サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人形寫眞文庫 木本黒陽
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: 平安工房
  • サイズ:21cm/56p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-902817-04-1
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

人形寫眞文庫 木本黒陽

著者 木本 黒陽 (著)

さあ、この暗いトンネルを私と一緒に抜けて−。人形作家・木本黒陽の人形世界を凝縮。初期作品から現在まで、木本黒陽の手と心とが紡ぎあげた人形たちを収載する。【「TRC MAR...

もっと見る

人形寫眞文庫 木本黒陽

2,376(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さあ、この暗いトンネルを私と一緒に抜けて−。人形作家・木本黒陽の人形世界を凝縮。初期作品から現在まで、木本黒陽の手と心とが紡ぎあげた人形たちを収載する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人形という自由

2008/05/17 16:02

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏至南風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家自身が写真を撮り、作家自身が自作について語る、ファンには嬉しい一冊でした。
作品を見て、そこから勝手に作者像を捏造していましたが、この本を通してようやく生身の
木本黒陽さんの心にすこしだけですが触れた感じがしました。
編集も木本さんの世界や木本さんの作る人形の気配にぴったりで、宝物のようにいとおしい
本になりました。
ソフトカバーの本ですが紙がしっかりしていて高級感があります。
手ざわりがとにかく良いんです。
親密な感じ・・・がします。
本を開き、それを閉じるまでの時間、木本黒陽さんの作品世界を浮遊するのが大好きです。
木本黒陽さんの作る球体関節人形を都内某所で先日、はじめて間近にしました。
この本の巻末にある作品データで、人形のだいたいの大きさは理解していたつもりでしたが、
実際に目の前にする人形はそれよりもずっと大きく見えました。
関節に施された球体が誇張された四肢を繋ぎ、そうして身を横たえる人形のあまりにはっきり
とした存在感に揺さぶられる思いでした。
本の中で息づき、本を見た私の心の中に住みはじめた人形は、どなたかの家の中でひっそりと
存在しているのだなと思うとほんとうに不思議な気がしました。
強烈にデフォルメされた姿をしているのに、とても生々しくもあって、その絶妙さに目と心を
すっかり奪われました。
何もない所からこの姿を生み出す苦しみと喜びを、木本さんが本の中で軽く触れていたのを思
いだしました。
見に行った人形はすでに売約済みになっていました。
この人形と暮らし、この人形に見つめられる日々は、本を通して垣間見るものとはまた違うの
だろうと思いますが、どちらも魅力的なことは違いないと確信しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人形というもの

2008/03/23 10:11

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いわきり - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は球体関節人形作家の木本黒陽の初期作品から07年度末に発表された最新作までを、作家自らのカメラと言葉で編した1冊である。
木本の人形はどれも石塑粘土を使った1点もの。売れてしまえば買いあげた持ち主以外は見ることのできない、ごく個人的なものになってしまう。
なので今回のように、すでに作家の元を離れてしまった人形作品を、レゾネのようにすべて網羅してくれるのは、見る者にとってはとてもありがたい事と思う。
この本は洋美術書を模したような作りであり、ブックカバーはない。いわゆるソフトカバーでいながら、手にとったときの実存感を味わうに十分な重厚さの紙を贅沢に使っている。
ささやかな高級感とややもって少女趣味がかった装丁とに彩られ、木本の蟲惑的な人形世界が展開されていくのだ。
木本の人形は全身の表現としての模索を軸に、1作ごと精度・練度を増していく。
斬新さはない。王道を窮めていると見てもいい。そこが、素晴らしい。
過剰なフリルも、ともすれば胸やけしてしまう陶酔もなく、淡々と作品と向き合える、そんな本に仕上がっていた。
本書はシリーズ物として続刊していくとのアナウンスがある。
次回はどんな作品と出会わせてくれるのか、今からとても楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する