サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-74409-0
文庫

紙の本

ゴメスの名はゴメス (光文社文庫 結城昌治コレクション)

著者 結城 昌治 (著)

失踪した前任者・香取の行方を探すために、内戦下のサイゴンに赴任した坂本の周囲に起きる不可解な事件。自分を尾行していた男が「ゴメスの名は…」という言葉を残して殺されたとき、...

もっと見る

ゴメスの名はゴメス (光文社文庫 結城昌治コレクション)

税込 586 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失踪した前任者・香取の行方を探すために、内戦下のサイゴンに赴任した坂本の周囲に起きる不可解な事件。自分を尾行していた男が「ゴメスの名は…」という言葉を残して殺されたとき、坂本は、熾烈なスパイ戦の渦中に投げ出されていた。香取の安否は?そして、ゴメスの正体は?「不安な時代」を象徴するものとして、スパイの孤独と裏切りを描いた迫真のサスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

サイゴンも魔都だった

2010/01/15 22:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和37年、ある商社のサイゴン駐在員が行方不明になる。ホーチミンらがフランス軍と戦った「インドシナ戦争」が終了して、ベトナムは南北に分かれ、アメリカの支援する南とソ連が支援する北との間の緊張が高まってきた時期(だそうだ)。主人公は親友でもあった前任者の捜索のためにサイゴン赴任する。
このサイゴンで行方不明者は珍しくないのだという。ベトコンか、その他の政治勢力か、それらと警察・政府軍の争いに巻き込まれたか、理由はいくらでもある。だがいくら謀略の坩堝だとしても、一介の日本の商社員がそれに関わることなどあるのだろうか。
その当時の日本人インテリのマルクス主義へのシンパシーがあり、また大戦後にベトナムに残り独立戦争にも協力していた旧日本軍兵士の存在にも共感がある。日本人を活動に引き込もうと誘惑する美女がいて、自らを混沌の中に落とし込みたくなる虚無感がある。相手の勘違いによって巻き込まれたと思っても、最初からの狙いだったのかもしれない。
平穏にやり過ごして無事帰国することを願いながら、少しずつ、歯車が一つずつカチっと合っていくように、危険の淵に近づいていってしまう。速度がついてしまえば、引き返せない意地も出る。迷い込んでしまえば、複雑に入り組んだいくつもの(無数の)組織の関わりと凌ぎ合いは麻薬のように人を惹き付ける魅力がある。
プロのスパイというわけではなく、国家レベルの陰謀劇に巻き込まれた一般人のてんやわんやである。そこには過去の戦争についての懺悔や、腐敗した政府に虐げられるままの民衆への義侠心もあるのだろうが、それらを表面に出さないのが、プライドであり、男の礼儀でもある。この舞台は自分の中の尖った部分をあらわにする。たぶん高度成長期の日本で、誰も彼もが大馬力で欲望の実現に向かっている中、ふっとエアポケットのように迷い込んだサイゴンの濃密な空気、終わり無き無情のバトルフィールドが、積もり積もった蹉跌の浄化装置の役を果たしたのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/25 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/10 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/20 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/07 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/09/07 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。