サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

高校で教わりたかった化学
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:21cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-535-60030-0

紙の本

高校で教わりたかった化学 (大人のための科学)

著者 渡辺 正 (著),北條 博彦 (著)

安定な元素はいくつ? 原子はなぜつながりあう? モルとは何か? 熱と温度はどう違う? 化学反応はどのように進むのか? 高校で学びたい化学の内容を独自の視点で選び、身近なも...

もっと見る

高校で教わりたかった化学 (大人のための科学)

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

安定な元素はいくつ? 原子はなぜつながりあう? モルとは何か? 熱と温度はどう違う? 化学反応はどのように進むのか? 高校で学びたい化学の内容を独自の視点で選び、身近なものとの関わりを含め、やさしく解説。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

高校生の頃、化学で苦...

ジュンク堂書店新潟店さん

高校生の頃、化学で苦労された方は少なくないだろう。暗記科目と諦め必死に覚え実験の楽しさと成績が比例しないもどかしさ…厄介な教科の一つである。
本書は「なぜそうなるのか」「原因は何か」という理論をベースに高校化学の内容を再編集。暗記重視の教科書や参考書と異なる展開は新鮮だ。昔授業で聞いた知識を思い出せればしめたもの。化学は身近で楽しいものだと再認識できる。
著者も「むずかしそうな箇所は飛ばし読みしてかまいません(まえがきより)」と、あくまで楽しむことに重きを置く。
「液体の水は体積の60%近くまでが真空(序章)」と身近な物質に潜む事実を紹介したり、単位「mol(モル)」について丁寧に解説を加えたりと「化学アレルギー」を解く工夫が随所に見られる。
個人的には8章から10章の化学反応の話に納得。なぜ化学反応の定番は「燃焼」なのか。水素と酸素を燃やすとなぜ水ができるのか。裏付けを示すことで知的欲求を刺激され、読み進むモチベーションが湧いてくる。
時々文中に出てくる高校の化学教育や教科書内容に対するコメントを読むだけでも化学に対する意識は変わるはず。
化学に苦い思いがある方にこそご一読を。
理工書担当 杉山

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

化学常識の別の1面も見せてくれる所も

2015/10/09 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうしろうの父 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと、化学を斜に見た小ネタ集的なところがあります。ここは好みの分かれるところ。一応、私は好意的に受け取っています。こういう本も手に取ることもよいのではないかという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/03/02 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

化学 ランキング

化学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。