サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 中世ヨーロッパの農村の生活

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

中世ヨーロッパの農村の生活(講談社学術文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2008.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/308p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-159874-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)

著者 ジョゼフ・ギース (著),フランシス・ギース (著),青島 淑子 (訳)

中世ヨーロッパの農村の生活 (講談社学術文庫)

1,134(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/02/11 17:55

投稿元:ブクログ

生活の様子が詳細に書かれていて想像力を掻き立てられる。当時の記録を羅列してる箇所が多い点だけちょっと気になる。

2010/04/14 13:39

投稿元:ブクログ

中世ヨーロッパ史三部作(農村・都市・城)って感じで、
本屋さんで手に入り易くて良い本です。
12,3世紀ぐらいのイギリス農村の生活が良く分かります。
(何をするにも徴税なんだなぁ、みたいな)
ホントは中世フランスの農村の生活が読みたかったんですけど、
でも、中世ヨーロッパならどこもこんな感じなのかも(大雑把orz
小説で修道士カドフェルシリーズってありますが、
あの世界なんだなぁとしみじみ。

2010/3/26読了

2011/05/02 17:58

投稿元:ブクログ

内容はタイトルどおり。エルトンというイギリスの農村が例に挙げられ当時の様子が語られる。もっと学術的なものを期待していたのだが『デカメロン』の物語性をやや薄くした程度という印象。名前と数量の羅列、同事項の繰り返しが続くのにはやや退屈させられる。
厚めの本ではあるが内容はそれほど濃いものではなかった。

中世を象徴するともいえる荘園制度。封建制度と呼ばれる当時の政治・軍事体制にぴったりかなったものだった。
荘園が生活にどの程度の意味を持っていたかは、その人が自由民か、農奴かによってことなる。
こうしてできていった村は13世紀になると教区と一致し、世俗の共同体であると同時に、信仰上の共同体ともなっていった。

中世に起源がある人名や地名を現代に見れるのはとても興味深い。苗字は13世紀の終わる頃登場したという。
例えばDarlingtonさんでは「ing」は臣下や親類であることをあらわし「ton」は囲い地をあらわした。こうして遥か昔にある自分のルーツにたどり着けるのだ。

絞首刑は被害者本人が執行しなくてはいけない。
など、昔らしい習慣も多々あるが、著者も強調しているように、当時の人々は現代の私たちと変わらない人間だったということがよく読める。

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む