サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 噓発見器よ永遠なれ 「正義の機械」に取り憑かれた人々

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

噓発見器よ永遠なれ 「正義の機械」に取り憑かれた人々
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:22cm/410p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-208916-8
  • 国内送料無料

紙の本

噓発見器よ永遠なれ 「正義の機械」に取り憑かれた人々

著者 ケン・オールダー (著),青木 創 (訳)

心を覗く技術は、いかにしてアメリカ人の強迫観念になったか。尋問手段として生まれた噓発見器はなぜアメリカでしか用いられていないのか。発明者をめぐる葛藤のドラマと知られざる技...

もっと見る

噓発見器よ永遠なれ 「正義の機械」に取り憑かれた人々

2,700(税込)

ポイント :25pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

心を覗く技術は、いかにしてアメリカ人の強迫観念になったか。尋問手段として生まれた噓発見器はなぜアメリカでしか用いられていないのか。発明者をめぐる葛藤のドラマと知られざる技術史で織り上げるノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ケン・オールダー

略歴
〈ケン・オールダー〉ハーバード大学で物理学を学び、歴史学の博士号を取得。ノースウェスタン大学で歴史を講じる。「万物の尺度を求めて」でデイヴィス賞、ディングル賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

映画やドラマで余りに有名なこの装置がいかにして生まれ、どれほど広く社会に拡散したかを、二人の対照的な発明者を通して追う

2010/09/21 23:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アメリカの映画やドラマで広く取り上げられているこの装置を知らない方は少ないだろう。その嘘発見器を取り上げた本書のタイトルから、強烈にアメリカの物語であることが伝わってくる。それもそのはず、嘘発見器はアメリカで生まれ、事実上アメリカでしか用いられていない技術なのである。

 なぜ、嘘発見器はアメリカ以外の国で広く使われないのか。一つには、嘘発見器がその名に反して、嘘を見抜く装置ではないことが挙げられよう。本書でも繰り返し説かれているが、嘘発見器が示すのは、嘘発見器に掛けられた人物が信じているかどうかを明らかにする装置に過ぎない。要するに誤ったことでも確信さえ持っていれば嘘発見器では見破れない、ということだ。加えて、嘘を付くときのストレスを計測する技術であることの限界もある。つまり、嘘を付いていなくとも、質問にストレスを感じれば嘘発見器は反応してしまう。

 催眠療法により捏造された記憶を元に、娘から性的虐待を訴えられた父親が、記憶を”回復”(実際は作られた記憶に過ぎない)した際に、荒唐無稽な話を嘘発見器は見破れなかったことが『悪魔を思い出す娘たち』で明らかにされている。

 そのため、社会に浸透しているかに見えるアメリカでも、裁判で嘘発見器の記録を証拠として提出することはできないのである。

 本書は、この誰もが知り、社会に広く拡散していながらも未だに科学ではないとされてしまう不思議な装置、嘘発見器の歴史を追っている。

 嘘発見器を開発したのは、ジョン・ラーソンというアメリカ初の博士号を持つ警官だった。だが、それを広めたのはレナード・キーラーという、ラーソンの一番弟子だった。二人は嘘発見器の驚くべき力と、その限界を把握していた。その上で、ラーソンは精神病への治療に用いることができないかと考え、キーラーは嘘やはったりを用いてでも捜査に用いられるよう骨を折った。二人により嘘発見器は世に放たれ、皮肉なことに二人の人生は嘘発見器に振り回されてしまったように見える。

 著者は徹底した取材で、ラーソンとキーラーの人生をあぶりだしている。嘘発見器に何を見て、嘘発見器がどう用いられるべきか、二人の意見は悉く食い違う。厄介なのは、どちらにもそれなりの筋があり、論理があることだろう。読者もどちらの側に好意を感じるか、あるいはどちらを正しいと考えるかの判断は分かれるだろう。そして、嘘発見器がなんともアメリカらしい発明であることに驚かされると思う。

 私が驚いたのは、アメリカ内で嘘発見器が実に多様な使われ方をしてきた、ということ。警察での取り調べについては勿論知っていたが、企業が従業員の忠誠度を計るためにまで使用していたのは知らなかった。政府機関からゲイを追放するために使われたことも。嘘発見器が恐るべき踏み絵と化していた事実には多少の恐ろしさも感じずには居られなかった。心の中を測定する機械の恐ろしさを知らしめるのに、嘘発見器は先陣を切ったのだろう。嘘発見器よりも洗練されたように見える技術は次々開発されていく。しかし、そこには常に解釈が絡んでいるという現実を忘れないようにしたいと思った。


評者のブログはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/28 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/24 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/17 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/29 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の政治・行政 ランキング

外国の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む