サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. こぶじいさま 日本の昔話

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

こぶじいさま 日本の昔話
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児 小学生
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:20×27cm/27p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:978-4-8340-0788-6
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

こぶじいさま 日本の昔話 (こどものとも絵本)

著者 松居 直 (再話),赤羽 末吉 (画)

〔初版:1980年7月,第26刷より新規製版してシリーズ名を「こどものとも傑作集」から「こどものとも絵本」に変更〕【「TRC MARC」の商品解説】

こぶじいさま 日本の昔話 (こどものとも絵本)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「こぶじいさま 日本の昔話」が含まれるセット商品

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

  • 税込価格:10,800100pt
  • 発送可能日:購入できません

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

  • 税込価格:10,800100pt
  • 発送可能日:購入できません

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

  • 税込価格:10,800100pt
  • 発送可能日:購入できません

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

日本の伝統に触れる 民話と昔ばなし 10巻セット

  • 税込価格:10,800100pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本の財産・赤羽末吉画伯が手がけた民話絵本の1冊。達者で動くように流れる筆づかいの見事さ。

2001/06/19 12:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ももたろう』や『だいくとおにろく』と同じコンビによる民話絵本シリーズの1冊。

 松居直さんは福音館書店で日本の絵本の基礎を築き上げてきた人。「絵本は<子どものための本>ではなく、<大人が子どもに読んであげる本>です」と絵本論や講演などで語りかけている。絵を読もうとする子どもたちの心の働きに大きな可能性を感じて本づくりを続けてきた絵本界のゴッドファーザーである。
 故・赤羽末吉画伯は『スーホの白い馬』はじめ数々の絵本で国際的な評価を受けた大家である。幽玄な広がりを感じさせる画業は日本の財産だと言っていいのではないか。

 余談であるが、生でお見かけしたことのあるおふたりの顔からは、温厚さと優しさがあふれんばかりににじみ出ていた。子どもに喜ばれる本づくりに心血を注いできた人たちが持つ独特の雰囲気がただよっていた。

 「こぶとりじいさん」のお話というと、ほっぺたにあるこぶの印象が強い。けれども、この再話では、こぶがひたいにある。
 民話は口承されてきたものだから、どこにあるこぶかということは曖昧に扱われていたようだ。文字だけの再話集をいくつか当たってみると、確かにこぶの位置が明確に語られていない。
 絵本化されるに当たって民話というのは、具体化されてしまう。民話研究者の中には、絵本にするのは好ましくないと主張する人もいるらしい。確かに、その意見も無視できないなという気がする事例だと思う。

 お話の流れは人口に膾炙したもので、こぶのあるじいさんがふたりいる。
 ひとりのじいさんが山に出かけて帰りそこね、お堂で休んでいると外で鬼の集会が始まるのだ。はじめのうちは恐くて見つからないようにのぞいていたじいさんだが、鬼たちの唄や踊りがだんだん楽しくなって飛び出していく。
 いつのまにか夜が明けそうになったので、鬼たちは帰ろうとするが、じいさんが気に入ったので明日もこいと声をかけ、それまでこぶを預かっておくと言う。 
 
 じゃまなものが取れて、じいさんは大喜びで帰っていく。事情を聞いた隣の家のじいさんが「俺も」と出かけていく。
 かくれて待っていると前夜と同じように鬼たちの陽気な集会が始まる。飛び出していって踊りだすじいさんだったが、鬼たちが喜んだ唄が歌えない。歌詞がちがうのだ。
 そのじいさんを昨日と同一人物だと思っている鬼たちは、おまえの宝は返してやると、こぶをじいさんにくっつけて追い返す。

 カラーの見開き画面とモノクロの見開き画面が交互に現われる作りになっている。製造コストの節約?とも思えるけれど、そのモノクロが夜のシーンとして、また鬼という異界の生き物たちの生きる世界として、うまく利いている印象だ。

 読まれる機会が減った民話だけれど、たとえ話に引かれることもなくなったら、日本語の表現はやせ細っていくのではないだろうか。せめて有名な民話ぐらいは、子どもたちの共通知識として伝えていきたいなと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/02 22:52

投稿元:ブクログ

基本的には「こぶとりじいさん」と同じお話。
違いはこぶが「ひたい」にあること。
民話はどれもそうだけれど、話の内容は絵本により少しずつ違います。
やっぱり赤羽氏の絵がいい!!

2015/08/12 00:45

投稿元:ブクログ

赤羽末吉さんの作品を追いかけている。

こぶとりじいさんの絵本。

私が知っている話では、こぶは頬にあり、夜を明かそうとしたのは木のうろだったような気がする。
この再話では、こぶは額にあり、夜を明かそうとするのは山の神様のお堂だ。
「くるみは ぱっぱ、ばあくづく、
 おさなぎ、やぁつの、おっかぁかぁ、
 ちゃぁるるぅ、すってんがぁ、
 一ぼこ、二ぼこ、三ぼこ、四ぼこ……」
これが全然わからない……誰かがよんでいるのをきいてみたい。
額にこぶのあるじいさまは、山の神様に守られたのではないだろうか。
インクなのか何なのか、においが嫌いだ。

2010/03/11 08:59

投稿元:ブクログ

昔、ひたいに大きなこぶのあるおじいさんが、山のお堂にとまりました。すると夜中に、大ぜいの鬼がやってきて……。やわらかな色調で描いた民話絵本です。

2012/08/27 11:05

投稿元:ブクログ

「ももたろう」と同じく、著者: 松居直、制作: 赤羽 末吉 のお話。なので、ストーリーも質が高く、絵も綺麗です。ただ、3歳のこどもには未だ、この こぶじいさまのお話がよく理解できてないようです(笑)
でも、昔話は、わかる、わからないではなく、このなんともいえない不思議な感覚がまた面白いのかなーとも。^^

2012/11/04 20:10

投稿元:ブクログ

こぶとりじいさんの中では大好きな本です。
なんてったって赤羽さんの絵がね。大好きなんで。

短いお話なので、読み聞かせに使う場合は
もう1冊ぐらい用意しておくといいですね。
もしくは音頭のところをこどもたちと手拍子入れちゃうとかね。
踊りだす子がいても楽しんじゃってよね!

あとは、こぶとりじいさんで読み比べるか、
赤羽さんで用意するか、
別の昔話にするか・・・
組み合わせは楽しんでほしいですね。

2015/01/05 13:14

投稿元:ブクログ

【日本の昔話】幼児〜(6分)
再話:松居直 画:赤羽末吉
◆語りの定番テキスト。赤羽末吉の画はもちろん味わい深いが、濃淡だけのモノクロページもあり、遠目がきくとは言い難い。手にとって鬼の表情など楽しみたい絵本。#鬼

2017/01/30 07:26

投稿元:ブクログ

赤羽末吉さんの絵がとても魅力的。色合いがなんとも言えず美しい、そして、ページ毎に交互に墨絵だけのモノクロになり、想像が膨らむ世界が広がる。しかもそのモノクロも濃淡があり光を感じる。
日本の昔話にふさわしい和風の美しさがあるので、これを子どもに届けるのは嬉しい気がする。
この絵本を覚えて語る方もいるので、それも聴いたとき、広がった。途中唄うところが愉快。耳で聴いたそのままを同じ調子で唄う。
保育園年中さんで読み聞かせたとき、あとで質問が多くて湧いた。
確かにこの絵本では、悪いじいさんとは言ってない。こぶがとれたじいさまも、どうなったの?と。愉快にしてれば鬼いなくなるよ、と節分の鬼を怖がる子ども達へメッセージを込めて。

こどものとも絵本・傑作選 ランキング

こどものとも絵本・傑作選のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む