り上げられがちな部分を、「当事者側」からの視点で書かれています。我々は一般の目を持っている(と自覚している」事務員・聖の目を通してみますが、一般の生活者との視点のずれを暗に指摘しながらも、そんなに深刻な問題点ではなく、実は政治家もちゃんとしている人はちゃんと仕事をしている、的なまとまり方ですね。「ちゃんとしている」ことを正面から伝えると、イヤラシク、またはウソクサクなりますが、このような「間接的な」伝わり方の方がよいというこですねー。
著者は、時代モノ(妖怪モノ?)で著名な方なようで、現代ものはあまり著作がないようです。自分は時代モノを未読なんですが、これだけを読むと、少々欲求不満な感じです。キャラクターは個性的で魅力はあるのですが(政治家の世界だけに余計に「濃い」場合が多い)、ササッテくるものがない、というか...次は著者の「得意分野」にしてみようか。
読み終えてから、読む前にはよくわからなかったタイトルの意味がほんわかと伝わってくる感じでした。そんな爽やかさは残ります。短時間で読めえうライトな読み物としてはいいかもしれませんね。

【ことば】 誰もが己の利になることを欲している。都合の悪いことを言われると、途端に聞こえなくなる耳を皆もっている。厳しい顔を向けてくる。

政治家が直面する課題。政治家のレベル云々を評論家のごとき批判する一般市民も、「自己都合」で動いているのかもしれない。そんな人たちに、必要なことを伝え、聞くこともする。これが政治家の最も重要な仕事かも。世論に迎合して政権、官僚側の批判するような政治家は、ホンモノではない、てことかもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/22 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/24 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/27 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/15 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/07 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/25 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/24 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/30 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/22 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/21 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/03 22:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/02 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/09 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。