サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. DRAGONBUSTER 01

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

DRAGONBUSTER 01(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-867027-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

DRAGONBUSTER 01 (電撃文庫 龍盤七朝)

著者 秋山 瑞人 (著)

虐げられる民“言愚”の青い目を持つ涼孤は似顔絵描きと講武所の下働きで糊口をしのぐ。かつて胡同の闇の中で、素性の知れぬ老婆より剣を習い、双剣を授かる。卯王朝、第十八皇女の月...

もっと見る

DRAGONBUSTER 01 (電撃文庫 龍盤七朝)

594(税込)

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01

594 (税込)

龍盤七朝 DRAGONBUSTER 01

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

虐げられる民“言愚”の青い目を持つ涼孤は似顔絵描きと講武所の下働きで糊口をしのぐ。かつて胡同の闇の中で、素性の知れぬ老婆より剣を習い、双剣を授かる。卯王朝、第十八皇女の月華は屋敷を抜け出しては市井を探検する。感情が高ぶると地団駄を踏みながらぐるぐる回る癖がある。涼孤はどぶ川の畔で双剣を持ち“龍を呑む”。月華はそれを目撃し—「妾も剣をやるっ!」鬼才・秋山瑞人が贈る、剣をめぐる物語。古橋秀之とのコンビによるシェアワールド企画“龍盤七朝”第一弾登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生活感のある深い世界観

2008/05/18 15:06

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄まじく濃く丁寧に描かれた中華風ファンタジー
キャラクター達の生活感が滲み出ています
武侠テイストとボーイミーツガールが混ざりあって、熱く楽しく大きく期待の持てるシリーズ
劇中劇もいいアクセントを与え、ファンタジックな世界観を彩っています

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

全キャラが血の通った人間

2012/11/29 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Antikim - この投稿者のレビュー一覧を見る

話があっちこっちに寄ってるので超目標が見えない話。
しかし、全キャラが血の通った人間してる。凄い
主人公に集中させないし目標もハッキリ見えないので
基本的に超マイナー志向の小説。
でも滅茶苦茶上手いと思います。

あと、ベルガ様可愛いです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/05 00:30

投稿元:ブクログ

2009/01/05読了。
文章うめええええええぇぇぇぇぇぇ!

お…思わず興奮してしまった。
この著者についての噂には聞いていたが、著作の内容が、「イリヤ」とか…なんというか、男性向けエロゲ的ライトノベルだと思っていたので、なんとなく鬱になるのはやだな〜、あと私、女だしと思って忌避していた。

しかし。しかし!
そんなこと関係ないよ〜〜!本当に物語りが上手くて、人物描写が最高だと「はっ!ここで萌えろ!って作者にねらわれてる!」って気づいても、「だめだ…この娘、めっちゃ可愛い〜!」って自動的に思わされるものなんだな〜
ちょっと、ここまで気持ちよく作者の意図にのせられたことってラノベではほとんどないから、衝撃でした。
ラノベ的キャラであってもキャラクターではなく「人間性」を伝えられる作家って存在するんだ。本当、物語とかジャンルで優劣はつけられない。

さらに、この著者が一級のファンタジー作家であることは本当に間違いがない。
序章、いきなり決してこの世でありえないシーンが、臭いすらあるような感じで全く違和感なく展開される。
その後も、市場の様子、人々の反応、観念、全く現代と違う世界を、現実感を伴って現出している。
まさに一流ファンタジー作家。トールキンが言うところの、「翠の太陽がある世界」を描ける一人かもしれない。
なんか、うまくいけば、十二国記レベルの中華世界創造できるんじゃないだろうか。という気さえしてくる。

特記すべきなのは、また編集である。
回想にまるまる費やされる序章から本編にはいるところに、見開きでイラストページを置き、タイトルバックしてあるのである。
まるで映画を見ている感覚に陥るような構成だった。

新年早々、良書を読むことが出来ました。
次作が出ることを切に願います…。

2016/09/07 12:07

投稿元:ブクログ

10年経って最終巻となる予定の3巻が出ず、これはもう一生書く気ない、あわよくば死後に誰かが勝手に引き継いで完結させてくれればいいと考えていると取りましたので、一旦2巻までで感想を書きます。

本書は古橋秀之氏の 龍盤七朝・ケルベロス シリーズと世界観を同一とした作品で、龍盤七朝の世界の中で秋山瑞人、古橋秀之両氏で話を作り上げる企画になっています。
龍盤七朝・ケルベロスは未読です。そのうち読む予定ですが、古橋秀之氏も筆が遅いことで有名で、龍盤七朝・ケルベロスも7年ほど前に"壱"が出て以来"弐"が出る気配もないです。
本書も次巻が出ることを期待する方は購入をお勧めできません。

内容は、それでもさすが秋山瑞人といった感じで、読みやすく面白いです。
ただ、2巻で止められると誰も報われず、意味深に広げられた風呂敷が片付けられずはためいたままとなってしまうので、早く完結させて欲しいと願うばかりです。

2009/04/29 23:36

投稿元:ブクログ

はやく続きが読みたい!!!!待ちきれない!!流れるような文章、イキイキとした登場人物、そして穏やかに確実に進む物語。どれをとっても天下一品。あーもー早く次巻でないかな!

2008/05/28 15:22

投稿元:ブクログ

「猫の地球儀」が大好きで、秋山さんが久しぶりに新刊出してる!と思って買っちゃいました。
暖かくておかしくて涙が止まらない―――猫の地球儀の2巻の紹介によく書いてある文ですが、またそんな感じになりそうだなあと思う。
涼孤頑張れ!
ただ個人的に思うのは、「世界」を書きたい小説は、キャラクターのことが全部知りたい!っていう人に不向きだから
2冊目でラストってそんな、絶対私の中で未消化で一生残りそう。猫の地球儀みたいに・・!
なんにせよ、2冊目に期待です。あまり間があかないといいな

2009/04/21 01:03

投稿元:ブクログ

秋山瑞人の名前買い。
古橋秀之先生との世界観共通という事で…似たジャンルとして書かれた同先生の『IX』(ノウェム)の続きが出てない事に些かの不安があるだが…。

いや、なかなか面白かったです。
導入と言ってもいい内容で一巻使うのかとは思いましたが、端々に見える秋山先生の作風に懐かしさがこみ上げてきました。
ひとまず二巻に期待してます。

2008/09/20 22:34

投稿元:ブクログ

くそ、月華がかわいすぎる。小さい女の子の描写では秋山の右に出る者は居ないのではないだろうか。デストロイ。

2008/06/24 21:26

投稿元:ブクログ

いつのまにやら秋山瑞人が出てたのでなんとなく購入。
しかも古橋と共同制作ってなんですかこの豪華さ。
でも、なんかすごく続きが出なさそうな気がするのは気のせいですか。ひょっとしてデストロイの季節が来ないのを自分はうらみすぎですか。


そんな感じで読んでみたけど文体はいつもの秋山瑞人。
でもなんとなくノリきれてない。物語が出だしにすぎないからなんでしょうか。
でもあと一冊でこのエピソード完結とのこと。
ええー。急加速にもほどがありますよ。
こんな設定出されたらあと10冊くらい続くのかと思うじゃないですか。

とにかく、続きが出たらちゃんと買うので早いとこお願いします。
あと、もうプロットだけでも何でもいいからデストロイの季節がなんだったのか位教えてください。

2009/11/17 01:00

投稿元:ブクログ

久しぶりに読んだラノベかも。
ほぼ序章に近いけれど、これは面白い。
変に萌えにはしっていないところも好き。
中華風ファンタジーということで文中に出てくる言葉に少し癖はあるけど、一度慣れてしまえば後はするする読めた。
きな臭いことが起こりそうな気配もするし、今後物語がどう進むんだろう。
2人の作家によるシェアワールドということで、もう一人の古橋さんのほうの物語も気になるし、これからを期待!

2008/11/04 16:49

投稿元:ブクログ

おてんば姫ベルカと
絵描きで生計をたてる被差別民族のジャンゴの話

一見接点がないように思える二人だが、
強大な剣術の才能があり
自身ではそれに気が付いていない
という共通点を持つ

まるでその力に導かれるように
序章ともいえるこの一巻で二人は出会う


二巻がものすごく盛り上がりそうな予感なんだが
いつ出るのか、本当に出るのか不安

2010/03/27 15:43

投稿元:ブクログ

……途中でめげた……。
ヒロインの好き嫌いが激しいので、好みのヒロインじゃないと時折こうなる。電撃はどうしても……なぁ。

2016/11/06 21:54

投稿元:ブクログ

どうもまだ完結してないようなので、終わってから読もうかなと思っていたけど機会があったので1巻だけ。
秋山作品飢えてるのでこの文章読めるだけでなんかうれしい。
一巻だけだけど恐ろしく作りこまれた世界を感じる。そしてあいかわらずのうんこ。うんこ出てくると安定の秋山ワールドみを感じてしまうのは私だけだろうか。なんだろう、罵倒とかギャグのためだけでない、世界観に基づいた汚物というか…。
続きが楽しみだけど、まだ2巻しか出てないので手をつけるべきか悩む。

ただ一つだけ、ベルカとかジャンゴとかどうしてもその読み方が違和感しかなかった。

2012/02/15 19:56

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
虐げられる民“言愚”の青い目を持つ涼孤は似顔絵描きと講武所の下働きで糊口をしのぐ。かつて胡同の闇の中で、素性の知れぬ老婆より剣を習い、双剣を授かる。卯王朝、第十八皇女の月華は屋敷を抜け出しては市井を探検する。感情が高ぶると地団駄を踏みながらぐるぐる回る癖がある。涼孤はどぶ川の畔で双剣を持ち“龍を呑む”。月華はそれを目撃し―「妾も剣をやるっ!」鬼才・秋山瑞人が贈る、剣をめぐる物語。古橋秀之とのコンビによるシェアワールド企画“龍盤七朝”第一弾登場。

----------------------------------------

龍盤七朝シリーズの第1作。中華風ファンタジー。ラノベかと思っていたが、新聞書評がかなり好意的だったので興味をもって読んでみることに。
で、これが実に面白い。青い目の涼狐(ジャンゴ)は身をやつしているが、龍の双剣を継いだ若者。そして世間知らずで高慢なお姫さま月華(ベルカ)も、やはり只者ではない剣技の才能を秘めている。
キャラクター造形的には『星界の紋章』のジントとラフィールのような感じでもあるのだが。なかなか設定も魅力的で、構成もしっかりしていて、ぐいぐい読ませる面白さがあった。
長いシリーズにすることも可能だろう。(全3巻完結らしいが)

2012/02/21 18:50

投稿元:ブクログ

久々に引き締まった文章
最近は行間がないだらだらとした文章が多い中で嬉しい限り

身分違いの恋愛となるのかどうなのか
月華は剣に目覚めるのか、ジャンゴから教わるのか
続きが気になる

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む