サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 生き残った帝国ビザンティン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

生き残った帝国ビザンティン(講談社学術文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-159866-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫)

著者 井上 浩一 (著)

生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読みやすいです

2017/01/07 20:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rim - この投稿者のレビュー一覧を見る

学術文庫なので、「難しいかもしれない、読みにくいかもしれない」と購入を躊躇していました。
思い切って購入。文字の大きさが丁度よく、大変読みやすいのに驚きました。
文字の読みやすさと、文章の分かりやすさに助けられ、歴史初心者の私でも読み進んでいけます。
著者が自身を非宗教者と言っていらっしゃるのに少し違和感を感じたことと、宗教に関する部分が、わかりにくいと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/04 16:25

投稿元:ブクログ

今の世界史教育においては、西ローマ帝国の滅亡をもって『ローマのおわり』と説明するのがが通例となっている。ところが、実際にはローマ帝国の正統に継承したビザンティンは、その後も1000年にわたって命脈を保っており、その首都であるコンスタンティノープルは、経済的にも文化的にも往時のローマにも匹敵する大都市であった。西ヨーロッパ世界とイスラム世界の中間にあって、独自の文化を形成していたこの帝国、世界史を学ぶ上で重要な意味を持つはずなのに、どういうわけか教科書での扱いは非常に限定的である。
ビザンティンという帝国は面白いことに、発展と衰退を何度も経験しているが、それが可能だったのは伝統を保ちながらも行政を柔軟に変革させていったからだと言うのが本書の主張。専制君主制で陰謀ばかり繰り広げていたという従来のイメージからは大きく隔たりがあるが、そもそも1000年の長きにわたって生きながらえた帝国だけに、一つのイメージでくくるのは難しいのだろう。本書では、ビザンツ1000年の歴史を皇帝の列伝風に説明する。あまりなじみのない皇帝ばかりだが、ところどころにローマ時代の残滓を感じるエピソードなどもあり、ローマ愛好者にとっては楽しく読めるだろう。

2012/05/21 22:58

投稿元:ブクログ

ビザンチン帝国を、ほぼ独立して描いていて、1000年を一気に駆け抜けられた。

年表を見ながら、同時期の西欧、アジアの状態を追いたい。

読むべき本。出会えてよかった。

2008/09/17 22:50

投稿元:ブクログ

ビザンティン、つまり東ローマ帝国(ビザンツ帝国)のこと。


学者が書いた本とは思えない程、とてもわかりやすい。高校生でも読めます。

マケドニア朝初期等、意外なところが抜けていたりするが、大体のツボは抑えている。


学校の世界史ではスルーされてしまう、面白い時代がここにある。

2014/10/05 09:27

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
栄華の都コンスタンティノープル、イコンに彩られた聖ソフィア教会…。
興亡を繰り返すヨーロッパとアジアの境界、「文明の十字路」にあって、帝国はなぜ一千年以上も存続しえたのか。
キリスト教と「偉大なローマ」の理念を守る一方、皇帝・貴族・知識人は変化にどう対応したか。
ローマ皇帝の改宗から帝都陥落まで、「奇跡の一千年」を活写する。

[ 目次 ]
プロローグ―奇跡の一千年
第1章 ローマ皇帝の改宗
第2章 「新しいローマ」の登場
第3章 「パンとサーカス」の終焉
第4章 栄光のコンスタンティノープル
第5章 苦悩する帝国
第6章 ビザンティン帝国の落日
エピローグ―一千年を支えた理念

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2013/01/11 18:36

投稿元:ブクログ

ドラマティックな政治を求めるなら専制君主だよね。やっぱ帝国はイイね。民を振り回してる政治って傍観してる方からすれば非常に魅力的。

文章がなんかすごくすっきりしていた。
文章の(問題提起)→(論説)→(結論)がシンプルで読みやすかった。

それにしても、やっぱローマは政治だよね。なんといっても政治だわ。
良くも悪くも政治にドラマがある。まぁ後世の人が完全にドラマ化しているわけなんだけど、ドラマ化できるだけの何かがある。
それは人を振り回しているかだと思う。振り回される人々がいるからトラジェディーがあるし、強権を振るう人がいるからヒロイズムがある。権力に慢心する輩がいるからコメディーにもなるしね。


今の民主主義は「全員イイ子ちゃん化」が最終目標なわけだから、そりゃあ世の中つまらなくなるわ。事実を小説より奇にしているものは人のよくだからね。

そんなことを思いました。

___

p57 キリスト教がローマの国教となったけど、その時点で宗教としての本質は外れているよね。キリスト教会は度々宗教会議を開いて異端宣告をしてきたけれど、純粋なキリスト教はそこで異端にされた宗派だったんだろう。例えば、聖書至上主義を説いたルターも異端とされている。
キリスト教はローマ帝国に政治の手段とされちゃったんだね。
そういうことも考えて宗教の歴史を考えていくべきだと考えました。

p101 「パンとサーカス」はエジプトなどのローマ属州からの搾取で成り立っていた。戦争によって支えられていたローマの豊かさを理解させるべきである。そして、搾取による安定ではなく、実力で安定を生み出そうとした政治家の素晴らしさを伝えていくのが指導者の使命だと考えました。


「ローマ」という建前ってすごいんだなぁ。皆がつけたがる称号なんだもんな。
だから千年も使われ続けてきたんだね。「中身なんて関係ない、名前にローマってついてれば売れるんだ!」的な?
再確認だなぁ~。

2009/07/13 00:21

投稿元:ブクログ

ローマの伝統を受け継ぎ、1千年続いたビザンティン帝国。拡大と縮小、繁栄と衰退を繰り返し、脱皮しながら生き延びた帝国の歴史を概観する。西ヨーロッパ世界、カトリック、イスラム、トルコと東西の狭間に位置しながらも東西交流の要衝として常に歴史の表舞台にあった帝国。キリスト教を公認し、国教とした帝国は、ローマの名を冠しながらも常に内外ともに危機にさらされ、変質を余儀なくされ、それを受け入れ続けることで生き延びた。著者は「革新」こそが帝国存続の真の条件だったと述べている。彼らを常に支えたのは「古代ローマ帝国の正当なる後継者」という矜持だったのだろうと思う。歴史の中に今なお生き続けるビザンティン帝国。その栄枯盛衰の一端に触れさせてもらった。

2012/12/30 16:25

投稿元:ブクログ

知られざるビザンチン帝国の歴史を一気に駆け抜けることができた。
とても読みやすく、特に現イスタンブールの歴史的背景を知ることができて良かった。
トルコに行く前に一読を。

2013/01/27 20:55

投稿元:ブクログ

貸していた本が久しぶりに返ってきたので再読です。
コンスタンティヌス一世のキリスト教公認とコンスタンティノープル遷都から、オスマントルコによる滅亡までの千年以上続くビザンティン帝国の歴史。ユスティニアヌスの再征服、イスラムによる侵食、8~11世紀の再興、第四次十字軍による占領・奪還など、少しずつ姿を変え、栄枯盛衰して存続した国の歴史をたどるのは非常に興味深いです。

2014/08/30 19:16

投稿元:ブクログ

古本ワゴンで見つけた新書。ビザンティン(東ローマ)帝国というと、高校世界史の知識で大雑把に言うと「東西ローマ分裂からコンスタンティノープル陥落まで1000年以上緩やかな没落を続けた」ってイメージ。まぁローマ法大全のユスティニアヌスとかたまに上向くことはあっても基本下り坂、という。
極めて大雑把に言うと間違っちゃいないんだけど、ただ下るだけじゃ1000年ももたない訳で(モンゴルだのティムールだの見ればわかるように)、まぁ下り坂の歴史を学ぶことで今の日本がどうこうという意識高い人ではないので純粋に歴史として読んでおもしろかった。あと、通史なんだけど、所々に著者の自分語りが出てくるのがちょっとかわいい。
って今気づいたけどオイラ買ったの旧版だな。クリーム色の現代新書。

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む