サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20845-5
新書

紙の本

君の望む死に方 長編本格推理 (ノン・ノベル)

著者 石持 浅海 (著)

膵臓ガンで余命6ヶ月—。“生きているうちにしか出来ないことは何か”死を告知されたソル電機の創業社長日向貞則は社員の梶間晴征に、自分を殺させる最期を選んだ。彼には自分を殺す...

もっと見る

君の望む死に方 長編本格推理 (ノン・ノベル)

税込 922 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

膵臓ガンで余命6ヶ月—。“生きているうちにしか出来ないことは何か”死を告知されたソル電機の創業社長日向貞則は社員の梶間晴征に、自分を殺させる最期を選んだ。彼には自分を殺す動機がある。殺人を遂行させた後、殺人犯とさせない形で—。幹部候補を対象にした、保養所での“お見合い研修”に梶間以下、4人の若手社員を招集。日向の思惑通り、舞台と仕掛けは調った。あとは、梶間が動いてくれるのを待つだけだった。だが、ゲストとして招いた一人の女性の出現が、「計画」に微妙な齟齬をきたしはじめた…。【「BOOK」データベースの商品解説】

ガンで余命半年と告知された社長・日向は、自分を殺す動機のある社員の梶間に、殺人犯とはさせない形で自分を殺させる最期を選んだ。しかし、ひとりの女性の出現が、「計画」に微妙な齟齬をきたしはじめる…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石持 浅海

略歴
〈石持浅海〉1966年愛媛県生まれ。「アイルランドの薔薇」で長編デビュー。「扉は閉ざされたまま」が「このミステリーがすごい!」第2位に選ばれる。他の著書に「Rのつく月には気をつけよう」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

こんな視点でミステリを読んだことはなかった!お気に入りの一冊。

2011/04/18 13:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても好みだった『扉は閉ざされたまま』の続編(?)と伺って、読んでみた。

表紙裏に書かれている著者のことばがとても印象的だ。
推理小説とは、事件発生と解決を描いた読み物です。その事件が「起きるまで」を丁寧(ていねい)に書こうと思いました。実際に書いてみると被害者も、犯人も、探偵も、みんなそれぞれに努力していることがよくわかりました。あなたは、誰に共感してくださるでしょうか?


この言葉のとおり、本書では、探偵も犯人も被害者も、みんなそれぞれに努力している。

序章。
被害者役のソル電機その創業社長・日向は従業員である梶間に心の裡に語りかける。
 梶間くん。
 私は余命六カ月だそうだよ。死ぬといわれても実感がわかないけれど、もう十分に生きたという手応えはある。この命、惜しくはない。
 だから、どうせ死ぬのなら、君の望む死に方をしてあげよう。
 私は君に殺されることにしたよ。


研修と称して日向の別荘に集められた4人のソル電機従業員。その中にはもちろん、梶間がいる。日向は梶間に疑いがかからない方法で、梶間に殺されるように、色々と策を練るのだが…ゲストとして呼ばれた碓氷優佳がその計画をことごとくつぶしているように思え…。

日向と優佳の攻防戦がコメディのようで、可笑しかった。だって、日向も優佳も、真剣なんだもの。加えて、犯人役の梶間ももちろん、真剣だけれど。

ホント、探偵も犯人も被害者もそれぞれとても努力が必要なのだなということがわかった。

こういう視点の物語は他に知らない。
とても面白いっ!!!
いや、面白すぎるっ!

こういうの、もっと読みたいなぁ。

ちなみに本書のラストはある種のリドルストーリーとなっている。この点に関して賛否両論あるようだけれど、わたしはここをリドルにして正解だと思う。だって…著者の力量を考えると、明確なラストは蛇足以上にはならない気がするんだもの…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/24 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/04 08:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/13 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/31 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/07 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/25 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/13 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/12 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/09 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/15 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/29 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/07 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/19 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。