サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 淋しいのはお前だけじゃな

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

淋しいのはお前だけじゃな(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-746277-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

淋しいのはお前だけじゃな (集英社文庫)

著者 枡野 浩一 (著)

振り向いてくれたけれども「がんばれ」はたぶん自分に言った言葉だ—。残業続きで恋人に会えない夏の日々、文芸部の美少女と何も起こらなかった高校時代、今も発熱し続ける叶わなかっ...

もっと見る

淋しいのはお前だけじゃな (集英社文庫)

411(税込)

淋しいのはお前だけじゃな

378 (税込)

淋しいのはお前だけじゃな

ポイント :3pt / 紙の本より33おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

振り向いてくれたけれども「がんばれ」はたぶん自分に言った言葉だ—。残業続きで恋人に会えない夏の日々、文芸部の美少女と何も起こらなかった高校時代、今も発熱し続ける叶わなかった夢…。短歌の背後にはいつも、淋しくて優しいストーリーがあった。日常の小さな感情を温かな筆致で描く、短い歌と短いストーリー。オオキトモユキの筆による、ユーモラスで少し悲しい絵物語も同時収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読むと短歌を詠んでみたくなります

2009/02/15 22:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 正直に言いましょう。ボクはあとがきを読むまで、タイトルに"い"を補完して読んでいました。お前だけじゃない。つまり著者が読者に同情するような意味を持たせていたのだけれど、実際には著者が自嘲する言葉だったのです。先入観というのは怖いものです。
 この作品は短歌とページ下に描かれたパラパラ漫画の様な絵、そして短歌について書かれたエッセイで構成されています。はじめに本を開くと、やたらと行間が空いていてスカスカだなという印象を持ちます。しかし、読み始めるとその印象は覆されるでしょう。

 普通の人生の中でも、心に残る出来事というのはたくさんあると思います。どんなに言葉を連ねても表しきれないような想いを、わずか31文字、400字詰め原稿用紙ならわずか一行半に凝縮させてしまうのです。
 江戸時代、夫から妻への離縁状は三行半と呼ばれました。ただ無常に別れを告げるだけでもそれだけの字数を必要とするのに、遥かに複雑な想いを一行半で表現しきってしまう短歌というものの、表現力の豊かさに心を打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

短歌って面白い

2015/08/29 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ザガースキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

国語で習う短歌は嫌いだったけど、これはすんなり受け入れられた。短歌ってこんなに面白かったんだと思わされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/24 23:15

投稿元:ブクログ

『五年後に 仕返しされて殺される 覚悟があるならいじめてもよい』

ニュースで頻繁に取り上げられている時なので印象に残った。

一番好きなのは
『今夜どしゃぶりは 屋根など突きぬけて 俺の背中ではじけるべきだ』

2008/09/18 20:53

投稿元:ブクログ

枡野さんは歌人のはずなのに、「ショートソング」や「石川くん」など、歌集じゃないものばかり手にとっています。この本は枡野さんの短歌と、それにまつわるエピソードがまとめられたエッセイ集です。たんたんと綴られる過去の日々の記録が、なんとも哀しい。

2008/03/30 02:20

投稿元:ブクログ

一冊で二度美味しい本。
文章を読んだ後、是非挿絵を見て欲しい!
絵本みたいで、私はラストで「わー!!」って叫びそうになった。淋しくて。

2008/06/10 02:19

投稿元:ブクログ

自作の短歌とそれにまつわる話。
絵が可愛いし、字体とか字間の広さなんか全部好み。
さらっとしているのに、心に染み入ってくる。
言葉の綺麗な人だと思いました。
歌人って皆こんなに日本語が純粋なんでしょうか。

2008/10/04 03:45

投稿元:ブクログ

すんごい読みさすさ。
この人の人生が垣間見えてくるような優しい短歌ばっかだったな。

今回のお気に入り。

これはもういらないものだ だけどまだ捨てずにとっておこうと思う

2012/01/07 18:55

投稿元:ブクログ

3年間「ワコール・ニュース」で連載されていた、現代短歌(みじかうた)をまとめた単行本を文庫化された本。女性の読む雑誌に載っていたこともあり、恋愛経験を多く書こうと試みたとまえがきに書かれています。短歌とその短歌が詠まれたきっかけとなった出来事がまとめられています。(2012.1.4)

2014/06/29 17:03

投稿元:ブクログ

淋しいけれど、その淋しさは誰にでもあるはず。

気づかないうちに抱えている淋しさを気づかせてくれる。
それがいいことなのかよくわからないけど。
淋しさを共感できれば、やさしくなれそうな気がする。
気がするだけだけど。

2009/05/07 07:47

投稿元:ブクログ

枡野浩一による自身の短歌解説集。
この人の短歌は何でこんなにストレートで真っ直ぐに心に届くんだろう。

2008/10/14 12:54

投稿元:ブクログ

1時間くらいで全部読めました!
気楽に本を読みたい気分だったので、まさにうってつけでした!
内容もおもしろかったです。
妙に恋愛に冷めているように装っていたり、めちゃ鈍臭かったり、傘をよくなくしたり、ネガティブなのかポジティブなのかよくわからない性格・・・自分の日記を読んでいるようでした
結婚したくない(なかった?)理由も全く同じやし

文章が簡潔にまとめられていて、とても読みやすい本でした!
飛行機や新幹線のなかで暇をつぶす時にオススメの1冊です。

2010/08/19 23:14

投稿元:ブクログ

レビューは→http://ameblo.jp/sean-north/entry-10589137371.html

2009/11/28 17:56

投稿元:ブクログ

枡野さんの本4冊目?かな。

歌のエピソードが分かって面白いです。
切なくなったり共感したり。

挿絵も素敵で、恋のエピソードを中心に集めたこの本にぴったりだと思いました。

2010/07/21 04:17

投稿元:ブクログ

私、勝手に本のタイトルの最後に「い」を入れちゃってたんですが、この「お前」とは枡野氏自身を指す事がこの本を読むと分かります。

枡野氏と言えば「ショートソング」で大ブレークした歌人であり作家ですが、この本には35首の歌が綴られて、ひとつひとつの短歌に、枡野氏の若い頃の思い出がエッセイとして綴られています。

彼、そーとー、繊細で暗い面がある人だな、と言う感想を持ちました。

私がいいな、と思った歌を紹介しますね。

感染はあの冬の日の それっきり潜伏期間九年の恋

枡野氏は、「叶わない夢は、永遠の片思いのように、そのまま心の隅で発熱し続ける」。そして、人には「叶ってほしくない夢」や、「思い続けたい恋」というものがあるのだと締めくくっています。年取ると、頷ける歌ではないでしょうか。

お次は、枡野氏が「結婚はしない」と言う話で意気投合していた女友達から、ある日、電話で・・

「永遠の愛なんて、やっぱりありえないと今でも思うけど、たとえ一瞬 でも『永遠に好きかもしれない』と思えたから、その一瞬の記憶があれば一生やっていける気がする」

と、別の男性と結婚する事を、打ち明けられたそうです。

要約すると、「永遠の愛は、一瞬の記憶の中に、永遠に存在する」ということらしい と。。まるで失恋したみたいな夜だったと、枡野氏は当時を振り返り、この歌を詠んだそう。。

永遠の愛を誓うよ 永遠もあと半年で終わりらしいし

最後は、枡野氏が人生で一番貧乏だった頃、自転車が盗まれた時に生まれた歌。

自転車を盗まれ徒歩で帰路につく 満月を見てキレイと思う

普段は自転車でどこでも移動していたそうですが、自転車を盗まれてから、夜道を歩いていた時にふと見上げた夜空に浮かんだ満月に、心を奪われたと言うシチュエーションでしょうか。その辺の説明は書かれていませんでした。

自転車に乗っていたら、満月の美しさにも気付かなかったかもしれませんし、この歌も世に出なかったかもしれませんね。

2014/09/28 08:04

投稿元:ブクログ

【本の内容】
振り向いてくれたけれども「がんばれ」はたぶん自分に言った言葉だ―。

残業続きで恋人に会えない夏の日々、文芸部の美少女と何も起こらなかった高校時代、今も発熱し続ける叶わなかった夢…。

短歌の背後にはいつも、淋しくて優しいストーリーがあった。

日常の小さな感情を温かな筆致で描く、短い歌と短いストーリー。

オオキトモユキの筆による、ユーモラスで少し悲しい絵物語も同時収録。

[ 目次 ]


[ POP ]
「淋しい」と思ったこともないくらい 淋しかったと気付いてしまう――。

ラブレターの代筆を頼まれ続けた子供時代、もらったチョコレートの意味に気付けずにいた学生の頃、失業した春に長電話をした桜の下の電話ボックス、号泣する子供を腕の中で宥めた道端…。

桝野浩一の短歌が出来る傍らを描いた、自伝的ショートストーリー。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]