サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 思想地図 vol.1 特集・日本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

思想地図 vol.1 特集・日本(NHKブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • レーベル: NHKブックス
  • サイズ:19cm/468p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-009340-5
  • 国内送料無料

紙の本

思想地図 vol.1 特集・日本 (NHKブックス)

著者 東 浩紀 (編),北田 暁大 (編)

思想本来の力とは何か? 袋小路の時代に入り始めているゼロ年代の思想を俯瞰し、2010年代の知的な羅針盤の設立を目指す。特集は「日本」。「日本右翼再考」など現代日本の課題に...

もっと見る

思想地図 vol.1 特集・日本 (NHKブックス)

1,620(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

思想本来の力とは何か? 袋小路の時代に入り始めているゼロ年代の思想を俯瞰し、2010年代の知的な羅針盤の設立を目指す。特集は「日本」。「日本右翼再考」など現代日本の課題に向き合う論文を多数収載。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

国家・暴力・ナショナリズム 東浩紀 ほか述 6−60
日本右翼再考 中島岳志 著 63−86
日韓のナショナリズムとラディカリズムの交錯 高原基彰 著 87−118

著者紹介

東 浩紀

略歴
〈東浩紀〉1971年生まれ。東京工業大学世界文明センター特任教授。著書に「存在論的、郵便的」など。
〈北田暁大〉1971年生まれ。東京大学大学院情報学環准教授。著書に「広告の誕生」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

予想される思想

2008/06/04 12:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「予想される思想」というのは、いかがなものだろうか? 雑誌が出る、編者の名前がわかる、そこから書き手のラインが読める、その通りの人が書く、それぞれが専門でみせる思考とは違って、立場だけがクリアになりながらもどこかで聞いたことのある議論が、「思想の最前線」の装いの元に交わされていく。こんな光景は、こと東浩紀をめぐっては、ことさらに珍しいことではない。現状を切り開いていくのが思想なのだとしたら、そうした思想を持つ者の振る舞いが、こうまで予定調和的な現実は、思想的にどのように考えられているのだろうか?

もちろん、一方で、「意義」を認めるにやぶさかではない。論攷によっては光るものもあるし、「思想」に賭けようとする意気込みも十分伝わるし、かかれた言葉それぞれの知的テンションの高さは、それとして評価できもする。雑誌という形態をとったのだから、今後、いかに「予想される思想」を超克していくのか、そこで真価が問われることになるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/10 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/03 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/11 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/14 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/12 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/22 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/22 01:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

NHKブックス ランキング

NHKブックスのランキングをご紹介します一覧を見る