サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:高校生 一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: アスペクト
  • サイズ:21cm/239p
  • 利用対象:高校生 一般
  • ISBN:978-4-7572-1476-7
  • 国内送料無料

紙の本

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

著者 山岡 道男 (著),淺野 忠克 (著)

お金に振り回されないために、実生活に使える経済学を学ぼう! NCEE(アメリカ経済教育協議会)のスタンダードを日本人向けにアレンジして、経済学とパーソナルファイナンスのエ...

もっと見る

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お金に振り回されないために、実生活に使える経済学を学ぼう! NCEE(アメリカ経済教育協議会)のスタンダードを日本人向けにアレンジして、経済学とパーソナルファイナンスのエッセンスをわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山岡 道男

略歴
〈山岡道男〉1948年東京生まれ。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。
〈淺野忠克〉1951年東京生まれ。山村学園短期大学コミュニケーション学科専任講師。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

パーソナルファイナンスは、役に立つ。

2008/06/18 23:23

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今でも、ネズミ講やマルチ商法に引っかかる学生が後を絶たないと聞く。
ちょっと考えれば落とし穴に気づくはずなのに、なぜ誘惑に乗ってしまうのか。騙す側の巧妙な手口をかわすのはやっかいではあるが、パーソナルファイナンスを身につけていれば、少なくとも簡単に騙されることはないだろう。

パーソナルファイナンスとは、「消費者教育」「個人資金管理」のこと。日本ではあまり耳慣れない言葉だが、アメリカではこのパーソナルファイナンスを若いうちから学ばせる動きが広がっている。90年代、カード破産者の増加を背景に、NCEE(アメリカ経済教育協議会)は、国民への経済教育に力を入れ始めたのだ。
本書は、NCEEが策定した経済教育のフレームワークを基に作られた高校生向けの教科書を、日本の実情に合うように置き換えたものである。高校生向けのテキストを底本にしているので、とても分かりやすい。しかも、経済学の基本はきちんと押さえてある。

アメリカ人といえば、消費と投資でお金をバンバン使う豪快なイメージが強いが、意外なことに、今のアメリカでは貯蓄を重視する流れが強まっているのだという。
ここで注意したいのが、本書はパーソナルファイナンスに重きを置いた経済学教科書ということである。需要と供給や、金利や物価の動きなど、経済学の基本概念を学んだ上で、それが自分にどう関係するか、どのように対応すれば賢明か、と消費者の視点から考えるのがパーソナルファイナンスなのだ。
これは、家のローンを組んだり、保険に加入したり、資産運用を考えたりする時など、生活のあらゆる場面で役に立つ。日夜ニュースから流れてくる為替レートや株価の無味乾燥な数字も、意味のあるものとして捉えられるだろう。
日本でも、証券会社などが若者向けのマネー教育を積極的に推進しているが、こういった実用的な経済教育は専門分野に進む者だけでなく、国民ひとりひとりに必須の学問だと思う。携帯電話をかざすだけでモノが買える時代だから、なおさら。
もちろん、ケインズの名前や概念を暗記することも大事だが、それを実生活に活かすことができていないのが現状ではないだろうか。私個人でいえば、高校の政治経済の授業は、どこか自分とは遠い世界の話に思えたものだ。
自己破産まで教えるアメリカの教育姿勢には戸惑いを覚えるが、早いうちから「自己責任」の原則を学ぶことは、ひいては自分の身を守る。本書は、「賢い消費者」となるために読んでおきたい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/14 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/01 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/08 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/05 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/16 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/03 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/29 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/28 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/24 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/19 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/29 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/05 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経済 ランキング

経済のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む