サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 彩雲国物語 13 黎明に琥珀はきらめく

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

彩雲国物語 13 黎明に琥珀はきらめく(角川ビーンズ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ビーンズ文庫
  • サイズ:15cm/255p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-449916-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

彩雲国物語 13 黎明に琥珀はきらめく (角川ビーンズ文庫)

著者 雪乃 紗衣 (著)

藍州から帰還した監察御史の秀麗に届いた、驚きの報せ。なんと、吏部侍郎の絳攸が投獄されたというのだ!罪状は、侍郎として、尚書・紅黎深の職務怠慢を止められなかったというもの。...

もっと見る

彩雲国物語 13 黎明に琥珀はきらめく (角川ビーンズ文庫)

583(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「彩雲国物語 13 黎明に琥珀はきらめく」が含まれるセット商品

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫) 全18巻完結セット(角川ビーンズ文庫)

彩雲国物語 (角川ビーンズ文庫) 全18巻完結セット

商品説明

藍州から帰還した監察御史の秀麗に届いた、驚きの報せ。なんと、吏部侍郎の絳攸が投獄されたというのだ!罪状は、侍郎として、尚書・紅黎深の職務怠慢を止められなかったというもの。そして絳攸を追い詰めたのは、秀麗の天敵である御史・陸清雅。このままでは絳攸が辞めさせられてしまう!!この危機に、彼を弁護するため、立ち上がった秀麗だけど!?いよいよ絳攸の過去も明らかに!?国民的人気シリーズ待望の第13弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

ヒロインが男前

2015/08/12 13:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者がその内死んじゃうんじゃないかといういっちゃった修羅場っぷりに笑っていいやら…。
 圧倒的に男の登場人物が多いのに、ヒロインが圧倒的に男前。良いのかこれで。少女小説として。
巻末のショートストーリーが泣かせます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/06 01:46

投稿元:ブクログ

この巻の話自体は面白いと思うのだけれど、初期の頃の展開と温度差がありすぎて、どうも腑に落ちない。
「今までのは伏線で、実はこういう裏事情だったんだよ」みたいに書いているけれど、こじつけにしか感じられないなぁ。

2008/09/19 17:28

投稿元:ブクログ

コウユウと黎深、出会いの過去が明らかになります。
気になっていたことが分かる話だけれども、
一冊中だけでの盛り上がりに欠けた巻だったなぁ。

2009/06/06 23:45

投稿元:ブクログ

ご存知人気シリーズ第13弾!!
迷子迷子で不器用な人たちのお話です。馬鹿だけど大切なことを忘れてなければいいんじゃないかな。
主人公(?)の秀麗はそっちのけで、ひたすらコウユウを掘り下げて掘り下げて。今まで明かされていなかった過去が明らかに!
しかし秀麗はどうなるのか。やっぱり次作を早く読みたーい。

2008/05/01 21:16

投稿元:ブクログ

楸瑛に続いて、絳攸もピーンチッ><
しかも、またしても縹瑠花の策略(?)付き!
公式サイトには「本編『紅家編』スタート」って書いてあったけど、この巻は絳攸の自立話って感じかな。
と言っても、作中の半分以上は夢の中なんだけどね(苦笑)。
ともかく、楸瑛が静蘭の部下になり下がり、絳攸は首の皮一枚で官吏に留まっただけ。
両“花”が失墜した上に、最後の最後に(本人の知らない所で)秀麗から「嫁は無理」宣言されちゃった劉輝が、実は今回一番可哀相なのかも。。。
まぁ、ザジ的には秀麗と清雅の絡みがあればとりあえずオッケーなんだけどねw

2008/05/24 21:17

投稿元:ブクログ

そろそろ登場人物が覚えきれなくなってきて「この人誰だっけ?」という人がちらほら…。
劉輝の周りがぼろぼろ崩れてきているので、どのくらいまで崩れて、どう落ち着くのかが気になるところ。

2008/11/27 17:45

投稿元:ブクログ

藍州から帰還した監察御史の秀麗に届いた、驚きの報せ。なんと、吏部侍郎の絳攸が投獄されたというのだ!罪状は、侍郎として、尚書・紅黎深の職務怠慢を止められなかったというもの。そして絳攸を追い詰めたのは、秀麗の天敵である御史・陸清雅。このままでは絳攸が辞めさせられてしまう!!この危機に、彼を弁護するため、立ち上がった秀麗だけど!?いよいよ絳攸の過去も明らかに!?
国民的人気シリーズ待望の第13弾!!

2008/05/25 15:40

投稿元:ブクログ

なんのかんので、反王様派(?)も霄太師の掌で転がされてる感が否めない。
楸珠好きのわたしとしては不安な一文ー…四男そこで反論せんかっ。百合白からいっても、もしかしてパパ上…!?

2008/05/06 15:48

投稿元:ブクログ

面白いんだけど登場人物多いー!
これからどうやって伏線を拾っていくのだろうか。
ちょこちょこっとあるギャグにシリアスな雰囲気が緩和されたりするシーンが好き。

2008/05/06 23:53

投稿元:ブクログ

シリアスな展開なのにどっかにちゃんと笑いどころがあり、さらに毎回新事実や過去のナゾ解きがあったりして・・・今回も面白かったです☆
そして今回の黎深の行動も今後何らかの布石となるのでしょう。秀麗と会えるのはいつ!?
悠舜の正体と、かなり不穏な現在の状況がかーなーり気になります。

2009/04/04 21:48

投稿元:ブクログ

3/26 絳攸様ファンとしては嬉しくもあり、残念でもあり。最初から好きだったけど、加速度的に面白くなっていく。星5つじゃ足りない。

2008/09/01 07:33

投稿元:ブクログ

瓢家の狙いは一体・・・藍さまの次はコウユウが狙われてしまいました。
シュウキの手のひらから零れ落ちる大切なもの
最後のひとつまで失わない為に、失わせない為に、秀麗は走ります。
燕青も御史台勤めになります

羽羽様って瓢家の人だったのね・・・リオウも瓢家が「役目」を果たしていない、誰も果たそうとしていない事に気がつき、当主に逆らうような動きをはじめました

2008/05/04 01:11

投稿元:ブクログ

コウユウが中心に書かれていたんですが、そろそろキツクなってきたのでは?黎深からの独立が書かれたり、官僚としての対人関係はよかったんですが、政治的かけひきがつらいと思います。
官僚としてのあり方を問うのはいいんですが、それにしては基本的な言葉遣いや振舞のラフさに違和感があります。最初のほうのもっとライトなノリであったりしたほうが、作風にあっていると思えます。

2011/02/13 22:08

投稿元:ブクログ

貴族派の魔の手がだんだんと包囲網を狭めて、王劉輝を追いつめ始めました。
今回は紅家包囲網。
十三姫と劉輝の関係をみていると、このまま妃となってしまっても違和感がない。実は劉輝にとって1番楽な相手では・・。
身体のこともあり、秀麗は妃にはなれないと思っている。百合さんと黎深の間と同じ、逆に子があっては困るという相手としたら静蘭がやっぱり妥当ではないかしらん

2008/05/01 23:33

投稿元:ブクログ

待ちに待った本編第13巻です!今回は劉輝×秀麗の恋愛部分はことごとく削られてて、なんかあの2人は仕事仲間っぽい雰囲気が濃厚だったんですが……。とりあえず絳攸がどうなったのかは読んでのお楽しみですよ。黎深の身の回りにも変化が!そして百合さん本編登場! 毎回雪乃先生には感服します。話をとことん詰めてきたって感じ。未読の方は早く読むべし。

角川ビーンズ文庫 ランキング

角川ビーンズ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む