サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エミール 改版 上(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日不明
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/523p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-336221-7
文庫

紙の本

エミール 改版 上 (岩波文庫)

著者 ルソー (著),今野 一雄 (訳)

エミール 改版 上 (岩波文庫)

1,188(税込)

エミール 上

1,080 (税込)

エミール 上

ポイント :10pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 2.1MB 無制限
Android XMDF 2.1MB 無制限
Win XMDF 2.1MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ルソーの教育哲学がよくわかる!教育学の傑作古典!

2016/03/08 08:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、ルソーの教育論を小説、物語という形で書かれた傑作です。ルソーは教育において自由放任主義を主張し、その哲学のもとでエミールを育てていきます。これは立派な教育書なのですが、この当時は、「物語」として描いていくのが一般的でした。その意味で、この教育書は、一人の人間であるエミールの成長記録としての小説のような感覚で読めます。これは教育史における傑作中の傑作です。ぜひ、教育に興味のある方はご一読ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自然に帰れ

2003/05/25 18:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルソーは、18世紀のフランスの思想家である。その「自然に帰れ」という根本思想は、私の理想とする考えであり、ルソーの思想を完全に理解していると言えないものの敬愛する思想家の一人である。というもののルソーの著作は、「人間不平等起源論」一冊しか読んだ事がなく、偉そうな事は言えない。本書は、ルソーの思想の集大成という評判を見て、読みたくなった次第である。
 本書は、エミールという孤児に対する教育を通じて、人間のあるべき姿、思考、行動を律した教育に形を変えた思想書である。エミールという人間の生を受けてから、結婚までの教育論で綴られている。上巻では、エミールの15歳までの記述である。
 まず、「序」において本書のありようを述べる。すなわち、決して思想を押しつけるものでは無く、自分の確信する考えを綴ったものであると。こういう考え方は好きである。誰とでも対話においては、自分の考えを述べているのであるが、それを相手に押し付けようとする人がいる。そうでは無く、あくまでも自分の考えを述べているという立場でいる事が大切だと思う。
 「生きる事」とは、呼吸する事では無い。活動する事だ。私達の器官、感官、能力を、私達に存在感をあたえる体のあらゆる部分を用いる事だ。戦後の日本の思想では、「生きる」事を絶対的是として教育を受けている。では、「生きる」とは、どういう意味か?という教育が為されていない。ここでは、その意味を述べている。
 「都市は人類の堕落の淵だ」と述べる。「堕落から甦らせるのは、常に田舎だ。」とも述べる。すなわち、都市は、人知の結集の場所、田舎は自然溢れる場所である。私も常々、自然から力を貰っている。私の実体験からもこれは正しいと思う。しかし、都市という人知の結集にも私は希望を見出す。人類の善の可能性を信じているからだ。
 「本当の幸福への道はどこにあるか?」それは、欲望を減らす事ではなく、能力に等しい欲望を持つ事だとする。自然は、本来、そういう姿に人間を作っている。自然の人間の姿に想像力という余計、しかし、人間の根幹のものが間違った方向に働いた時、不幸は、近づいてくる。
 「自由」の本質についても述べる。ほんとうに自由な人間は自分が出来る事だけを欲し、自分の気に入ったことをする。この事を、全く良く理解出来る。私は、本当の「自由」を理解し、実践してると思う。
 我が国において、早くから子供に英語を教育しようという風潮が見られる。それはある意味正しい事であろうが、ルソーは「国語は一つである。」と言っている。たとえ、何カ国語を話そうが、頭の中では、一つの国語が支配している。これもまた正しい考えだと思う。大切なのは、充分な思考が可能なだけの一つの国語を自分のものにする事だと思う。バイリンガルは、その次に重要な事と思う次第である。
 「判断する事」これを止めれば、失敗をする事は無い。しかし、これを止める事は、「学ぶ事」を止める事である。すなわち、人間である事を止める事である。私は、私に課せられた「判断」は、リスクを覚悟の上で、きっちりこなして行きたい。
 エミールは、わずかの知識しか持たない。しかし。大切な事は、知識を獲得する能力において、普遍的な精神を持っている事である。私もエンジニアでありながら仕事において知識不足を痛感する。しかし、不足している知識を吸収する普遍的能力は有していると思っている。これは、私の誇れることである。
 「エミール」は教育の書と言われるものの、その内容は多岐に渡っている。dog earを付した箇所を列挙して、私の考えを記したが、なかなか深い内容の書である事が、上巻を読んだだけで分かる。これから中巻、下巻といよいよ、人間が人間として社会との係りを含めて本質を問われる年代の教育が述べられる。これから読み進むのが楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/14 00:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/14 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/07 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/02 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/20 10:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 15:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/22 07:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/05 05:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/10 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/08 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/02 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る