サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

別冊図書館戦争 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 482件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • サイズ:20cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-867029-6
  • 国内送料無料

紙の本

別冊図書館戦争 1 (「図書館戦争」シリーズ)

著者 有川 浩 (著),徒花 スクモ (イラスト)

『図書館戦争』スピンアウト・別冊シリーズ第一弾!武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート!【「BOOK」データベースの商品解説】恋愛成分たっぷりの、ベタ甘全開スピンアウ...

もっと見る

別冊図書館戦争 1 (「図書館戦争」シリーズ)

1,512(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『図書館戦争』スピンアウト・別冊シリーズ第一弾!武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート!【「BOOK」データベースの商品解説】

恋愛成分たっぷりの、ベタ甘全開スピンアウト・別冊シリーズ第1弾。「明日はときどき血の雨が降るでしょう」「シアワセになりましょう」など全5話を収録した、武闘派バカップル恋人期間の紆余曲折アソート。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

明日はときどき血の雨が降るでしょう 9−58
一番欲しいものは何ですか? 59−112
触りたい・触られたい二月 113−161

著者紹介

有川 浩

略歴
〈有川浩〉高知県出身。「塩の街」で電撃小説大賞〈大賞〉を受賞して2004年作家デビュー。著書に「図書館戦争」シリーズ、「レインツリーの国」「クジラの彼」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー482件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

ベタ甘

2016/03/09 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館戦争本編のラストに至るまでの郁と堂上のことが描かれています。
いちゃいちゃベタ甘ですねー。前からそうですが、特にらぶらぶでした。あてられてしまいました(笑)。
本編あり気の本だと思うので先にシリーズを読みましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

激甘

2016/11/14 13:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『図書館戦争』スピンアウト・別冊シリーズ第1弾!晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。「恋愛成分が苦手な方はご健康のために購入をお控えください」帯にあった通り、読んでるこっちが恥ずかしくなるくらい激甘だった。純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、笠原郁と彼氏モード全開の堂上教官。郁の返り血のシーンは読んでて思わず笑ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キュンとしました

2016/12/08 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄色い刀 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本編の図書館戦争と違って、戦闘とかシリアスなシーンとかは全然ない代わりにすっごく下手に甘々です。読みながらニヤニヤするのが止められませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常にあるそれぞれの戦場

2008/04/13 14:30

21人中、20人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 図書館革命のラストシーンに至るまでの笠原郁と堂上篤を追いかけるというのがこの本の柱です。組織の一員としてではない堂上という人間は、嫉妬やら弱さやらを抱えた人間なんですよね、やはり。キャラ好きの人には一読の価値アリです。
 キャラクター重視の方針らしいので、良化法関連の大事件は起こりません。しかし、作者らしい、社会に対する毒が各所にちりばめられており、飽きさせません。ネット連載されていた、「フリーター、家を買う」でも思いましたけれど、見過ごされがちな、社会的弱者というか、社会的少数派の人たちにスポットを当て、そこに感情移入させるのが上手いなあと思います。そういうところに偽善性を感じて嫌がる人もいるかもしれませんけれど、これからも書き続けてもらえると嬉しいです。
 キャラ重視路線でもう少しシリーズは続くようです。ボクの希望としては、稲嶺前指令のエピソードで何か一ついただければ、と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

甘いけどそれだけじゃない

2008/04/27 22:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チョボ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベタ甘全開スピンアウト、郁と教官(?)の恋人期間のストーリーなだけあって、広告どおり全編甘々。

とはいっても、それだけでは終わらせない。
郁に新たな称号がついたり、大事件ではないけれど現実的な問題が起こったり…
リアルに図書館に勤めている人も悩んでいるのかなと一市民として考えさせられました。
ラストは、ほほえましく終わりましたが次は誰のどんな話が登場するのか楽しみです。

本編のエピソードが所々に出てくるので
懐かしみながら読み返そうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

激甘ストーリーの頂上を極めた作品

2008/05/24 11:02

14人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YO-SHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 図書館戦争シリーズのスピンアウト。著者の良心で、一度幕を引いた以上は良化法関係で本編以上の騒ぎを起こすのは反則、ということで登場人物を中心に別冊シリーズを書くそうだ。

 それでもって、今回はどの登場人物に焦点を当てているかというと、堂上と郁の甘々カップル。なんだ、本編と変わりないじゃないか?とは思わないでもないけど、まぁ別冊の1冊目としては順当な所。個性的な登場人物と人間関係がたくさん仕込まれているから、これからも色々な物語を楽しめることを期待する。

 そして、堂上と郁の物語である。「図書館革命」では、当麻亡命事件の後、時間を早送りにして2人は結婚してしまっているけれど、本書はその早送りの時間の間の出来事。つまり、愛の告白の後、結婚に至るまでの話。
 もう、ベッタベッタの砂糖菓子のような甘さだ。そりゃそうだ、世のたくさんのカップルについて言っても甘~い時期。まして、堂上と郁だ、有川浩が描く「図書館戦争」シリーズだ。激甘ストーリーの頂上を極めたと言えよう。
 著者も「ベタ甘が苦手な人は逃げて」と、あとがきで言っている。(あとがきで言われてもねぇ。もう読んじゃったし。)

 正直に言うと、読んでいてこっちが恥ずかしかった。もちろん、面白かったし、楽しめたし、細かいエピソードも良く練られていました。だからオススメです。勧められなくても「図書館戦争」シリーズを読んだ人なら読まずにいられないでしょうけど。
 でも、本編にはない恥ずかしさが漂います。恋人ができてから結婚に至るまでの女の子様子を見ているなんて、恥ずかしいことだらけで。カワイイ下着を買いに行ったり、初めてのお泊りとか....。まぁ、郁の場合はそれだって普通にはすまないんだけど。本編に比べると、本書はちょっと大人モード。小学生にはキツいかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/16 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/19 05:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/15 02:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/01 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/20 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/25 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/10 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/29 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/16 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

KADOKAWA ランキング

KADOKAWAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む