サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 人間はどこまで耐えられるのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人間はどこまで耐えられるのか(河出文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/382p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-46303-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫)

著者 F.アッシュクロフト (著),矢羽野 薫 (訳)

人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫)

1,026(税込)

人間はどこまで耐えられるのか

1,026 (税込)

人間はどこまで耐えられるのか

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

2007年8月16日...

ジュンク堂

2007年8月16日に、熊谷市および多治見市で観測史上
日本最高気温の40.9度を記録しました。

さて、人間は外気温何度まで耐えられるのでしょうか。
答えは50度だそうです。

この本の中ではタイトル通り
「人間はどこまで(外的条件に)耐えられるのか?」について
体を張って科学者たちが体を張って実験しています。どれもすごい。
そして、その答えよりも、周辺の知識が面白い!

暑さの章では、発汗や熱中症について、水と体についてなどが語られながら、
圧巻はアフリカ人の手足の長さ、あとはツール・ド・フランスと暑さの関係。
成る程、と唸りながらも、暑さ対策の知恵なども身に付いたり、
無理はできないなと思ったり。

その他、どのくらい高く登れるのか/どのくらい深く潜れるのか/
どのくらい寒さに耐えられるのか/どのくらい速く走れるのか/
宇宙では生きていけるのか/生命はどこまで耐えられるのか
などなど、興味深い話ばかりです。

ちなみにこの本を読んだ後はやはりこちらでしょう…
『クマムシ!?』
120年間水なしでも生き続ける虫のお話です。

【折々のHON 2010年8月16日の1冊】

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

肉体の限界

2012/05/17 15:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽかぽか - この投稿者のレビュー一覧を見る

地上2万メートルに達すると人間の血が体温で沸騰するだとか、深海で気圧の変化に耐えられないとシャンパンみたいに血から泡が出るとか、ビックリするような話がわかりやすく、かつ科学的に説明されているのが読んでいてとても面白かった。ちなみに、深海については日本の海女さんについても簡単に紹介されていて、これまた面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

買いの一冊

2016/01/15 22:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

刺激的なタイトルである。だが、内容は真面目であり、貴重な情報がたくさん載っている。ぎっしり文章が詰まっており、絵もあって、内容もおもしろい。この本が千円ちょっとで買うことができるのだから、これは買いの一冊である。人間はどこまで高く登れるのか、どこまで深く潜れるのか、どのくらいの暑さまでなら耐えられるのか、どのくらいの寒さまでなら耐えられるのか、実際に自分で実験したことがある人がいる。すごい勇気に拍手をおくりたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一流科学者による、多分野にわたる科学的知見を駆使した一級の科学読み物である。

2016/11/15 23:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一流科学者による、多分野にわたる科学的知見を駆使した一級の科学読み物である。恥ずかしいことに題名から、テレビなどでよくやる熱い風呂に何分とか、大食い・早食いとかといった類いの本と勘違いして買ってしまった。読み始めて直ぐに大きな間違いに気づくことになる。ただ難点は、かなりの専門知識が無いと理解が追い付かない部分が結構あることである。引用文献をも辿りながら、大学の講義などに用いて、じっくりと時間をかけて読むべき本である。特に、4章以降は生命活動の詳細な記述に踏み込んだ箇所が出てくるため、本当なら時間をかけてじっくりと読み込んで理解を深めたいところである。
著者であるフランセス・アッシュクロフトは、1952年イギリス生まれで、現在はオックスフォード大学生理学部教授であり、インシュリンの分泌に関する研究の第一人者だという。1999年よりロイヤル・ソサエティーのフェローに選ばれている。

第1章;どのくらい高く登れるのか=高山病、第2章;どのくらい深く潜れるのか=潜水病、第3章;どのくらいの暑さに耐えられるのか=熱中症、第4章;どのくらいの寒さに耐えられるのか=体感温度・凍傷、第5章;どのくらい早く走れるのか=筋肉の機能、第6章;宇宙では生きていけるのか=無重力や真空、第7章;生命はどこまで耐えられるのか=生命自体について。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/06/14 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/30 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/11 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/25 09:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/25 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/08 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/17 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/25 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/12 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/15 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/17 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

河出文庫 ランキング

河出文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む