サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 朝日新聞社の通販
  6. 三谷幸喜のありふれた生活 6 役者気取りの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:19cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-250324-4

紙の本

三谷幸喜のありふれた生活 6 役者気取り

著者 三谷 幸喜 (著)

泥酔して階段で転倒?女優さんと初スキャンダル?特殊メークで老人体験、ドラマ仕立てのCMに初主演、ちょび髭で名匠の映画に登場。人気脚本家の奇想天外な日々。【「BOOK」デー...

もっと見る

三谷幸喜のありふれた生活 6 役者気取り

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

泥酔して階段で転倒?女優さんと初スキャンダル?特殊メークで老人体験、ドラマ仕立てのCMに初主演、ちょび髭で名匠の映画に登場。人気脚本家の奇想天外な日々。【「BOOK」データベースの商品解説】

ドラマ仕立てのCMに初主演、ちょび髭で名匠の映画に登場、女優さんと初スキャンダル? 人気脚本家が、奇想天外な「ありふれた」日々を綴る。相島一之、中井貴一らの特別インタビューも収録。『朝日新聞』連載の第6弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三谷 幸喜

略歴
〈三谷幸喜〉1961年生まれ。脚本家。著書に「オンリー・ミー」「気まずい二人」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

もう、ありふれた生活とは言えないですね。

2008/08/03 23:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 朝日新聞に、もう8年も連載されているそうだ。
 単行本化されたのも6冊目になり、主に2006年度に新聞連載された分が集められています。この当時の三谷幸喜の仕事は舞台が多く、その1つ「コンフィダント・絆」の出演者4人(中井貴一、寺脇康文、相島一之、生瀬勝久)のインタビューも収められています。もっとも、インタビューはエッセイだけではページ数が足りないので入れてあるという感じもありますが。
 なので収められている話も、「THE有頂天ホテル」のDVD特典映像に出演した話や、CM出演、市川崑監督の「犬神家の一族」出演、上記舞台の話が目立ちます。特に三谷自身が映像メディアに多く登場していた1年だったようです(と、三谷自身が「なんだか「出演」の多い年」と題したエッセイにしていますが)。
それはそれでいわゆる舞台裏、楽屋話みたいで面白いのですが、このエッセイの本来の面白さは三谷幸喜の本当(?)の日常話にあるのだと、個人的には思います。この6冊目に収められているものとしては、「久しぶりに妻と向かい合って」「何が変わった?模様替え」「掻き揚げに心安らぎ、胸痛み」「妻の訴え、まさか僕がいびきを!?」「パソコンゲーム、目下十七連敗」「いびき防止にあの手この手」「キーがない!変換しない!」「お好み焼屋で達人を発見」「老猫を連れて病院に急行」「病気の老猫、ニヒルに復活」「今は何年?彼女の名は?」「青春の「粗食」の味、再び」といったところが「ありふれた生活」のように思います。こうやって並べてみると、タイトルを見るだけでも何となく日常が見えてくるようですね。三谷幸喜とは全く知り合いでもありませんし、個人的な事情を知るわけもないのですが、これらのエッセイを読むとなんだか身近な人に思えてきます。何だか自分にも起きそうな出来事なんですよね。
こんな調子のエッセイを続けてくれる限り、読み続けていこうと思えてきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/11/18 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/14 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/01 08:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/16 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/03 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/22 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/16 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/12 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/28 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/08 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/22 11:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/30 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/28 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/13 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。