サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 自衛隊の国際貢献は憲法九条で 国連平和維持軍を統括した男の結論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自衛隊の国際貢献は憲法九条で 国連平和維持軍を統括した男の結論
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: かもがわ出版
  • サイズ:19cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7803-0154-0
  • 国内送料無料

紙の本

自衛隊の国際貢献は憲法九条で 国連平和維持軍を統括した男の結論

著者 伊勢崎 賢治 (著)

国連平和維持活動の武装解除部長として11万人の武装勢力を説得し、武器を取り上げた著者。国際紛争の現状を紹介し、なぜ憲法9条が日本の外交戦略に不可欠な存在であるかを論じる。...

もっと見る

自衛隊の国際貢献は憲法九条で 国連平和維持軍を統括した男の結論

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国連平和維持活動の武装解除部長として11万人の武装勢力を説得し、武器を取り上げた著者。国際紛争の現状を紹介し、なぜ憲法9条が日本の外交戦略に不可欠な存在であるかを論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊勢崎 賢治

略歴
〈伊勢崎賢治〉1957年東京都生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。東京外国語大学教授。著書に「東チモール県知事日記」「インド・スラム・レポート」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

伊勢崎賢治氏は、東テ...

ジュンク堂

伊勢崎賢治氏は、東ティモール、シエラレオネ、アフガニスタンなどで武装解除・平和構築活動を指揮し、現在は東京外国語大学平和構築・紛争予防学講座教授を務める。世界各地での長期にわたる平和構築活動の実績は、伊勢崎氏に「紛争現場のリアリズム」と言うべき思考を練り上げた。
印象的だったのは、日本人による武装解除に当たり、憲法九条が予想以上の力を持っていたことだ。憲法九条のことなんて知るはずもないアフガニスタン人の軍閥が、憲法九条のつくりだした戦後日本の体臭=九条のもとで暮らしてきた我々日本人に好戦性がないことを、敏感に感じとるという。その「よき幻想」を、テロ特措法=給油活動の延長は、打ち砕いてしまった。伊勢崎氏は、「改憲派も護憲派も、現場を知らなきゃいけない」と訴える。
一方、日本の自衛隊は、日本独自の平和的な活用ができる極めて優良な軍事組織であり、同時に多国籍軍や国連平和維持軍の司令部にとって、最も使いにくい部隊である、と言う。
「人命が大切ならば、武力を否定することはできない。」という伊勢崎氏のまさに「現場からの声」は、強い説得力を持つ。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/01/20 13:05

投稿元:ブクログ

筆者は早稲田理工の都市工学出身のようだが、国際NGO組織の一員として東ティモールで県知事を務めたりした後に、日本に戻り笹川財団の主任研究員となる。その後シエラレオネ(アフリカ西海岸ギニアの南)やアフガニスタンで武装解除を成功させた。及び平和憲法を持つ日本の制約を逆手に取った国際貢献の方法を説く。 PKO大国は金のかわりに人命を出している、曲解すれば問題発言にもなろうが、現場をよく識る人間の発言だけに説得力がある。  
ただ、けんけんがくがく、という造語が2度出てくるのはいただけない。

2009/10/18 00:34

投稿元:ブクログ

 『武装解除 紛争屋が見た世界』で世界各地の紛争と国連の平和維持・平和創出活動の体験を語った著者が、本作では日本がすべき活動を提言している。そういう分野に少しでも興味ある方は必読と言って良い一冊だ。

 分量はそう多くない上に充実しているため、3時間くらいで一気に読めた。内容についてはあえてここで紹介しないが、感想は何といっても「現場で実行した人の言葉は重い」に尽きる。

 著者の主張に空理空論はまったくない。それでいて、ちゃんと理想を語っているのだ。現実を直視することと理想を追求することは決して対立概念ではないし、突き詰めれば両者は同じ所に辿り着くことがわかる。

 タイトルがどういう意味なのか気になった人は絶対に読んでほしい。

2009/10/10 12:26

投稿元:ブクログ

内容的には、「武装解除」では十分に語られなかった部分、日本の国際貢献はどうあるべきか?を現場の経験に基づき考察・提言している。

2011/06/10 23:16

投稿元:ブクログ

武装解除について、日本の外交のあり方について、護憲とはどういうことか、非常に意味のあるもの。多くの人に読んで欲しい。
まさしくこれが求められていると思う。

しかし、全体的に安易な論理展開なきがする。特に武装勢力は規模や武力程度という事以外でどこでも同じ。ではない。
タリバンの教義に対する知識などは完全にかけている。

2012/06/29 21:11

投稿元:ブクログ

憲法九条と外国からの「美しい誤解」。この二つを紛争解決のための重要な資源として守っていくのが本当の意味での「国際貢献」だと思う。
武装した自衛隊を送り込むよりも絶対に効果がある。

2011/03/08 01:16

投稿元:ブクログ

やっぱり憲法9条は美しい。
日本が独自の役割を演じれることを実感。
もっとみんなに考えてほしい。
9条を簡単に改正しても良いのか…

タリバンは悪者だったのか…?
そこだけが疑問に残ったので★4つ

2008/06/16 11:54

投稿元:ブクログ

日本の政治家はものすごく2世3世が多くて 生活実感みたいなものに すごく欠けていると思うもっと 現場で苦労してきた人の意見を聞いてほしいし 現場を知っている人が 政治に携わってほしい。この本に 日本という国を全面に出せず 自衛隊など派遣出来ないときに 代わりにNPO が派遣されていると書いてあったので NPOの人が 現地で さらわれたりしたときに 自己責任だというのが どんなに お門違いなことか わかったと思う。いろいろ言ったって 海外に出たら日本人一人一人が 日本の看板しょってるってことだよね

戦争・テロ・平和 ランキング

戦争・テロ・平和のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む