サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 「はだかの王様」の経済学 現代人のためのマルクス再入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「はだかの王様」の経済学 現代人のためのマルクス再入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.6
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/288p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-37105-3
  • 国内送料無料

紙の本

「はだかの王様」の経済学 現代人のためのマルクス再入門

著者 松尾 匡 (著)

かつて19世紀に資本主義経済を批判的に分析したマルクスの思想は、じつは今日の日本でも十分に「使える」ものだった。荘子から現代ゲーム論までを貫くマルクス疎外論の社会図式をわ...

もっと見る

「はだかの王様」の経済学 現代人のためのマルクス再入門

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつて19世紀に資本主義経済を批判的に分析したマルクスの思想は、じつは今日の日本でも十分に「使える」ものだった。荘子から現代ゲーム論までを貫くマルクス疎外論の社会図式をわかりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松尾 匡

略歴
〈松尾匡〉1964年生まれ。神戸大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。立命館大学経済学部教授。著書に「セイ法則体系」「近代の復権」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/08/03 15:48

投稿元:ブクログ

マルクス経済学を再度学ぶには最適な本だと思います。マルクスが説いていた社会と現在の資本主義社会との繋がり、実現し崩壊した社会主義との相違点などが良く分かりました。なかなか難しく完全に理解したとは言いがたいですが、勉強になりました。

2011/07/27 18:43

投稿元:ブクログ

これは好著。経済に疎い私でも難なく読めて、それでいて示唆的。

本書では「はだかの王様」の構造が最初に紹介される。
これは、「みんな『アレッ?』と思ってるけど言えない。なぜなら、それを言ったら
自分が損な目に遭うかもしれないから。こうして実体のない『権力』etc...が
あたかも本物のように振舞い始めて、人々の行動を規定(疎外!)する」というもの。

この枠組みに基づき、著者は明快に「貨幣」や「資本主義」などについて説明していく。
随所で童話などを例示に使うのも好感が持てるし、とにかく一貫してこの構造に
準拠していくので、常に思考がガイドされているようなある種の安心感がある。
物語性があるからなのか、経済書を読んでいるという気は全くしなかった(これが
良いことなのか悪いことなのかは判らないけど)。

マルクスの先見の明(とばかりは言えないけど)に驚くとともに、
現代社会の行く末についても考えさせられる一冊。
ただし、本書が現在の「経済学」においてどのように布置されるのかはよく判らない。
案外、別領域の人たちのほうが面白がるような類の書籍なのかなぁという気もする。
でも実にいい。

2009/03/13 11:42

投稿元:ブクログ

『はだかの王様の経済学』は戦慄すべき本である (by.山形浩生)
http://cruel.org/other/matsuo/matsuo.html

2012/11/26 16:48

投稿元:ブクログ

マルクスの資本論を読みたかったので、まずは概念等を理解したく選んだ一冊。これを読んでマルクス経済も何も経済概念もしっかり理解しなくてはならないことが判明。とにかく、分かりやすい。読書から離れていた人でマルクスを学び直したい、という人にはオススメしたい。

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む