サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/203p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-601144-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン (コバルト文庫)

著者 今野 緒雪 (著)

下級生への、バレンタインデーのチョコのお返しを、遊園地のお土産のクッキーとキャンディーに決めた祐巳、由乃、志摩子。せめてラッピングは自分たちでしようと、リボンを持って薔薇...

もっと見る

マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン (コバルト文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

マリア様がみてる31 マーガレットにリボン

356 (税込)

マリア様がみてる31 マーガレットにリボン

ポイント :3pt / 紙の本より117おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

下級生への、バレンタインデーのチョコのお返しを、遊園地のお土産のクッキーとキャンディーに決めた祐巳、由乃、志摩子。せめてラッピングは自分たちでしようと、リボンを持って薔薇の館に集まったけれど、どうもパッとしなくて…。ラッピングについて語り合ううちに、三人の話題は、お姉さまのこと、卒業した薔薇さまのこと、イタリア修学旅行のこと…とどんどんひろがっていって。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ほんわかとしんみり

2008/04/07 22:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編の裏時間での他のキャラクター達の短編
ダウン系の話もなく、ほんわかしていて気軽に読めます
ただ大きなイベント事があらかた片付いて、しんみりした雰囲気はあるかも知れませんね
元薔薇様たちもいいですが、二年生トリオの仲の良さもいい感じでした


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/20 09:35

投稿元:ブクログ

短編集ではあるが、それぞれの話が特定のキーワードで繋がっていて不思議な感じ。

旧薔薇様方はもちろん、志摩子の過去や、果ては祐巳の青い傘の旅路のエピソードまで多種多様の話があって短編集にしては密度の濃い話が多くて読み応えあり。

2008/04/06 21:16

投稿元:ブクログ

全部書き下ろしなのに、驚いた。
旧赤・白・黄薔薇の話は、久しぶりでしたが楽しかったです。
白薔薇様の過去の話は、すこしホロリという感じ。

次回は卒業式らしいので、見たいような見たくないような。

2008/05/23 23:59

投稿元:ブクログ

短編集ということで、やや息抜き的なお話ですね。志摩子のお話や、青い傘を巡るお話が、物語として良かったですが、『マリみて』のシリーズとしては外に広がり過ぎな感じがしました。最近は本編もやや「浅く広く」な印象があるので、どちらかというと視点を絞ってひとつのイベントを読ませてくれる初期の書き方の方が好きです。(2008.04.24読了)

2008/05/25 01:06

投稿元:ブクログ

ずっと惰性で読み続けているけど、いい加減面白くなくなってきました。なんだろうマンネリもあるし、内容が薄いっていうのもあるし・・・。
繋がってる短編集といったカンジ。今回は元薔薇様たちが出てきてソコは良かった☆とくに江利子が。
あとは・・・もうどうでもいい・・・。

2008/04/03 22:28

投稿元:ブクログ

先代薔薇様が皆出てきて、懐かしかった。いつの間にか彼女達の年齢も超えてしまったんだなぁ…。それにしても、祥子様が卒業したらどうなるんだろう??続くのかな??瞳子に妹って想像できないけど…。

2008/04/10 08:42

投稿元:ブクログ

マリア様がみてる、最新刊!
今回初となるオール書下ろしの短編集です。

読んだ人を幸せにしてくれる内容でした。今まで詳細が語られなかったあの方や、あの出来事が語られています。
いつものように本編としての進展も少し加味してあります。

2008/06/19 00:27

投稿元:ブクログ

 マリみての短編集はこざっぱりとしていて好きです。
 それに、先代の薔薇様方が大好きな私にとっては、お菓子のような物語でした。

 蓉子様や江利子様や聖様。
 私自身、今が大学生で、彼女たちと同じ年代に立っているんだ、と思うとなんだか不思議な気分になります。
 彼女たちのように素敵な人間であるとはまず言えないのだけれど。

 そろそろ、祐巳・祥子編もゴールだそうなので、まだまだこれからが気になりますっ!!

2008/06/22 23:05

投稿元:ブクログ

とても百合っぽいけど、あくまで恋愛感情ではないと思う。
そしてそこが魅力。
姉妹という縦のつながり、同級生との横のつながり、家族とのつながり。
本格的な恋愛を知る前の人間関係を、大事に描いている。

ちなみに私は、福沢姉弟と、ゆみとーこと、しまのりがいちゃいちゃしてると嬉しい人です。

2009/10/30 01:40

投稿元:ブクログ

マリみて、久々です。
今回は短編集ながら、あとがきに書いてあるとおりオール書きおろしらしい1冊。
ではと言わんばかりに初代薔薇さまが3人とも更にはカニーナ様まで登場。
先生のファンサービス精神あふれる1冊です。
当初は初代薔薇さまって、3人ともかなり苦手なタイプだったのですが
(特に江利子さま)、今の感覚だと3人ともかなり好きかも。
自分は祐巳に近いタイプだと思うので、蓉子さまのようにハメをはずそうと
してもしっかりしてしまうタイプって憧れだなぁ。

ただ、先代薔薇さまのお話はよかったのですが、志摩子さんのお話は
ちょっとドラマチックすぎるかな?
ま、マリみて自体結構ドラマチック要素たっぷりですが…
後半のいい意味での暴走ぶりは好きです。
初代薔薇さま、2年トリオ好きにはお勧めですが、読んでも読まなくても
いい1冊ではあるのは否めないですね;
ある意味ファンブック。

2012/07/22 15:05

投稿元:ブクログ

かなり前に読んだためうろ覚え。

また2年御3方の表紙。

まだ卒業式ではないのである。

じらすのも本当に飽きた。

ただし、蓉子さまの話は好き。
蓉子さま好き。
私服がとってもおしゃれです。
1人でいて、声をかけてもらえるっていいよね。

なんかいろいろとめんどくさかった。
わざわざポーチ作るとか。
他にもこの作者特有のこじつけがたくさんあった。

祐巳の日記の文が下手だった。



とここまで一気に更新して、一度にレビューを更新できる機能があることを知った。
使っていたらどんなに楽だったか。
(といっても、PCからの更新は携帯からとは比べ物にならないぐらい楽なのだが。)
まさに「orz」という気分である。

2009/12/21 10:59

投稿元:ブクログ

 ミルフィーユ方式で5冊目、ただしすべて書き下ろし。本編も事態が進むわけじゃなく、バレンタインのお返しを一緒に作りましょうって奮闘中の3人。 「レイニーブルー」が好きだったので、祐巳の手元に帰ってきた青い傘の旅が気になっていました。スッキリ。

2013/08/28 20:10

投稿元:ブクログ

下級生への、バレンタインデーのチョコのお返しを、遊園地のお土産のクッキーとキャンディーに決めた祐巳、由乃、志摩子。せめてラッピングは自分たちでしようと、リボンを持って薔薇の館に集まったけれど、どうもパッとしなくて…。ラッピングについて語り合ううちに、三人の話題は、お姉さまのこと、卒業した薔薇さまのこと、イタリア修学旅行のこと…とどんどんひろがっていって!?

2012/02/16 19:47

投稿元:ブクログ

バレンタインのお返しをどうするかと相談する祐巳たちを表題作に、先代薔薇さま各々の話、志摩子さんのお兄さんの話、無くなった青い傘の話などの短編集。久しぶりに聖さまが見れて満足。読後感が爽やかで良い。

2014/05/07 20:45

投稿元:ブクログ

下級生への、バレンタインデーのチョコのお返しを、遊園地のお土産のクッキーとキャンディーに決めた祐巳、由乃、志摩子。せめてラッピングは自分たちでしようと、リボンを持って薔薇の館に集まったけれど、どうもパッとしなくて・・・。ラッピングについて語り合ううちに、三人の話題は、お姉さまのこと、卒業した薔薇さまのこと、イタリア修学旅行のこと・・・どんどんひろがっていって!?

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む