サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-603604-0

紙の本

『十五少年漂流記』への旅 (新潮選書)

著者 椎名 誠 (著)

著者が幼い頃から何度も読み返しているジュール・ヴェルヌのこの冒険小説には謎があった。十五人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデルは、本当にマゼラン海峡にあるのか?...

もっと見る

『十五少年漂流記』への旅 (新潮選書)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

著者が幼い頃から何度も読み返しているジュール・ヴェルヌのこの冒険小説には謎があった。十五人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデルは、本当にマゼラン海峡にあるのか?南米、そしてニュージーランドへ。冒険好き作家が、南太平洋の島々に物語の謎を追ったミステリアスな旅。【「BOOK」データベースの商品解説】

15人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデルは、本当にマゼラン海峡にあるのか? 冒険好きの作家が、南米、そしてニュージーランドへと、世界的ベストセラー小説の謎を追った大紀行。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

椎名 誠

略歴
〈椎名誠〉1944年東京生まれ。東京写真大学中退。作家。著書に「岳物語」「アド・バード」「犬の系譜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

珍しく、一冊の本の中で同じ話が繰り返し出てきます。それが有効か、っていうと老人の繰言みたいで冗長。単行本化に当たってあまり手を入れていない、そう思わせます。シーナさんとしては珍しい・・・

2008/10/16 20:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いいタイトルです。ある意味、ありふれた題ではありますが椎名誠本としては実に新鮮で、これが新しい新潮選書のカバーに実に合うんです。出版案内を見ただけで嬉しくなってしまいました。ちなみに、落ち着いたモスグリーンを使った装幀は新潮社装幀室、シンボルマークは駒井哲郎、可もなく不可もない本文写真は齋藤海仁。

毎回五月蝿いくらい書いていますが、この作品の初出について新潮社の本には

初出は季刊『考える人』の2005年秋号~2007年秋号に連載された「黄金の十五人と謎に島」に加筆修正しました。

とあります。初出と加筆修正を必要もないのに一文にしてしまったため、意味不明のものになっています。

正しくは

初出は「黄金の十五人と謎に島」という題で季刊『考える人』の2005年秋号~2007年秋号。
今回、単行本化にあたり加筆修正しました。

でしょう。

カバー後の案内ですが

旅する作家、座右の書。世界的ベストセラー冒険小説の謎を追った大紀行

著者が幼い頃から何度も読み返しているジュール・ヴェルヌのこの冒険小説
には謎があった。十五人の子供たちが漂流した無人島チェアマン島のモデ
ルは、本当にマゼラン海峡にあるのか?南米、そしてニュージーランドへ。
冒険好き作家が、南太平洋の島々に物語の謎を追ったミステリアスな旅。

となっています。シーナさんは私が愛してやまない作家の一人ですが、高三次女のアイドルでもあります。彼女は中学生のとき椎名さんを学校に招いて講演をしてもらい、夫の本にサインも頂いたこともあります。そんな彼女ですから、今回の本を渡されたとき「これって、この間テレビでやってたやつでしょ」。

どうも知らない間に、シーナさんの登場するチャタム島への旅の番組を見ていたらしい。で、読み終わった時には「蚊の話って、講演でもやってたよ」と教えてくれました。以前、そういう報告はありませんでした。きっと、親に言っていないことが沢山あるのでしょう。

閑話休題(それはさておき)、シーナさんは様々な本で同じ話を、視点を微妙に変えながら取り上げるます。それ自体は気にはなりません。パタゴニアへの旅だって何度か読んだ記憶があります。ただ、同じ本のなかでの繰り返しはあまりしない。特に使いまわし的なことはメッタにしません。まして連載した記事を本にする場合、加筆修正の過程で、それらは削られスッキリするのが普通です。

ところが、この本ではどうもその修正がうまく行っていない。例えば、田辺教授のハノーバー島の様子が『漂流記』と異なるという説の紹介が、色々な章に繰り返し出てきて、それがどれも中途半端な印象を与えます。雑誌連載のときはわかりますが、単行本にするなら、思い切って一章をそれに割いてしまったほうが分かりやすい気がします。

フィクションとドキュメントの違いがわからなかったという話も、繰り返すほどのものではないでしょう。いや、第二章などはその存在自体がこの旅行記に合っていません。楽しいし、ためになることも書いてあるので、シーナファンにとっては有難いことなんでしょうが、それでも水と油のように溶けあってはいません。

シーナ本としては、珍しく冗長、といった感が強い一冊でした。最後に各章のタイトルと簡単な内容紹介をしておきます。

はじめに:旅をし文章を書く、その原点となったのがスウェン・ヘディン『さまよえる湖』とジュール・ヴェルヌ『十五少年漂流記』

一、小さくて多すぎるいやらしいものたち:シベリアコンドル毒針アカイエ蚊のツオサ・・・

二、アレウト族の鼻の横骨:ネパールでは誰も星に感心を持たず、モンゴルでは花に興味を示さない。日本では水の存在が・・・

三、マゼラン海峡へ:パタゴニアでとれる、タラバガニににたセントーヤの頭は空っぽ?

四、ハノーバー島への航海:船の揺れがおさまり、最初の昼食は思いがけず豪華で・・・

五、アザラシの吠える声:『ロビンソン・クルーソー』三部作やフォークランドの烏賊漁など・・・

六、絶海の孤島で何を食うか:地球規模での海洋生物の激減ぶりは、セントーヤの大きさにも影をおとし、ギョーザの話になって・・・

七、太平洋ひと回り:最初に書いた2冊+ヘイエルダール『コン・ティキ号探検記』が子供の頃崇拝していた本だと、突然追加され、田辺教授の「『十五少年漂流記』の舞台となったチェアマン島のモデルはハノーバー島ではなかったのでは」という説に・・・

八、世界でここだけしかない時間を持つ怪し島:その本当のモデルはチャタム島ではないかという田辺博士の説を確かめに・・・

九、漂流者をのせてさまよえる島:チャタム島を空からも眺め、こここそモデルと確信したが、なぜ『十五少年漂流記』終章まぢかにチャタム島の名前がでてくるのか・・・

 本書で紹介された本

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/19 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/23 15:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/08 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/21 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/24 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。