サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 思想地図 vol.1 特集・日本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

思想地図 vol.1 特集・日本(NHKブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • レーベル: NHKブックス
  • サイズ:19cm/468p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-009340-5
  • 国内送料無料

紙の本

思想地図 vol.1 特集・日本 (NHKブックス)

著者 東 浩紀 (編),北田 暁大 (編)

思想本来の力とは何か? 袋小路の時代に入り始めているゼロ年代の思想を俯瞰し、2010年代の知的な羅針盤の設立を目指す。特集は「日本」。「日本右翼再考」など現代日本の課題に...

もっと見る

思想地図 vol.1 特集・日本 (NHKブックス)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

思想本来の力とは何か? 袋小路の時代に入り始めているゼロ年代の思想を俯瞰し、2010年代の知的な羅針盤の設立を目指す。特集は「日本」。「日本右翼再考」など現代日本の課題に向き合う論文を多数収載。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

国家・暴力・ナショナリズム 東浩紀 ほか述 6−60
日本右翼再考 中島岳志 著 63−86
日韓のナショナリズムとラディカリズムの交錯 高原基彰 著 87−118

著者紹介

東 浩紀

略歴
〈東浩紀〉1971年生まれ。東京工業大学世界文明センター特任教授。著書に「存在論的、郵便的」など。
〈北田暁大〉1971年生まれ。東京大学大学院情報学環准教授。著書に「広告の誕生」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

予想される思想

2008/06/04 12:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「予想される思想」というのは、いかがなものだろうか? 雑誌が出る、編者の名前がわかる、そこから書き手のラインが読める、その通りの人が書く、それぞれが専門でみせる思考とは違って、立場だけがクリアになりながらもどこかで聞いたことのある議論が、「思想の最前線」の装いの元に交わされていく。こんな光景は、こと東浩紀をめぐっては、ことさらに珍しいことではない。現状を切り開いていくのが思想なのだとしたら、そうした思想を持つ者の振る舞いが、こうまで予定調和的な現実は、思想的にどのように考えられているのだろうか?

もちろん、一方で、「意義」を認めるにやぶさかではない。論攷によっては光るものもあるし、「思想」に賭けようとする意気込みも十分伝わるし、かかれた言葉それぞれの知的テンションの高さは、それとして評価できもする。雑誌という形態をとったのだから、今後、いかに「予想される思想」を超克していくのか、そこで真価が問われることになるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/10 18:44

投稿元:ブクログ

 ゼロ年代の現代思想を敷衍するための評論を編者がまとめたもので、創刊号である本書の特集は「日本」。質・量ともに相当濃い。どの評論も、予め予備知識となる思想を相当勉強していないと読みこなすことはできない。
 読んでみて特にヒットしたのが、伊藤剛「マンガのグローバリゼーション――日本マンガ「浸透」後の世界」と福嶋亮大「物語の見る夢――華文世界の文化資本」。強引にまとめると、二つの評論から、「日本の漫画やサブカルチャーはインターネットなどの影響により世界的に認知されて需要があるように見える。しかし、我々はその需要の様相や受容のされ方が決して日本のサブカル環境と同じではなく、それぞれの地域の特性に合わせて受容されていることにより注視すべきである」ということが見えてくる。某国総理大臣の下での所謂「アニメの殿堂」のような、ただ「日本のアニメやマンガを国家戦略に!!」というような戦略だけでは、逆に日本のサブカルチャー文化が危ない。

2010/12/03 01:02

投稿元:ブクログ

12月2日読了。東浩紀責任編集による、00年代の学者・実践者たちによる論考・鼎談集。第1弾である当初は「日本」をテーマとし、ナショナリズムと中国・韓国・北朝鮮ら関係の深い国々についてや、東氏の「動物化するポストモダン」にて取り上げられた「データベース的消費」から派生した小説(ライトノベル)・アニメ・マンガについてなど。先ごろ「思想地図β」なる最新本を上梓したと聞くが、実に幅広く仕事している人だなと感心する・・・。後書きにもあるとおり、東氏自身の論文が収録されていないのは物足りない気もするが、東氏の論文への批判もしくはさらに突っ込んだ議論を展開する著者もいて、これはこれで面白いのかも。しかし、何かに対して考えるということは、常に疑いを持ち、自分の基盤を見つめなおし、過去の定義を修正していくプロセスの繰り返しであることだよなあ・・・。

2008/05/11 15:22

投稿元:ブクログ

ある日、家庭教師先でソクラテスの話をしました。

そのあと、興がのってきたのでフッサールの話をしようとしました。

(中学2年生の女の子を相手に何をしているやらw)



そしたら言うんですね。彼女。

今の哲学者って何してるんですか?って。

どうせ役に立たないことやってんだろ、ってことだねw



さて、学問は役に立たねばならないものなのでしょうか。

というか、役に立つとはどういうことなのでしょう。

お金になる。職業につながる、ということでしょうか。



わたしはその必要はないと思っています。

わたしたちが日常ふとしたことで思いをめぐらせることがあります。

死ぬとは?幸せとは?結果と経過とどっちが大切なのか?

そういうことは、数千年前から世界中で最も頭がいいような人たちが考え続けていることです。

そして、今も「学問」はそれを継承しながら、批判と言う形でオリジナリティを発揮し続けています。



抽象的思考にはその価値があると思うのです。



まぁ、こう思われるようになったのには「島宇宙化」とか関係あるのでしょうかねw

法学・哲学・医学といった1文字学問だけだった世界に

近代への分析として、経済学、社会学などが生まれていきました。

(ウォーラーステインとか、この間の「社会学の名著」を参考)

最近では、国際福祉コミュニケーションスタディーみたいな意味わかってるのかというのが登場しています。

それは学問の蛸壺化の先にあるようでいて、かつ、「工学化」の先にあるようにも思います。

まぁ、いいんですが。



そういう「役に立たない」思想のための雑誌ができました。

(『現代思想』は党派色が強いですよねw)


思想地図 vol.1 (1) (NHKブックス 別巻)

作者: 東浩紀, 北田暁大
出版社/メーカー: 日本放送出版協会
発売日: 2008/04
メディア: 単行本


北田先生と東さんが編集委員をやって

「抽象度の高い思考」に挑戦しています。

また、彼らはそれが「役に立つ」と自信を持ってやっています。

若い頃から、体験に根ざした語りをしているやつなんて信用ならない。

意味がわからない、とののしられても、抽象度の高い言葉をしゃべり続けろ、といつか言っていました。



さて、そのなかでも印象的な議論はメンバーシップ論。

社会の成員とはなんなのか、というような議論です。

非常に刺激的な議論です。

ユダヤ人は「メンバー」ではないと虐殺した歴史がある。

黒人は「メンバー」ではないとストレンジフルーツにしてしまった暗い歴史がある。

じゃあイルカや鯨は、類人猿は「メンバー」となりうるのか。



これは単純な問題ではありません。

社会とのかかわり方や、権利の範囲などを規定する問題です。



東さんはそうした議論を回避する道を、アーキテクチャに求めます。

まさに「自由の剥奪感」を剥奪してしまうような「環境管理型権力」の中で一種「動物的」に暮らせればそれで幸せなのではないかという話です。

一理あります。メンバーシップ論を肯定しながら「よき社会」を構想すれば、そこには宮台真司的エリーティズムが出現しがちですから。

社会の問題をのみ考えるのであれば、「信頼」に頼るのではない社会の構想は可能性としてありえるでしょう。



しかし、生命倫理のことを考えていて、少し問題が生じるのではないかと思いました。

生命倫理的な問題のいくつかはメンバーシップ論的な問題設定を持っています。

例えば、人工妊娠中絶(あるいは生まれたばかりの子どもを殺すこと)であれば胎児は人間なのか。

人体実験であれば被験者は人間なのか。

PVS(植物人間)であればそれは人間なのか。



これは単純に生物種としての人間であるかを問うというよりも

自己決定権を持つ「近代的な」人間であるか否かを問う問題であると思います(一面ですが、もちろん)



その問題を考えるとき、それはアーキテクチャで解決できるのだろうか。そう思うのです。

自由に任せる、といったところで、彼らに「権力」は残されていません。(ウェーバー的な意味で)



ゆえに、わたしは「メンバーシップ」の問題を回避してはならないと思うのです。

そして、それには抽象的思考が必要であり、

またあるいは旧来の「飯の足しにもならない」学問が必要だと思うのです。

2010/06/14 15:49

投稿元:ブクログ

圧倒的な質と量。

予備知識皆無の自分には読むのが辛い個所もちらほら。特にサブカルの辺は読む気が起きずに結局飛ばして読んだ。

近い将来、また読んでみたい。

2010/04/08 23:37

投稿元:ブクログ

期待していた内容と異なり読むのを中断。
読むにはある程度勉強しておくことが必要。
人名や単語が分からない。

2011/06/12 17:58

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
思想はいま、本当に沈滞しているのか?
「社会問題」への性急な処方箋でもなく、イージーな「人生論」でもない、思想本来の力とは何か?
ゼロ年代の思想を俯瞰し、その限界を突破せよ!
来るべき10年代に向けた〈知〉の羅針盤を作れ!
現代日本の課題に真摯に向き合う、若き論客の論文を多数収載。
「抽象的思考」の可能性が、いまここに繰り広げられる。

[ 目次 ]
共同討議 「国家・暴力・ナショナリズム」
特集 日本(歴史のなかの「ナショナリズム」;ニッポンのイマーゴポリティクス;鼎談 日本論とナショナリズム;問題としての日本社会;共和主義の再発明)
公募論文 キャラクターが、見ている。―アニメ表現論序説

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2010/12/22 19:03

投稿元:ブクログ

思考が偏りがちだった自分に気付かせてくれたことが収穫。論客の世代が若いことが編集後記に書かれていたけど、僕らの同じ世代か少し上の世代の論文が満遍なく掲載されている雑誌って僕の中ではそんなに知らないしそんな意味でもグー。

2011/01/22 01:30

投稿元:ブクログ

ぱらりと読んだだけでも勉強したい思想家/思想がたっぷり。
せっかくこの学部にいるんだから、きっちり思想、哲学はおさえたい。

でもいまの優先順位からしてこれは後回し。
再読します。