サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

主題歌
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-214215-1

紙の本

主題歌

著者 柴崎 友香 (著)

ただ、かわいい女の子やきれいな女優を見ていると、それだけで幸せな気持ちになるし、そのことについて話すのが楽しい。「女子好き」な女性たちのみずみずしい日常の物語。【「BOO...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ただ、かわいい女の子やきれいな女優を見ていると、それだけで幸せな気持ちになるし、そのことについて話すのが楽しい。「女子好き」な女性たちのみずみずしい日常の物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

ただ、かわいい女の子やきれいな女優を見ていると、それだけで幸せな気持ちになるし、そのことについて話すのが楽しい−。「女子好き」な女性たちのみずみずしい日常を描いた表題作のほか、「六十の半分」など全3編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

主題歌 5−135
六十の半分 137−160
ブルー、イエロー、オレンジ、オレンジ、レッド 161−189

著者紹介

柴崎 友香

略歴
〈柴崎友香〉1973年大阪生まれ。「きょうのできごと」でデビュー。他の著書に「次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?」「その街の今は」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

あとで思い出すのはこんな日常だ。

2008/05/11 19:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オクヤマメグミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の世界は少しざわざわした雑踏の中にまるで自分も存在しているかのような錯覚を覚えてしまう。
ヤキトリの屋台で、ライブ会場で、ランチタイムのイタリアンの店で。
俯瞰のような一体感。そんなものがあると思った。
物語は主人公・実加の目線で描かれるが、同時進行で他の登場人物の気持ちも覗くことが出来る。
登場人物は多いのに圧迫感がない。混乱もしない。
さらりと読めてしまう。
実加が企画した『女の子カフェ』の場面は秀逸。
一部屋に入れ替わり立ち代わり女の子が登場する雑多な感じが伝わってくる。他愛のないお喋り。だらだらと流れる不思議な時間。
決め台詞はないけれど、ふとした時に思い出すのはこんな場面で耳にした何気ない会話のひとつかもしれない。
同時収録の2話も群像劇だ。
『ブルー、イエロー、オレンジ、オレンジ、レッド』のタイトルを見た時、思わず『きょうのできごと』を見直してしまったがよーく見たら色の配列が違っていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この歌がここで歌われたことは消えてしまわない

2008/08/02 17:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よし - この投稿者のレビュー一覧を見る

何てことはない、日常の女の子の会話が実に上手い。だからこそ、今この一瞬が実にいきいきと輝いて、愛しい。この一瞬、時間を大切にしなくてはと思えてくる作品です。ここに登場する女の子は、全員一生懸命、生きているんです。

友人の結婚式で聞いた歌の場面では、「この歌がここで歌われたことは消えてしまわない」と、主人公実加は感動します。
どんな有名な歌より、創作されても気持ちがこもった歌に勝るものはない。歌だけではなく、誰にもあった、何でもない、あの時、あの季節、あの一瞬が何と輝いていたことか。
日常を切り取る手腕は並大抵ではないですね。そして、大阪弁が実にいきいきさを強調しています。

実加が好きな、松坂慶子の「愛の水中花」が実に懐かしく、当時の綺麗さといったらなかった。とっても、懐かしくなりました。こんなところもなぜか、嬉しくなってしまう。
女の子が、かわいい女の子を見る目って、こんなのでしょうかね。男性からは少し不思議な感覚。「だって、かわいいから」と話す実加たちの会話に、少しびっくりしました。
そうそう、男性誌「プレイボーイ」日本版を見ている実加にも、びっくり。しかし、バーバレラみたいな服装って一体なんなのですか。すごい映画(笑)みたいですが。

女の子カフェでの会話も楽しく、これが女の子達なんだなと思いました。ちょこちょこっと顔を出す、洋治君が可愛いですね。
あと2編のことを書いていませんが、とっても印象的な作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/15 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/03 01:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/16 23:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/31 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/05 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/24 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/05 03:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/01 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/18 01:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/13 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/19 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/16 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。