サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

団地巡礼 日本の生んだ奇跡の住宅様式
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 二見書房
  • サイズ:21cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-576-08047-5
アート本

紙の本

団地巡礼 日本の生んだ奇跡の住宅様式

著者 石本 馨 (写真・文)

オブジェ、給水塔、住棟壁画、遊具…。時代の残像と息吹を今も残す「団地」をノスタルジックかつユニークなアングルから活写した写真集。公団海岸通団地、同潤会代官山アパート、公団...

もっと見る

団地巡礼 日本の生んだ奇跡の住宅様式

税込 2,160 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オブジェ、給水塔、住棟壁画、遊具…。時代の残像と息吹を今も残す「団地」をノスタルジックかつユニークなアングルから活写した写真集。公団海岸通団地、同潤会代官山アパート、公団赤羽台団地ほか全16団地を掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石本 馨

略歴
〈石本馨〉1957年広島県生まれ。早稲田大学卒業。書籍編集、ビデオ制作などを経て、フリー・カメラマンとして独立。書籍や雑誌などを中心に活動。著書に「戦争廃墟」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「奇跡」のプロジェクト

2009/04/07 03:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまでは世に亡きもの、一部あるいは全部が解体中のもの、住民が去ったあとしばらくの間放置されていたもの、長いこと放置されたままで解体されず廃墟化してしまっているもの等々、現役バリバリ以外の団地も多く登場するのが本写真集の特色です。

暗闇に沈む団地の底知れぬ不気味さ。未来都市のような、だけれどもどこか寂しげなフォルム。悲鳴をあげるコンクリの身体。瓦礫に記憶が焼きついている室内。「天空の城ラピュタ」をわずかながら彷彿とさせる緑の魔境。いつか散歩してみたくなる、さわやかな芝生を縫うようにしてのびる遊歩道。
さまざまな「風景」が、懐かしさとともに目に飛びこんできます。その懐かしさは、行ったことのない団地であっても感じられるのです(ただし、高層系か中低層系かによって違いがでますが)。
写真のクオリティは高いです。

登場する団地の数は14です。しぼりこんだ分、個々の団地をじっくりと多くの写真で描写しています。それでも、もっといろんな角度からの写真を見てみたいと、よくばりにも思ってしまうのです。

続編を期待したいですね。

* なお、内容説明の「全16団地を掲載」は正確ではありません。東宮下団地だけを3回に分載しているのを、カウントしてしまっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/10 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/06 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/06 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

住宅購入・リフォーム ランキング

住宅購入・リフォームのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。