サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

終着駅は宇宙ステーション
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 幻戯書房
  • サイズ:22cm/509p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-901998-32-1
  • 国内送料無料

紙の本

終着駅は宇宙ステーション

著者 難波田 史男 (著)

1974年、32才の若き画家は、海で逝った−。未公開の日記、スケッチブック等、50冊を超える遺されたノートをもとに、60〜70年代を駈け抜け、2000点余の絵を描いて夭逝...

もっと見る

終着駅は宇宙ステーション

4,536(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1974年、32才の若き画家は、海で逝った−。未公開の日記、スケッチブック等、50冊を超える遺されたノートをもとに、60〜70年代を駈け抜け、2000点余の絵を描いて夭逝した芸術家の核心に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

難波田 史男

略歴
〈難波田史男〉1941〜74年。東京都生まれ。早稲田大学第一文学部美術専修卒業。「第4回新鋭選抜展」入賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店

出会いは、2年ほど前にさかのぼ…

MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店さん

出会いは、2年ほど前にさかのぼる。
群馬県桐生市のさる個人美術館の一室。他の美術展などですでに何度か見覚えのある、いわゆるアンフォルメル絵画の日本における先駆者・難波田龍起の作品の堂々たる画面の傍らで、同じ抽象とはいっても随分と異なった趣をもつ数枚の水彩画作品が、静かに自己を主張していた。描き手の名を「難波田史男」といい、龍起の次男にあたるらしい。
エキセントリックだが柔らかい描線と、淡い寂寥感を湛えた色彩の繊細なニュアンス。そこには何か低声で打ち明けられる夢の語りのような人懐こい親密さと、またそれと裏腹のしみいるような孤独とが、ともながらに息づき溶け合っているかに感じられた。
本書は、2004年に開催された没後30年の記念展を機に史男の絵に惚れこんだ出版社の編集者が、遺族から借り受けた生前の日記や絵入りノートの断片を年代別にまとめ、再構成したもの。何よりも絵の中でこそ自他と対話を続け、その夢の力を解き放っていたのであろう史男の表現世界にあっては、こうした傍注めいたものはあるいは余分かもしれない。ただ、特に10代の頃の文章など、そこから垣間見える素の表情には、やはりどうにも心惹かれるのだ。井上

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/03/02 01:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。