サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 花天新選組 君よいつの日か会おう

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花天新選組 君よいつの日か会おう
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生 高校生
  • 発行年月:2008.4
  • 出版社: 大日本図書
  • サイズ:20cm/306p
  • 利用対象:小学生 中学生 高校生
  • ISBN:978-4-477-01942-0
  • 国内送料無料

紙の本

花天新選組 君よいつの日か会おう

著者 越水 利江子 (著)

現代の少女がタイムスリップし、幕末の新選組隊士に!否応なく戦闘に巻き込まれ、泣いたり、わめいたりしながらも、やがて総司への想いを胸に、鳥羽伏見の戦いに…。壮絶に燃える幕末...

もっと見る

花天新選組 君よいつの日か会おう

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「花天新選組 君よいつの日か会おう」が含まれるセット商品

大日本図書のヤングアダルト 第2期 5巻セット

大日本図書のヤングアダルト 第2期 5巻セット

  • 税込価格:7,66871pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

現代の少女がタイムスリップし、幕末の新選組隊士に!否応なく戦闘に巻き込まれ、泣いたり、わめいたりしながらも、やがて総司への想いを胸に、鳥羽伏見の戦いに…。壮絶に燃える幕末ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

現代の少女がタイムスリップし、幕末の新選組隊士に! 否応なく戦闘に巻き込まれ、泣いたり、わめいたりしながらも、やがて沖田総司への想いを胸に、鳥羽伏見の戦いに…。壮絶に燃える幕末ファンタジー。「月下花伝」の続編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

越水 利江子

略歴
〈越水利江子〉高知生まれ。日本児童文芸家協会理事。日本児童文学者協会会員。「風のラヴソング」で日本児童文学者協会新人賞、芸術選奨新人賞、「あした、出会った少年」で日本児童文芸家協会賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

ちょっと号泣

2008/06/19 00:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ECO - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代の少女が幕末にタイムスリップして新撰組隊士の一員となり…というファンタジー小説でありながら、読んでみると史実にしっかり基づいていて歴史物としての読み応えも充分でした。特に後半は少女漫画的な枠を超え、生と死と生きる意味を問いかける展開に息を奪われるのですが、そこから再び純愛小説に帰結する構成が見事。
主人公が現代の少女なので、少女の体験を通じて幕末を読者もリアルに体験するのですが、同時に遠い歴史の中の存在でしかなかった新撰組の若者たちが何を思って戦っていたのか、初めて理解できたような気がしました。
前編に少女と沖田総司の出会い篇があるそうなので読んでみたいと思ったが、先にこちらを読んでしまったので前編を読んだらまた泣いてしまうかも…。

どうでもいい話ですが、Gacktファンの友達が、表紙の沖田総司のイラストがGacktに似てると言って騒いでました。そう言われてみれば似てるかな(^_^;)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/09/06 15:46

投稿元:ブクログ

「月下花伝」の続編ということで、一応手にとってみた。
どうして主人公が隊士になったのか、最後は向こうの世界に残ることになったのかなど、物語の核心がきちんと描かれていないので、突拍子もない話に感じる。
ただ、前巻よりも新撰組が前巻よりも詳細に書かれているので一応☆3つ。

2008/09/05 21:14

投稿元:ブクログ

現代の少女がタイムスリップし、幕末の新選組隊士に!否応なく戦闘に巻き込まれ、泣いたり、わめいたりしながらも、やがて総司への想いを胸に、鳥羽伏見の戦いに…。壮絶に燃える幕末ファンタジー

「月下花伝」の続きでした。前作は思いっきり現代パラレルだったのが、一転歴史タイムスリップ物になっていました。まぁまぁでしたが、ラストが尻切れトンボ的で「えっ!?」と思ってしまいました。

2010/05/20 19:18

投稿元:ブクログ

http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/blog-entry-54.html

2011/06/21 18:55

投稿元:ブクログ

回送先:稲城市立iプラザ図書館

さて、本書の前著である『月下花伝』の終盤に評者は本書に裏切られた、と記した。それはいったいなぜなのか。

確かに、越水の作品の中で時空の横滑りはたびたび行われているし、主人公に待ち構える運命も―小学生向けの児童文学はおろかYAや一般の小説と比較して―残酷である。でありながらも、どうしても評者の中にはある一点が頭をよぎって仕方が無いのである。

倫理、という問題である。

越水の倫理(≠論理)からすれば、歴史を変更することは許せなかっただろうし、悲劇の英雄として描くことはできなかったことは容易に想像できる(実際、新選組を扱った架空歴史小説まで包摂した自称歴史小説を評者が冷淡な目線で見るのは、まさに前提条件に「悲劇の英雄」とカテゴライズしてしまっていることに由来する)。
 しかしまさにこの部分で作品の大きな躓きが発生しているのである。たとえ、主人公が沖田総司のパーソナリティに惹かれていた部分を描かざるを得ないとしてもなお、主人公が沖田を見る目線の向こう側に主人公同様のまなざしで沖田を見ている越水の姿が終始見え隠れするのである。 そう、本書に裏切られたのは越水が作品を記すときの倫理観が自らの自律に至っていない自己矛盾の部分なのだ。

しかし立ち止まって考えてみれば、この自己矛盾は新選組(新撰組)を表象する作品構造に特有の現象なのか、あるいは携る者のメンタリティなのかなどの問いを含んでいる。そしてその責は誰もが総括しなくてはならないものでもあることを。
一般的な歴史学の問いだけではカバーしきれない入れ子構造の問いに対する倫理観の構築を問いかける作品として、そしてそれに越水が気づいてしまったのだとすれば、それに応答する作品を上程する意味もあるのだと問いかけているのかもしれない(そして評者もまたこの問いに応答する論考を書けといわれているような気がしないでもない)。

2010/02/17 21:35

投稿元:ブクログ

新撰組の小説は沢山あり
厳しくなりますが、
何を訴え、何が言いたかったのか?
私には分からなかった。
現代人が幕末にタイムスリップするありがちな話。

2014/07/31 23:01

投稿元:ブクログ

前編では、ただ沖田総司と
短時間会話するだけだったが、
今回は、主人公の秋飛が
新選組の一員として沖田総司とともに
剣術を駆使し、戦乱を生き抜く。

2011/02/13 22:12

投稿元:ブクログ

「月下花伝―時の橋を駆けて」のつづきながら、こちらは一応時代ものの範疇に入る……かな?

現代の女の子の魂が抜けて、幕末へ。死にかけた隊士の体に入り、新選組のなかで生きる、という話。
その設定以外は割と史実に忠実にストーリーが進行。
後半はかけあし。

帯にあるとおり、たしかにこれは純愛小説だな。
肉体的には男性の主人公が、沖田を一心に思い、彼を守ろうとする点で。
平隊士にとって、幹部である沖田総司は雲の上の人物だったという描き方は、ラノベにしてはリアルでいいなと。
ラスト、主人公がこの時代で生きていこうと決意するのもいい。都合良く元の世界に戻るような結末にならなくてよかった。

近藤さんが良い人で、土方さんが美しくてかっこいい。そして試衛館メンツはみんななかよし。
文中で、作者自身、佐幕派に肩入れしているような印象を受ける。

2010/05/30 19:52

投稿元:ブクログ

「月下花伝」の続き。図書館。史実とタイムスリップが絡んでます。でも秋飛が箱館まで行ったのか気になる。それでもってラストに出てき通訳は秋飛?何だかもやもやした感じが拭えません

2010/05/12 16:15

投稿元:ブクログ

2017/1/28再読。
2010/4/9読了。
ファンタジー?歴史小説?
表紙から受ける少女漫画のような印象とはだいぶ違う。
史実もしっかり盛り込まれていてなかなかの読み応え。
土方と沖田の別れのシーンは涙、涙!
とにかくこの物語の中の新選組、大好きだ~。

2010/05/27 22:51

投稿元:ブクログ

ふつーにおもしろかった。が、ちょっと物足りない感じ。多分主人公があまり活躍しないからではないかと・・・・。まあ現代での剣の技と本当に殺しあう時代の剣とでは違うから当然といえば当然か。いつ現代に戻るのだろうと思っていたので、ちょっとびっくり。でもラストシーンは印象的だった。あの写真とここでリンクするとはね〜。どうやら沖田さんとの邂逅話が前にあったよう。そっちも読んでみたいかな。

2013/03/20 13:21

投稿元:ブクログ

前編よりは面白かった…かなあ。
新撰組も前編よりは沢山出てくるし。

けれど、所々気になる箇所も。
さらさらっと読めるんだけど、たまに文章がなんとなくおかしくて引っ掛かったり…
そして、それより、秋飛の現代の体はどうしているのか?秋飛はそのあとどうなったのか?など、疑問が残る。

一番の収穫は表紙(の土方)かもしれない。

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む