サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暴走する資本主義
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 55件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.6
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/379p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-492-44351-4

紙の本

暴走する資本主義

著者 ロバート・B.ライシュ (著),雨宮 寛 (訳),今井 章子 (訳)

1970年代以降、超資本主義の状況下、人々の消費者や投資家としての力は強くなり、公共の利益を追求する市民としての力は弱くなった。超資本主義が民主主義に与える影響を防ぐには...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1970年代以降、超資本主義の状況下、人々の消費者や投資家としての力は強くなり、公共の利益を追求する市民としての力は弱くなった。超資本主義が民主主義に与える影響を防ぐにはどうしたらよいか。変革への方策を論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・B.ライシュ

略歴
〈ロバート・B.ライシュ〉1946年ペンシルバニア州生まれ。カリフォルニア大学バークレー校教授。『アメリカン・プロスペクト』の共同創立者兼編集者。バーツラフ・ハベル財団賞を受賞。著書に「勝者の代償」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー55件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ポスト暴走資本主義はディープパープルになれるのか?

2008/11/15 22:48

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

資本主義とは、赤か黒かのせめぎ合いの世界だ。
赤字なのか黒字なのかが世間に公表されてそれがほとんど株価
ボードというゲームボードに反映されて必然的に勝ち負けが生まれる。
とてもはっきりしている。はっきりしすぎて痛すぎた。


本書では、暴走する資本主義の処方箋として、民主主義を機能させる
ことの重要性を説いている。そして今月アメリカでは赤か青かの戦いに
ひとつの結論が出た。生身の体を持った人間の一票が、膨張する
赤か黒かの世界に判定を下したわけだ。アメリカの民主主義は崩れ行く
暴走資本主義と併走するように2008年を駆け抜け、バラク・オバマ
というひとりの生身の人間に収斂された。


私は本書と今回の大統領選挙の結果に、アメリカという国の底知れぬ
力を感じた。この11月にアメリカ人は、赤か黒かだけでもなく、
赤か青かだけでもなく、白か黒かだけでもない実に多面的な顔を
世界に発信したのだ。


そうこうしている間にも世界はすでに猛烈な勢いで変化している。
気が付けばG7は3倍近いG20にまでなり、資本主義のプレイヤーも
多様化した。フラッグの色彩も鮮やかに多彩なキャラが勢ぞろいで、
暴走を演じたブッシュアメリカは、何だかユルキャラにさえ見える。
これからアメリカは過去の威光の残照を放ちつつも緩やかに世界に
解けていくのだろう。


ここに来て、日本は資本主義の暴走を止める重要なプレイヤーだ、
などという論調が国内にはだいぶ溢れてきている。確かにそうなのだろう。
でも本書が言うように、これからは「民主主義を機能させること」が
まず重要なのだ。我々はどんな世界を見たいのか、それが主権者である
わたしたちひとりひとりに求められている。


その世界は、赤か黒かの経営者の世界より、白か黒かの裁判員の世界より、
実は難しい世界なのではないだろうか?わたしたちがこれから直面
するのは、青か赤か(なんと日本では自民党のHPは青、民主党は赤で
どこかの国と正反対だ)だけではないはずだ。両者が混ざり合った
ミヤビなムラサキの選択を見出さなくてはいけないのかもしれない。
そのとき、バイオレットがバイオレンスに行き着かないように、
ディープパープルな決断ができるかどうか、それがわたしたちに
突きつけられた、むき出しなポスト暴走資本主義だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

企業

2016/04/30 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:撫子の丘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

結局のところ日本は米国の後追いをしていることをを改めて感じた。
資本主義を再勉強。
とにかくなぜだか読みにくい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/12/14 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/27 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/01 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/21 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/30 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/25 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/14 12:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/04 19:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/19 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/03 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/24 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/13 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/24 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します経済学・経済理論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。