サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中原昌也作業日誌 2004→2007
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.3
  • 出版社: boid
  • サイズ:19cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-9904049-0-1

紙の本

中原昌也作業日誌 2004→2007

著者 中原 昌也 (著)

「EYESCREAM」誌連載の「親指王子ケイタイ日記」、約3年半の記録。膨大な未掲載分も含めた完全版。【「BOOK」データベースの商品解説】【Bunkamuraドゥマゴ文...

もっと見る

中原昌也作業日誌 2004→2007

2,700(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「EYESCREAM」誌連載の「親指王子ケイタイ日記」、約3年半の記録。膨大な未掲載分も含めた完全版。【「BOOK」データベースの商品解説】

【Bunkamuraドゥマゴ文学賞(第18回)】毎日1日分読むこと…3年楽しめます。『EYESCREAM』誌連載の「親指王子ケイタイ日記」、約3年半の記録。膨大な未掲載分も含めた完全版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中原 昌也

略歴
〈中原昌也〉1970年東京都生まれ。「あらゆる場所に花束が…」で三島由紀夫賞、「名もなき孤児たちの墓」で野間文芸新人賞を受賞。「Hair Stylistics」として音楽活動も行う。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

固有名詞の氾濫する生活

2015/11/25 12:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐ろしいくらいの人名、作品名の羅列の隙間から小説家の鬱屈した精神生活、および実際の生活が浮かび上がってくる。
読者の精神までものみこむほどの固有名詞の連発。
それなのに読むのを止められなくなるのはどうしてだろう。
それは彼と同じ世界に生きるわたしたちもまた知っておかなければならないことの氾濫で溺れかかっているからではないかと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画と音楽に溺れる日々

2015/12/24 03:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

人によって何にお金を使うかは違うだろう。著者は食べ物がなくても欲しいCDは買う。家の電気を止められても、映画館には行く。好きなものに囲まれて過ごすことに無上の喜びを感じるのだろう。そんな一風変わった生活が独特の皮肉でつづられる日記だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/08/22 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/10 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/19 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/04 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/26 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/07 04:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/02 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/17 08:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る